【急募】編集サポートスタッフ募集中!

ローファーとは?「歴史や起源、4大デザイン別のおすすめモデル27傑」

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示

2ページ以降を表示しています。

目次を表示

ローファーの種類①「コインローファー(ペニーローファー)」

ローファーの元祖でもあるコインローファーは、サドル部分に切れ込みを入れたデザインが特徴。諸説あるが、このサドルの切れ込みにアメリカの学生たちが1セント硬貨(ペニー)を挟んでいたことからコインローファーやペニーローファーという呼び名が定着した。ベーシックな「ハーフサドル」のデザインのほかに、サドルがソール部分にまで伸びた「フルサドル」や、サドルの両端を糸で巻いたようなデザインの「ビーフロール」などの種類が存在する。

おすすめのメンズコインローファー12傑

①ローファーの元祖でありアメトラの定番アイテム「ジーエイチバス(G.H.Bass) LOGAN

1876年にメイン州ウィルトン市にて設立されたG.H. Bassは、すべてのローファーの生みの親として知られる存在。日本へは1970年代からインポートされており、アイビースタイルを象徴するアイテムとして大流行した。WEEJUNS/ウィージャンズの名で展開されるBassのコインローファーは、かのマイケル・ジャクソンも愛用。上質なレザーソールには、現在でもWEEJUNSの文字が刻印されている。オン・オフ問わず幅広いシーンに対応する落ち着いた印象で、チノパンやスラックス、紺ブレといった定番のアイビースタイルはもちろん、デニムなどカジュアルなスタイリングにも合わせやすい。

詳細・購入はこちら

②英国王室御用達ブランドによる質実剛健なコインローファー「クロケット&ジョーンズ(CROCKETT&JONES) GRANTHAM2」

クロケット&ジョーンズは、1879年にチャールズ・ジョーンズ氏とその義理の兄弟ジェームズ・クロケット氏によって、英国靴の聖地ロンドン北西の都市ノーザンプトンで創業された老舗ブランド。靴作りのデザインバリエーションや素材選びについて優れたノウハウを有している。GRANTHAM(グランサム)は、ややショートノーズ気味のラウンドトゥが特徴のコインローファー。U字型の拝みモカが、ミニマルかつ端正な表情を演出する。採用されているラスト「376」は小ぶりなヒールカップが特徴の木型で、ローファーでありがちなかかと抜けを防止。瑞々しい光沢の「BONED CALF(ボーンドカーフ)」を採用したアッパーに、クロケット&ジョーンズがハルボロラバー社と共同で作り上げた「DAINITE CITY SOLE(ダイナイトシティソール)」を備え、美しさと機能性を両立する。

詳細・購入はこちら

③随所にハイレベルな職人技を感じさせる逸品「トリッカーズ(TRICKER’S) HAVARD SINGLE LEATHER」

ジョゼフ・トリッカー氏が1829年に設立した英国ノーサンプトンの革靴ブランド、トリッカーズ。日本でもカントリーブーツやウィングチップで有名なこのブランドは、長い伝統による技術力でハイクオリティな靴を手がける。製造工程ごとに職人が入れ替わるのではなく、一人の職人が最初から最後まで一足を仕上げる「ベンチメイド」もトリッカーズならではだ。英国靴らしい朴訥とした表情のこのモデルは、シンプルながらも上質なカーフレザーによってラグジュアリーな雰囲気を漂わせる。コバの張り出しを抑えたグッドイヤーウェルト製法は、高い技術力を必要とするがローファーらしいスマートな印象に。縫い目を隠したヒドゥンチャネル仕様のレザーソールも流石の職人技。

詳細・購入はこちら

3/10GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

FASHION

ドクターマーチンの名作3ホールシューズ「1461」の履きこなし方を海外の着道楽に学ぶ。メンズコーデ事例とおすすめアイテムを厳選紹介!

FASHION

スーツに合わせる靴はどう選ぶ?王道からハズしまで一挙に紹介

NEWS

三陽山長が雨の日でも快適な履き心地の新生ドレススニーカー「柔」コレクション5型を発売

FASHION

ネイビースーツに合う靴とは?革靴とスニーカーの2カテゴリでポイントとおすすめのアイテムを紹介!

GOODS

クラークスの隠れた名作ローカットシューズ「ナタリー」の魅力

FASHION

グレースーツに合わせる靴の選び方とは?色のチョイスを主に、革靴とスニーカーの2カテゴリでポイントを解説!

GOODS

クロケット&ジョーンズの柔らかなアンライニングローファー「リッチモンド」に宿る6つの魅力

GOODS

セバゴのクラフツマンシップが息づく「DOCKSIDES(ドックサイズ)」の魅力とは?

GOODS

3万円台まで!コスパ最強のおすすめビジネスシューズ7選

GOODS

職人の技が光るUチップ、三陽山長「勘三郎」の魅力とは?

FASHION

ローファーを私服に取り入れるなら?学生から社会人まで全ての男性が参考にしたいメンズコーデ事例を紹介!

GOODS

バーウィックのタッセルローファー「8491」はコスパ最強の一足。その魅力とは?