砂漠も耐え抜くG-SHOCK「マッドマン」の隙のない堅牢な魅力とは?

Share

まだ東西冷戦の混沌とした社会に新しいカルチャーが生まれ、世界的にもモノが溢れ始めた1980年代。当時の常識を覆す“壊れない腕時計”として誕生したG-SHOCKは、今もなお日々の進化を止めることなく新たなチャレンジを続けている。その過程の中で生まれた、モデル名に「~MAN」を冠した通称“マン・シリーズ”は、プロフェッショナルの「働く男」たちの要求にも応えられる堅牢さをより強める、先進的機能とデザインを備えたG-SHOCKシリーズ。そのひとつが、今回紹介する「マッドマン」だ。その名の通り、泥や土、果ては砂まで敵ではないという厳しい環境耐性をもつ時計の魅力と特徴を、歴代モデルとともにチェック!

スポンサーリンク

マッドマンが属するのは極限環境に挑むG-SHOCK「MASTER OF G」シリーズ

マッドマンは、数あるG-SHOCKの中で「MASTER OF G」というシリーズ群に属する。“陸・海・空”というステージで、極限に向かいあくなき挑戦を続けるプロフェッショナルの使用を想定して開発されたラインナップの数々。過酷な環境下での使用を想定し、G-SHOCKが誇る耐衝撃構造をさらなる特化機能をプラスした、どれもが個性とその特徴、そして究極のタフネスギアの顔を持つシリーズだ。「MASTER OF G」は、それぞれ特徴的なデザインや特殊な機能が、ユーザーのセンスやパーソナリティーを語るアイテムとしても絶大な支持を得ている。そこに1995年登場したのが「マッドマン」だ。

 

G-SHOCKブームの1990年代に初代「マッドマン」が誕生!

現在に至るブランドの人気を確立した1990年代。数々の挑戦的なモデルのリリースが続くなか、初代マッドマン「DW-8400-1」が95年11月に誕生。泥やホコリに強く、すべてウレタン素材で完全に覆われたボタンなど、見た目だけでも過酷な環境を想定したハイレベルな堅牢さが伝わる姿でデビューした。

詳細・購入はこちら

2/8GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ