ニット/セーター ブランド メンズ 特集

Share

ニットは着こなしを強く印象つけるアイテムとして多種多様な場面で重宝するアイテムだ。幅広い着こなしが期待できるアイテムであるだけあり、自分が納得する間違いないアイテムを選びたい。今回は、ジャンルを問わず評判高いニットブランドをピックアップ!

スポンサーリンク

ニットブランド「John Smedley(ジョンスメドレー)」

「希少な30ゲージスーパーハイゲージニット」

産業革命の初期1784年イギリス・ダービー州のリーブリッジ村でジョン・スメドレーとフローレンス・ナイチンゲール女史の叔父にあたるピーター・ナイチンゲールとの両氏によって創業。天然素材を用いたファインゲージと呼ばれるきめ細かく編みあげられたニットが有名なジョンスメドレー。編目は世界でも稀な30ゲージまで編む事が可能であり、他では体感できない柔らかく滑らかな肌触りと軽い着心地を楽しむことが出来るブランドだ。この地は、産業革命の発端ともなった水力紡績機が発明された地としても知られており、豊かな水源は後にナイチンゲールの水治療にも使用されている。▶︎ジョンスメドレーの詳細記事はこちら

▶︎John Smedleyのニットを探す

ニットブランド「Drumohr(ドルモア)」

「200年以上の歴史を持つ世界最古のニットブランド」

1773年、スコットランドのダムフリースという街で設立された世界最古のニットブランド「ドルモア」。豊富な量のカルシウムが含まれた水を使って仕上げられたカシミアはとても柔らかい手触りを持っていることから、ドルモアはカシミアニットの紡績を得意としている。シームレスニットの発明をしたブランドとしても有名だ。▶︎ドルモアの詳細記事はこちら

▶︎Drumohrのニットを探す

ニットブランド「GRAN SASSO(グランサッソ)

「高級ブランド代理店が仕掛けるニットブランド」

高級ブランドを多く取り扱う代理店のSDIが新たに仕掛けるニットブランドがGRAN SASSO。1952年に創業された伝統あるブランドだ。イタリアでもトップクラスの大きな工場を持ち、年間に数十万枚ほどのニット生産数を誇る。イタリアのセレクトショップでも多くの店がセレクトして展開している。

▶︎GRAN SASSOのニットを探す

2/9GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ