スーツ 人気ブランド 特集!良コスパから最高峰のテーラーまで価格帯ごとに紹介【30選】

Share

7 ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スーツ 人気ブランド 特集!良コスパから最高峰のテーラーまで価格帯ごとに紹介【30選】

7 ページ以降を表示しています。

目次を表示

本格派スーツブランドでエレガントな気品を身にまとう【21万~40万円代】

Sartorio(サルトリオ)「モダンでラグジュアリーな構築的シルエットがポイント」

キートングループの傘下で生産されているテーラーブランド“サルトリオ”。ヴィンテージ調の生地をベースに、現代的なエッセンスを取り入れることで、モダンでラグジュアリーな雰囲気を演出している。男らしさを引き出すようなクラシックなシルエットは、イタリアブランドの丸みのあるシルエットとは一味違う仕上がり。ディテールではなく全体での美しさを演出するサルトリオならではのこだわりによって人気を集めている。

サルトリオのスーツを探す

Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)「世界に名を轟かすほどの高品位な仕立て」

スーツといえば“ゼニア”と言われるほど、世界に名を轟かせているブランド。1910年、イタリアのトリヴェロに毛織物工場を設立したことがはじまり。“世界で最も美しいファブリックを作る”というコンセプトのもと、現在に至るまで原産国のオーストラリアやニュージーランドから最高級の天然繊維の買い付けを行い、自社工場で生地から既製品まで全て生産し続けている。

エルメネジルド・ゼニアのスーツを探す

Stile Latino(スティレ・ラティーノ)「人々の目を釘付けにする色気たっぷりなスーツ」

2004年にナポリのATTOLINI家の長男ヴィンチェンツォ・アットリーニが立ち上げたブランド。高品質素材を採用し、ナポリの熟練職人の手仕事による縫製で知られている。コンセプトはブランド名である“スティレ・ラティーノ”の通りラテンスタイル。スーツの系統はラテン・ゲルマン・アメリカの3つに分かれるとされるが、同ブランドが目指すのはラテンの系統。高級生地にあえてウォッシュ加工を施すといったチャレンジの姿勢が、世界から注目を集めている。

スティレ・ラティーノのスーツを探す

8/10GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ