ニット/セーター ブランド メンズ 特集

ニットは着こなしを強く印象つけるアイテムとして多種多様な場面で重宝するアイテムだ。幅広い着こなしが期待できるアイテムであるだけあり、自分が納得する間違いないアイテムを選びたい。今回は、ジャンルを問わず評判高いニットブランドをピックアップ!

スポンサーリンク

ニットブランド「John Smedley(ジョンスメドレー)」

「希少な30ゲージスーパーハイゲージニット」

産業革命の初期1784年イギリス・ダービー州のリーブリッジ村でジョン・スメドレーとフローレンス・ナイチンゲール女史の叔父にあたるピーター・ナイチンゲールとの両氏によって創業。天然素材を用いたファインゲージと呼ばれるきめ細かく編みあげられたニットが有名なジョンスメドレー。編目は世界でも稀な30ゲージまで編む事が可能であり、他では体感できない柔らかく滑らかな肌触りと軽い着心地を楽しむことが出来るブランドだ。この地は、産業革命の発端ともなった水力紡績機が発明された地としても知られており、豊かな水源は後にナイチンゲールの水治療にも使用されている。▶︎ジョンスメドレーの詳細記事はこちら

JOHN SMEDLEYVネックセーター ASHMOUNT

▶︎John Smedleyのニットを探す

ニットブランド「Drumohr(ドルモア)」

「200年以上の歴史を持つ世界最古のニットブランド」

1773年、スコットランドのダムフリースという街で設立された世界最古のニットブランド「ドルモア」。豊富な量のカルシウムが含まれた水を使って仕上げられたカシミアはとても柔らかい手触りを持っていることから、ドルモアはカシミアニットの紡績を得意としている。シームレスニットの発明をしたブランドとしても有名だ。▶︎ドルモアの詳細記事はこちら

Drumohr(ドルモア) ケーブルタートルネックセーター

▶︎Drumohrのニットを探す

ニットブランド「GRAN SASSO(グランサッソ)

「高級ブランド代理店が仕掛けるニットブランド」

高級ブランドを多く取り扱う代理店のSDIが新たに仕掛けるニットブランドがGRAN SASSO。1952年に創業された伝統あるブランドだ。イタリアでもトップクラスの大きな工場を持ち、年間に数十万枚ほどのニット生産数を誇る。イタリアのセレクトショップでも多くの店がセレクトして展開している。

 (グランサッソ)gransasso 8ゲージ製品染クルーニット

▶︎GRAN SASSOのニットを探す

ニットブランド「Zanone(ザノーネ)」

「イタリア発ニット界のイノベーションブランド」

1987年、イタリア北西部のギズラレンゴニットウェアブランドとしてALBERTO ZANONE(アルベルト・ザノーネ)氏により創業されたブランド。メイド・イン・イタリーでの生産にこだわり、時には糸からの生産も行う徹底ぶりが人気を集めている。「テクノロジー」と「ニットのトラディッション」、特徴は「モダンクオリティ」と「イノベーション」ZANONEの掲げるコンセプトだ。フレックスウール、アイスコットン、カシミアシェードなど、永年の蓄積から生まれた独自の糸を大量に所有している。

 

ザノーネ(Zanone) タートルネックセーター ミドルゲージ

▶︎Zanoneのニットを探す

ニットブランド「Cruciani(クルチアーニ)」

「全行程を自社工場で行う最高峰ニット」

1966年にイタリアで唯一海に面していない地域のペルージャで創業されたMaglital社の傘下で発表されているニットブランド。1993年よりコレクションを発表している。動物から採取した原毛を糸に変える紡績から縫製に至るまで、一つの工場で全て行うため、コストパフォーマンスが非常に高く”ニットの最高峰”と評されることも多い。27ゲージニットによって作られるタイトシルエットのニットはクルチアーニの十八番だ。

Cruciani ウールハイゲージ9Gリブクルーネックニット

▶︎Crucianiのニットを探す

ニットブランド「SCAGLIONE(スカリオーネ)」

「ベーシックニットを主流に展開するメイド・イン・イタリー」

1960年に設立されたブランド。全てイタリア生産にこだわり、細かな品質管理が徹底されている。 コレクションはベーシックなニットの定番モデル。洗練されたパターンと高い技術で大人のニットとして高く評価されている。クラシックなカシミヤのコレクションに加え、アルパカ、シルク、麻、綿と、ナチュラルな素材を中心に展開している。

SCAGLIONE ニット

▶︎SCAGLIONEのニットを探す

ニットブランド「DREW&CO.(ドリューアンドコー)」

「レトロなアメリカンヴィンテージ漂う注目のニットブランド」

古典的で洗練されたスタイルをテーマに2014年よりスタートしている。デザイナーのAndrea Andreoli(アンドレア・アンドレオリ)氏が、LAの大学時代にヴィンテージファッションに傾倒したことから、50年代~70年代のアメリカンヴィンテージがデザインソースになっている。アメリカンヴィンテージなデザインエッセンスとイタリアンフィットの着心地の良さ、そして英国的な生地使いをミックスさせたニットコレクションは、イタリアのピッティ ウォモでもデビューと同時に大きな話題を呼んでいる。ニットへの深いこだわりがあり、ニットの可能性を広げるべく、さまざまな挑戦を行なっている。

DREW&CO. ニット CICLISTA LAVOTATA

▶︎DREW&CO.のニットを探す

ニットブランド「N.Peal(エヌ・ピール)」

「セレブ御用達の老舗英国ブランド」

1936年に、ロンドンのバーリントン・アーケードにショップをオープンして以来、世界のセレブから愛される老舗カシミアニットブランドだ。ダニエルクレイグ氏が、007「スペクター」のオーストリアでミスターホワイト氏と面会する際にディオールオムのネイビーブルゾンとあわせて着用されたことでも有名。2007年、ブランド活性化のためデザインされたアイテムは、クラフツマンシップの高いクオリティと、華やかなカラーリングなどが高評価につながり、人気を博している。

N.PEAL The Oxford カシミアセーター

▶︎N.PEALのニットを探す

ニットブランド「BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ クチネリ)」

「カラーカシミヤで有名なニットブランドが手掛けるジャケット」

1978年、イタリアにて創業したニットを得意とするブランド。コンセプトはスポーツラグジュアリー。カラーカシミヤが有名で、メイド・イン・イタリーにこだわったものづくりの品質の高さが世界中から高く評価されている。ニットウェアが有名だが、ジャケットを始めとする他アイテムも多数展開しており、人気を集めている。

BRUNELLO CUCINELLI カシミアセーター

ニットブランド「Inverallan(インバーアラン)」

「手編みで作られる最高峰ニット」

1975年、スコットランドにて創業されたハンドニットメーカー。マスプロダクト(大量生産)では不可能なアイテムの生産をコンセプトに、アラン諸島の悪条件の海で働く漁師たちが500年前に着用していたハンドメイドセーターの「アランセーター」を中心に生産している。インバーアランがハンドメイドで作り上げたニットクオリティは世界的にも最高峰と言われているほど評価が高い。セーター1枚の生産に対して90時間の手間暇をかけて編まれている。▶︎インバーアランの詳細記事はこちら

INVERALLAN 3A Lumber Cardigan

▶︎Inverallanのニットを探す

ニットブランド「Ballantyne(バランタイン)」

「特級ランクのカシミアを扱うブランド」

1921年に創立したスコットランドのニットウェアブランド。カシミアが有名なブランドであり、2006年に変更した前身の社名もバランタイン・カシミアだった。ブランドカラーはパープル。上品なスタイルで、見えない部分、ディテールへの繊細なステッチなどこだわりを持つブランドだ。現在、工場をスコットランドに置き、その他の管理機能はイタリアに配置している。バランタイン曰く、カシミヤ原毛は特級から4級までの5段階に分けられ、バランタインで使用されるカシミヤは特級のカシミヤであり、カシミアの中でも最高のランクのものだと言われている。

(バランタイン) BALLANTYNE 長袖 Vネック カシミヤセーター

▶︎BALLANTYNEのニットを探す

ニットブランド「Glenmac(グレンマック)」

「CHANEL Groupの一員が手掛けるクラシカルニット」

ニットウェアの聖地ともよばれるスコットランドのホーウィックでGlenmacのニットウェアは製作されている。CHANEL Groupの一員であり、ヨーロッパのデザイナーブランドと多く取引をしている。最高品質のスーパージーロンラムズウールやカシミヤなどを使用し、素材ごとに適したリンキングや手作業による最終処理によって仕上げられるニットウェアは、世界からの評価も高い。シンプルでクラシカルなデザインは、30代に購入して80代まで着用できると言われている。

Glenmac クルーネックセーター "CLASSIC"

▶︎Glenmacのニットを探す

ニットブランド「William Lockie(ウィリアム・ロッキー)」

「カシミヤの有名産地に工場を構える老舗ブランド」

1874年、スコットランドで創業された老舗のニットウェアメーカー。ニットウェアやカシミアの産地として有名なスコットランドのボーダーズ地方ホーイック地区に工場を構えており、上質なカシミアを生産する工場として知られていた。世界からの評判も高く、ピッティ・ウォモの展示会にも出店している。

ニットブランド「Pringle of Scotland(プリングル・オブ・スコットランド)」

「王室御用達のニットブランド」

1815年、ロバート・プリングルがスコットランドにソックス、アンダーウェアなどの製造会社を設立したのが始まり。現在では、イギリスを代表する英国王室御用達の老舗ニットブランドにまで成長している。当時は、セーターにダイヤ状の編模様が入ったものが、Pringle of Scotlandのトレードマークだったが、2001年より経営の立て直しもあり、デザイン性の高いアイテムが多く展開している。

PRINGLE OF SCOTLAND ダメージ ラムカーディガン

▶︎PRINGLE OF SCOTLANDのニットを探す

ニットブランド「Jamieson’s(ジャミーソンズ)」

「120年の伝統から生まれる最も美しいフェアアイルセーター」

ジャミーソンズは、北大西洋に浮かぶシェットランド島で編まれる本物のフェアアイル・ニットウェアブランド。最も美しいフェアアイルセーターと言われ、120年続く伝統草木染リアルシェットランドウールで編まれており、美しい発色とナチュラルで柔らかい風合い、そして軽く暖かい着心地を実現している。

JAMIESON'S(ジャミーソンズ) AOFI Pullover With Polo Neck

▶︎Jamieson’sのニットを探す

ニットブランド「Harley of Scotland(ハーレー・オブ・スコットランド)」

「新しい試みを持ち続けるニットウェアメーカー」

1929年、イギリス・スコットランドにPeter Harley Buchanが設立した老舗ニットウェアメーカー。スコットランド北部の寒冷厳しい自然と、伝統的なハンドニット工業を目にしたことから始まった。柔らかく軽いニットウェアは、世界的に高く評価され続けている。縫い目のないシームフリー技術を早期に導入しており、新しい技術への試みを続けるブランドとしても有名だ。

HARLEY OF SCOTLAND

▶︎Harley of Scotlandのニットを探す

ニットブランド「John Tulloch(ジョンタロック)」

「100年以上の歴史を持つスコットランドの老舗ブランド」

1900年、スコットランドにて創業された老舗ニットブランド。アザミの葉のトゲで引っ掻き表面を毛羽立たせた、通称シャギードッグセーターが人気だ。起毛させる事で保温性を高め、独特の風合いを醸し出す。起毛した表面がやがて毛玉になり、落ちてスカスカの状態になった時がこのアイテムの完成型であると言われている。経年変化も楽しめる点が魅力的だ。

 [ジョンタロック] BC JOHN TULLOCH SHAGGY16

▶︎John Tullochのニットを探す

ニットブランド「Peter Blance(ピーター・ブランス)」

「シェットランド島の家庭で生産されるウールセーターブランド」

スコットランドの北方のシェットランド島で設立されたニットファクトリー「ピーターブランス」。島の住民達が寒い海で働く家族の為に編んでいたシェットランドウールのセーターを、1900年初めに加工販売したのが始まりだ。イギリス本土をはじめヨーロッパで、毛織物が人気を博し、現在も毛織物は島の各家庭で職人が手織り機を使用し生産されている。

PETER BLANCE ピーターブランス/ピーターバランス SHAGGY DOG CREWNECK SHETLAND SWEATER シャギードッグ クルーネック シェットランドセーター

▶︎Peter Blanceのニットを探す

ニットブランド「Alan Paine(アラン・ペイン)」

「ケーブルニットがトレードマーク」

1907年に、アランペインの前身になる「Paines of Godalming」というブランドをウィリアム・ペイン氏がイギリス・ゴーダミング地方に設立したのが始まりのニットブランド。イギリス国内でケーブルニットセーターを中心に展開し、事業を拡大している。1950年代にウィリアム・ペイン氏の息子、アラン・ペイン氏が事業を引き継ぎ、現在の「ALAN PAINE」にブランドネームを変更している。

ALAN PAINE アランペイン BABY CABLE V-NECK SWEATER ベビーコットン V-ネックセーター/ネイビー/

▶︎ALAN PAINEのニットを探す

ニットブランド「Guernsey Woollens(ガンジー・ウーレンズ)」

「ガンジー島から伝統を守るニットブランド」

GUERNSEY WOOLLENS(ガンジーウーレンズ)は、イギリス領ガンジー島で1976年に創業されたブランドだ。創業以来、伝統的で高品質なセーターを生産し続けている。伝統的なパターンやディティールを継承しつつ、現代のフィッティングに合わせた仕様が特徴。

(ガンジーウーレンズ)GUERNSEY WOOLLENS SHORE

▶︎GUERNSEY WOOLLENSのニットを探す

ニットブランド「Malo(マーロ)」

「メイド・イン・イタリーのカシミアニット」

1972年、イタリアのフィレンツェ郊外にて創業されたブランド。イタリア製カシミアのニットが有名で、最高クラスのウールを使用した、高密度ニット技術が特徴だ。英国ブランドのニットと違い、ソフトな肌触りと、鮮やかな色合いが印象的。厚みがあり柔さに定評のあるモンゴル高原の山羊を使用し、一頭のカシミア羊から取れるカシミアのうちでも上質な部分のみを使用する。カシミアに関する技術開発も積極的に行われており、保守性の優れた伸縮に強い、柔らかいニットなども生産されている。

)malo セーター カシミヤ

▶︎Maloのニットを探す

ニットブランド「Roberto Collina(ロベルト・コリーナ)」

「多種多様なニットを手掛けるイタリア産の高品質ニット」

1981年、イタリアのボローニャ郊外にて設立したイタリアを代表するニットブランド。ハイゲージニットからローゲージニットまで幅広く高品質のニットを自社で生産するファクトリーブランドであり、プラダを始めとしたラグジュアリーブランドのニットもOEMで手掛けている。トレンドを巧みに取り入れたデザインは幅広い層から支持を受けている。

ROBERTO COLLINA(ロベルトコリーナ) Crew Neck

▶︎Roberto Collinaのニットを探す

ニットブランド「Massimo Alba(マッシモ・アルバ)」

「ミラノが発信するリラックススタイル」

2006年に、自身の名を冠にして生まれたブランド「マッシモ アルバ」。ミラノの工房で熟練の職人によって製作され、リラックス感のある最上級スタイルを提案している。ニットウェアの仕上げは手作業で行う。コスモポリタンな生き方と、これみよがしではないラグジュアリ―を求める人々をターゲットに、活動を続ける「マッシモ アルバ」は、各国のバイヤーから注目を浴びている存在だ。

MASSIMO ALBA ラウンドネック セーター

▶︎Massimo Albaのニットを探す

ニットブランド「JIL SANDER(ジル・サンダー)」

「ラグジュアリーシンプル」

1968年ジル・サンダー氏がドイツ、ハンブルグにブティックを開設したのが始まり。高品質な素材とカッティング、卓越した縫製技術や厳密なディティールで作られたシンプルながら贅沢さと機能性を両立したデザインが特徴だ。「Design Without Decoration」をコンセプトに、引き算によって描かれたデザインと、素材やシルエットの美しさによって、外面だけでない、本人の内面の豊かさをも引き出すことが目的とした服作りを行う。現在、創業者は会社を離れ、デザインチームがデザインを手がけている。

JIL SANDER リブ編みセーター

▶︎JIL SANDER のニットを探す

 ニットブランド「FilMelange(フィルメランジェ)」

「素材に徹底してこだわったジャパンブランド」

2007年にスタートした日本のカットソーブランド。「わた」から「糸」「生地」「縫製」に至るまで自社開発を行っており、『最高峰のカットソー』を作り続けることがブランドコンセプト。「フィルメランジェ」は、「混色の糸」という意味であり、昔ながらのTシャツやスウェットシャツの杢柄のグレー色のように、美しく混ざり合った色を指す。素材にはオーガニックコットンなどの、オーガニック素材を使用。ヴィンテージの「吊り編み機」で生地を生産するなど、徹底したこだわりを見せている。

(WILLIS) FilMelange (フィルメランジェ) WILLIS(ウィリス/クルーネックジップカーディガン)

▶︎FilMelangeのニットを探す

ニットブランド「Maison Margiela(メゾン マルジェラ)」

「グランジファッションの先駆けスタイル」
1988年、パリにて「メゾン マルタン マルジェラ」を設立。2015年1月にメゾン マルジェラに改名している。カレンダータグと白い縫い目がマルジェラの特徴だ。ニットの肘の部分にレザーでパッチを当てたデザインは、マルジェラの代表的アイテムと言われている。古着の活用や新しい服の古着風加工など、独自の視点からの服作りを行い、グランジファッションの先駆け的なスタイルと評されることも多い。
MAISON MARGIELA エルボーパッチ セーター
FOLLOW US