襟付きカーディガン 特集!この時期あると便利なオススメモデル5傑

Share

カジュアルアイテムでありながら上品さを備えた“襟付きカーディガン”。羽織るだけでなく首回りに巻いたりなどシーンによって使い分けできるのもカーディガンならではの魅力だ。また、テレワーク推進によって在宅勤務が増えた今「スーツを家で着るのは億劫だけど、ラフ過ぎる格好では仕事に身が入らない…」という方にもオススメ。今回はそんな「襟付きカーディガン」をテーマに、おすすめアイテムを厳選ピック!

スポンサーリンク

カーディガンおすすめ①「Gentleman Projects(ジェントルマンプロジェクト) Wooster Cardigan」

ふんわりと返るショールカラーやメタルボタンなど、まるでブレザーのような感覚でさらりと羽織れる「ウースター カーディガン」が“ジェントルマン プロジェクト”より登場。ニットの定番として知られる“片畔編み”の縦筋の編み目がついた裏面を、あえて表面として採用することで、シャープな印象に仕上げているのがポイント。ラフな格好にはもちろん、シャツ×スラックスといったドレススタイルにも好相性なので、幅広いシーンで活躍すること間違いなしだ。

詳細はこちら

【関連記事】着こなしをイマドキに進化させる特効薬、都会派モダンニット「Wooster(ウースター)」とは?

イマドキで洗練されたデザイン、さらにはいきすぎない定番感を兼ね備えたトップスは男...

カーディガンおすすめ②「John Smedley(ジョンスメドレー) CRESTWOOD」

コンパクトなショールカラーが特徴的な「クレストウッド」は、“ジョンスメドレー”の中でも人気の高いアイテムのひとつ。カシミアをブレンドしたウールニットは滑らかな肌触りで、身体を優しく包んでくれるのが魅力的だ。袖口や裾にはデザイン性の高いリブを採用しているので、着こなしにひと味違ったニュアンスを演出したい場合にも◎

詳細はこちら

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ