ニューバランスの脱定番モデル「998」の5つの魅力とは?

数あるニューバランスのスニーカーの中でも、「998」は定番とは一味違ったモデル。ランニングシューズとしてのクラシックなディティールを受け継ぎながら、分厚いミッドソールでハイテクスニーカーとしての一面も覗かせる。今回はニューバランス「998」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

コアなニューバランスファンから支持される一足「998」

「998」は、ニューバランスから1993年に発売されたスニーカー。「1000点中990点の出来栄え」というセンセーショナルなコピーのもと生まれた990番シリーズの5作目にあたる一足だ。定番モデルの996から、997、998へとアップデートを遂げたモデルで、ランニングシューズの代表作としてクラシックな意匠を受け継ぎながら、分厚いミッドソールを採用。ハイテクスニーカーのエッセンスを加えながら、小さなNロゴを使用するなど、シリーズの中でもちょうど変遷期に当たるモデルだと言える。それだけに大衆的な人気を誇る定番モデルとは異なり、コアなスニーカーファンから支持を集めている。

imgrc0064891884

詳細・購入はこちら

ニューバランス 998の魅力①「本場アメリカ工場によるこだわりのハンドメイド製造」

ニューバランスのスニーカーには、アメリカ製造のものとイギリス製造のもの、そしてアジア製造のものがあるなかで、998は全てアメリカ生産に統一されている。機械によるオートメーションで製造されるアジア産のものと異なり、人の手によって作られるのがアメリカ製の特徴だ。縫製などの作りがしっかりしていることはもちろん、アッパーをはじめとする素材も上質なものを使用。ニューバランスの歴史が詰まったモデルだからこそ、細部までこだわった仕上がりとなっている。

m998-01

詳細・購入はこちら

ニューバランス 998の魅力②「900シリーズの流れを受け継ぐアッパーデザイン」

ニューバランスのスニーカーと言えば、スエードとメッシュをレイヤーしたアッパーデザインが王道。アメリカ製の998は高級感のある上質なスエードを使用しており、廉価版のアジアモデルとは一味違う魅力を放つ。

71Pnx2Dmn4L._UL1200_

詳細・購入はこちら

93年にリリースされた998は、花形シリーズである990のディティールを受け継ぎながら、徐々に洗練されたデザインになっている。サイドのNマークもそれまでのモデルと比べるとコンパクトになっており、スッキリとした印象。

61yhlh9GTnL._UL1200_

詳細・購入はこちら

シュータンはラベルを貼るのではなく、直接モデル名と産地をステッチ。数あるニューバランスシューズの中でも珍しい仕様だ。

nb-m998-d

詳細・購入はこちら

ヒールには定番の「NB」マークを配置している。層のように重なる素材の切り替えがお見事。

617Ww1ArkQL._UL1200_

詳細・購入はこちら

2/3GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ