パラブーツの革靴といえばコレ!5大名作モデルを紹介

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

パラブーツの革靴③「あのジョンロブと同じモデル名を採用したダブルモンクシューズ“ウィリアム(WILLIAM)”」

武骨なステッチが施されたダブルモンクストラップが特徴的な“ウィリアム(WILLIAM)”。あのジョン・ロブのダブルモンクストラップシューズと同じモデル名なのは、パラブーツがジョン・ロブのOEM生産を請け負っていたことに関係しているという。オンオフ使える点も魅力のダブルモンクストラップシューズだが、パラブーツが仕上げたソレはカジュアル寄り。スーツスタイルのさりげないハズしとして取り入れたり、デニムに合わせてダブルモンクを履きこなしたい方にピッタリな仕上がりだ。

詳細・購入はこちら

【関連記事】洒落者ご用達の一足「パラブーツ“ウィリアム(WILLIAM)”」の魅力とは

パラブーツのウィリアム(WILLIAM)は、数あるダブルモンクストラップシューズ...

パラブーツの革靴④「こなれローファー“ランス(REIMS)”」

イタリアの顧客の強い要望から誕生したと言われているコインローファー“ランス(REIMS)”。1995年に一度生産を終了するものの、ラウンドトゥシューズの人気の高まりと多くのファンによるリクエストによって2009年に復活を遂げた。特徴は何と言ってもボリューミーなソール。他のローファーには無い武骨なスタイルで、足元にほどよいアクセントをプラスしてくれる。他にも、山岳民族の靴であるチロリアンシューズやチロルダンスシューズの要素がデザインや製法などのいたる箇所で取り入れられているのもポイントだ。

詳細・購入はこちら

【関連記事】パラブーツのこなれローファー「ランス(REIMS)」が秘める8つの魅力とは

パラブーツの「ランス(REIMS)」は、他のコインローファーにはないさまざまな魅...

パラブーツの革靴⑤「大人サンダルの代名詞的な存在“パシフィック(PACIFIC)”」

上品に履ける大人のサンダルとして、注目を集めている“グルカサンダル”。パラブーツの手掛ける“パシフィック(PACIFIC)”は、このブランドらしい美しさと機能性に富んだ仕上がりで年々注目度を高めている。レザーテープを編み込むことで甲部分はオープンにしながら、トゥとヒールカップはクローズ構造になっているのが特徴。サンダル特有の通気性を確保しながら、つま先の保護やカカトのホールド感を高めている。

詳細・購入はこちら

【関連記事】パラブーツ「パシフィック(PACIFIC)」が大人のサンダルとして支持される5つの理由

Tシャツやショーツなど、カジュアルに寄りがちな夏のコーディネートにおいて、足元に...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する