ハイゲージニット メンズ 特集

ハイゲージニットとは、12ゲージ以上の細やかさで編みこまれたニットのことで、ローゲージニットより上品なイメージが特徴だ。生地の質感やシルエットはすっきりしているものの、ウールやカシミア素材のものは防寒にも優れているので、秋にニット一枚で羽織る着こなしだけでなく冬のインナーとしても活躍が期待できるアイテムだ。今回は「ハイゲージニット」にフォーカスして、注目のアイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー) メリノウールニット

1784年、イギリス・ダービー州のリーブリッジ村でジョン・スメドレーとフローレンス・ナイチンゲール女史の叔父にあたるピーター・ナイチンゲールとの両氏によって創業された、ハイゲージニットウェアのオリジンブランド「JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)」。天然素材を用いてきめ細かく編みあげられたニットを展開している。厳選されたメリノウールを素材に30ゲージの細やかさで編み込んだハイゲージニットは、他と一線を画す柔らかさと滑らかな肌触りが特徴だ。

詳細・購入はこちら

Drumohr(ドルモア) ウール100% クルーネックニット

1773年、スコットランドのダムフリースでスタートした世界最古のニットブランド「Drumohr(ドルモア)」。現在は生産拠点をイタリアへ移し、長い伝統に裏打ちされたクオリティとトレンドを盛り込んだシルエット・デザインを持つ製品を展開している。また、シームレスニットを発明したブランドとしても有名で、ニット本来の手触りと軽さを引き立て、ドレープ性を高めたニット作りが特徴だ。ウール100%のニットはトレンドに流されず、秋冬の定番として着用できる。

詳細・購入はこちら

CRUCIANI(クルチアーニ) クラシックセーター

1966年にペルージャで創業されたMaglital社が展開する、モダンで洗練されたニットコレクション「Cruciani(クルチアーニ)」。動物から採取した原毛を糸に変える紡績から縫製に至るまでを全て一つの工場で行っており、ニットの最高峰と評されるほどのクオリティを実現している。シルエットはタイト&フィットが基本で、肩からアームホールが小さめにデザインされているため体のラインに沿うようなフィット感が魅力だ。そのため、インナーに着込んでも違和感のない着心地を楽しめる。

詳細・購入はこちら

GranSasso(グランサッソ) ハイゲージ クルーネックニット

1952年にイタリア中部の村でスタートしたニットブランド「GranSasso(グランサッソ)」。ブランドを認識させるためのアイコン的なマークやロゴをあえて使わず、ブランドのモットーである“品質が商品を語る”という思いを全てのコレクションに込めている。GranSassoの特徴であるアーム部分のフィット感や、脇下から身頃にかけてのゆとり感は日本人の体系にマッチしたシルエット。ニット本来の柔らかさ、伸縮性が体全体を包み、糸一本一本がミックスされているため見栄えも鮮やかだ。

詳細・購入はこちら

BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ クチネリ) カシミアニット

1978年に創業したイタリアのニットブランド「BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ クチネリ)」。”スポーツシックラグジュアリー”をコンセプトに掲げており、メイドインイタリーにこだわった品質は世界中で高く評価されている。カシミアニットはスリーブがラグラン仕様になっており、コンセプトである”スポーツシックラグジュアリー”が表現されている。

詳細・購入はこちら

SCAGLIONE(スカリオーネ) コットンニット

1960年にミラノ郊外のベルガモで設立後、2代目ジョバンニ・スカリオーネによって1980年にニット専業ブランドとして新たにスタートした「SCAGLIONE(スカリオーネ)」。メリノウールを始め、アルパカ、シルク、リネン、コットンなどのバラエティに富んだ高級糸を扱っている。高級感を日常で楽しめるという点に重きを置いており、スタイルはベーシックで耐久性が高い製品を生み出している。

詳細・購入はこちら

corsini(コルシーニ) 30G スーパーファインテンジク

1970年代にシルバーノ・コルシーニ氏によって創立された、イタリア・シエナ発のラグジュアリーニットブランド「corsini(コルシーニ)」。2000年には、日本のニット専業メーカーであるジムがブランドを譲り受け、同社のオリジナルブランドとして生まれ変わった。イタリアの洗練された感性と日本の匠の技術を組み合わせ、上質かつハイセンスなアイテムを展開しており、ニットブランドならではの豊富なカジュアルスタイルを提案している。30Gスーパーファインテンジクは、「天竺を編ませたら右に出る者はいない」とまで言われているcorsiniのラグジュアリーニット。Vネックがシャープな印象を与えるデザインだ。

詳細・購入はこちら

BAFY(バフィー) ハイゲージクルーニット

1981年、イタリアのマルケ州に位置するアンコナにて創業したファクトリーブランド「BAFY(バフィー)」。2003年よりブランドとしての活動を開始した。創業以来、最新の電子編み機を用いて微細な糸を生産に反映させている。洗練されたスタイルと、カジュアルでありながらもエレガントなデザインが特徴だ。市場の傾向に敏感に反応し、コレクションに活かしている。ニットファクトリーのオリジナルブランドだけあり、編み込み技術の高さは折り紙付きで、何度着込んでも型崩れせずに長持ちするのが最大の魅力だ。

詳細・購入はこちら

ANDREA FENZI(アンドレア フェンツィ) クルーネック ウールニット

1962年にイタリアのBresciaで創業し、その卓越した素材品質と技術により、国内有数のイタリア産高級ニットウェアメーカーとして名を馳せ発展をしてきたDoratex社が展開するニットブランド「ANDREA FENZI(アンドレア フェンツィ)」。メリノウールを使用したクルーネックニットは、ベーシックなデザインながらもその形状の細部までこだわりぬいており、美しさと機能性を兼ね備えている。

詳細・購入はこちら

ROBERTO COLLINA(ロベルト コリーナ) クルーネックニット

1981年にイタリアのボローニャ郊外にて創業し、今やイタリアを代表するファクトリーブランドとして人気を集める「ROBERTO COLLINA(ロベルト コリーナ)」。ハイゲージニットからローゲージニットまで高品質のニットを生産するファクトリーとして有名で、ラグジュアリーブランドのニットもOEMで手掛けている。その経験から培ったトレンドをうまく取り入れたデザインは、幅広い層から注目を集めているという。温かい印象のキャメルニットは、色はもちろん高品質な生地も肌に馴染むのが魅力だ。

詳細・購入はこちら

ZANONE(ザノーネ) Vネックセーター

1987年アルベルトザノーネにより創業したニットブランド「ZANONE(ザノーネ)」。コアな専門家や業界人からの評価が高く、2003年にはSLOWEARグループの一員となり、より洗練されたコレクションを展開している。Vネックに加えてスリムなシルエットのデザインを採用しているので、シャープな印象のセーターに仕上がっている。

詳細・購入はこちら

N.PEAL(エヌ ピール) The Oxford カシミアセーター

1936年に、ロンドンのバーリントン・アーケードにショップをオープンして以来、世界のセレブから愛される老舗カシミアニットブランド「N.PEAL(エヌ ピール)」。ダニエルクレイグ演じるジェームズボンドが、007スペクターでミスターホワイトと面会する際にディオールオムのネイビーブルゾンとあわせて着用されたことでも有名だ。上質なカシミアを使用したN.PEALのセーターは、素材が醸し出す高級感はさることながら肌触りの良さが最大の特徴だ。

詳細・購入はこちら

BALLANTYNE(バランタイン) クルーネック カシミアセーター

1921年に創立したスコットランドのニットウェアブランド「BALLANTYNE(バランタイン)」。カシミア製品に注力しており、上品なスタイルで見えない部分、ディテールへの繊細なステッチなどにこだわりを持つブランドだ。カシミヤ原毛は特級から4級までの5段階に分けられ、バランタインで使用されるカシミアは特級のものであり、最高のランクである言われている。

詳細・購入はこちら

COVERT(コベルト) ハイゲージコットン×ハニカムニット

2013年に3人のデザイナーによって設立されたイタリア発ブランド「COVERT(コベルト)」。デザイナー達の名はあえて明かさず「良い製品を生み出す」というシンプルなコンセプトで、商品そのものの良さを広げたいという想いから、隠れるを意味する”COVERT”という名前でブランドを立ち上げている。縫製など全ての工程をイタリアのファクトリーで行い、ファブリックはオリジナルに徹底したイタリア製へのこだわり。ハイゲージハニカムニットは前身頃がハイゲージ、後身頃はハニカム調に仕上げられている。裏表をひっくり返したような縫製が特徴で、縫い合わせにホワイトステッチを採用するなど随所に個性的なデザインが盛り込まれている。

詳細・購入はこちら

AMI ALEXANDRE MATTIUSSI(アミ アレクサンドル マテュッシ) ロゴ刺繍セーター

「AMI ALEXANDRE MATTIUSSI(アミ アレクサンドル マテュッシ)」は、「Dior(ディオール)」、「Givenchy(ジバンシィ)」、「Marc Jacobs(マーク ジェイコブス)」などのメンズウェア部門でキャリアを積んだデザイナーAlexandre Mattiussi(アレクサンドル マテュッシ)によって2011年に設立されたブランドだ。ネイビーの生地にコントラストをきかせたレッドのワンポイントロゴが目を引くデザイン。ウエストラインがタイトに絞られているのですっきりと着こなせるシルエットになっている。

詳細・購入はこちら

DIESEL(ディーゼル) クルーネックセーター

1978年に設立されたイタリアのプレミアムカジュアルブランド。「DIESEL(ディーゼル)」というブランド名は、世界中で同じように発音されて覚えやすく、当時新たなエネルギーとして注目されていたディーゼル燃料のように世間を活気づけたいという思いからつけられた。肩首周りの編み方に変化をつけて、ボーダーの織り柄のようなデザインが施されたクルーネックセーター。コットン生地にナイロンとポリウレタンを配合することで、伸縮性や独特の質感を実現している

詳細・購入はこちら

MASSIMO ALBA(マッシモ アルバ) カシミア クルーネックセーター

2006年に、自身の名を冠にして生まれたブランド「MASSIMO ALBA(マッシモ アルバ)」。ミラノの工房で熟練の職人によって製作され、ニットウェアの仕上げは手作業。リラックス感のある最上級スタイルを提案している。シンプルなデザインながらもどこか高級感を漂わせるクルーネックセーターは、一枚で上品な雰囲気を作り出すことが可能だ。

詳細・購入はこちら

BALDWIN(ボールドウィン) Emmet ウールセーター

2009年にデザイナーのMatt Baldwinが立ち上げた「BALDWIN(ボールドウィン)」。2013年にはGQ Best New Designers in Americaを受賞、2015年にはCFDA Vogue Fund Finalistに選出されるなど、数年で高い評価を獲得した新進気鋭のブランドだ。Emmetは、立体的な肩の縫い合わせや、前後中央の縫い跡によるラインが個性的なデザインのウール100%セーター。袖口や裾に絞りがないため、ルーズなシルエットが楽しめる。

詳細・購入はこちら

Maison Marugiela(メゾン マルジェラ) クルーネック エルボーパッチセーター

1988年にパリにて設立された「Maison Martin Margiela(メゾン マルタン マルジェラ)」が、2015年1月に改名した「Maison Margiela(メゾン マルジェラ)」。カレンダータグと白い仮縫いの縫い目が特徴で、グランジファッションの先駆け的存在と評されるブランドだ。肘部分にはマルジェラの代表的なデザインとして知られているスエードのエルボーパッチが当てられており、個性的で贅沢なセーターに仕上がっている。

詳細・購入はこちら

SUN68(サン シックスティエイト) クルーネックセーター

イタリアのベニスで創業された「SUN 68(サン シックスティエイト)」。アイコニックデザインである「△×」は、希望を示す△(デルタ)と、未来を示す×(イクス)の二つが連なることで「自分が示す未来への自分の決意、行動」を表している。また、ブランド名は、希望と成長を意味する「SUN」とイタリアで起こった文化革命運動の1968年を重ねたもの。デザインのテイストは「イタリアから見た米国」で、米国らしいカジュアルさとイタリアのセンスが融合している。胸ポケットがあしらわれたクルーネックセーターは、ブランドロゴの刺繍とともにポップなデザインがアクセントとして目を引く。

詳細・購入はこちら

DRESSTERIOR(ドレステリア) コットンウール クルーネックニット

1998年にデザイナー森万恭のプロデュースでスタート。クラシックかつ上質なワードロープの生産をコンセプトにしたセレクトショップ、およびそのオリジナルブランドである「DRESSTERIOR(ドレステリア)」。コットンに上質なウールをブレンドして12ゲージの天竺編みで仕上げたクルーネックニットは、シーズンを問わずに着用できる。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post