カーディガン メンズ 特集!おすすめモデル20選

Share

春秋にはアウターとして、真冬にはコートやダウンジャケットのインナーとして重宝するカーディガン。デザインはもとより、ハイゲージからローゲージ、コットンからウールやカシミアまで選択肢は幅広い。今回はカーディガンにフォーカスして、注目のアイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

カーディガン メンズおすすめ①「JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー) WHITCHURCH」

シンプルで飽きのこないデザインが魅力的なハイゲージニットウェアのオリジンブランド「ジョンスメドレー」。007のジェームズボンド役を務めるダニエルクレイグも公私にわたって愛用するニットウェアの老舗だ。定番カーディガンである「WHITCHURCH」は世界的にも評価の高い最高級綿であるシーアイランドコットンを使用。通常のニットよりもキメが細かく、シルクのような気品漂う光沢と滑らかさを兼ね備えている。

詳細・購入はこちら

カーディガン メンズおすすめ②「Drumohr(ドルモア) ハイゲージニットカーディガン」

1773年、スコットランドのダムフリースでスタートした世界最古のニットブランド「ドルモア」。現在は生産拠点をイタリアへと移し、長い伝統に裏打ちされたクオリティとトレンドを盛り込んだデザインの製品を展開している。また、シームレスニットを発明したブランドとしても有名で、ニット本来の手触りと軽さを引き立て、ドレープ性を高めたニット作りが特徴だ。ピックアップしたカーディガンは、リネンとポリエステルを混紡した同ブランド定番の1着で、さらりとした清涼感ある着心地が魅力。

詳細・購入はこちら

カーディガン メンズおすすめ③「CRUCIANI(クルチアーニ) ウールソリッドニットカーディガン」

1966年にペルージャで創業されたMaglital社が展開する、モダンで洗練されたニットコレクション「クルチアーニ」。動物から採取した原毛を糸に変える紡績から縫製に至るまでを全て一つの工場で行っており、ニットの最高峰と評されるほどのクオリティを実現している。そんな同ブランドの定番カーディガンとして長年高い人気をキープしているのが、27ゲージで編んだベーシックコレクション。リブのみ9ゲージに切り替えたミックスゲージのデザインによって着こなしにニュアンスをプラスできる。

詳細・購入はこちら

2/7GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ