【急募】アルバイトスタッフ募集中!

3万円台まで!黒のメンズ腕時計のコスパ&デザインgoodな名品はコレだ

Share

シンプルでラフな着こなしが多くなる夏場、アクセサリーとしての役割も果たしてくれる好デザインの黒ウォッチがあれば心強いことこの上ない。今回は“デザインとコスパの両立”を条件に、3万円台以下の黒腕時計を最旬コーデと共に紹介!

「黒時計」が、カジュアルウォッチの定番として愛される3つの理由

カジュアルウォッチにおいて、ブランドやシリーズ、モデルを問わず必ず展開があると言っても過言ではない黒ウォッチ。そんな“時計の大定番”とも言えるカラーの魅力とは?

黒時計の魅力①「これ見よがし感ゼロ!」

カジュアルシーンならカラフルな色モノや、ゴールドをふんだんに取り入れた強インパクトの時計を選ぶのも良いが、ともすれば“これ見よがしな印象” を与えてしまうことも。時計というジャンルに限らず、様々なカテゴリにおいて定番とされる色を選ぶことで回避できる事柄は多い。スニーカーやTシャツといえば「白」、ジーンズなら「ブルー」といった関係性と同様で、カジュアルウォッチといえば「黒」というのは世に広く浸透している。無難な印象であるため、さりげなくデザイン性に富んだモデルを選んでもTOO MUCHな印象を回避しやすいのが魅力だ。

黒時計の魅力②「多様なカジュアルコーデに馴染む!」

Tシャツ1枚のシンプルなスタイリングはもちろん、柄モノの開襟シャツにハットやサングラスを合わせた華やかなスタイリングまで、あらゆるスタイルに対応できるのが黒時計の魅力だ。黒は数ある色の中でもっともダークなトーンであるため、着こなしを引き締める効果が期待できるのも隠れた利点だ。

黒時計の魅力③「汚れが目立たない、メンテナンスが楽!」

白時計やトーンの明るいアイテムと比べて、基本的に“汚れが目立ちにくい”というのも黒時計が選ばれる理由のうちのひとつ。腕時計を身につけていれば、傷や汚れは避けられないが、目立ちにくい黒時計なら気負わずガシガシ使える。ケースはもちろん、ラバーや革のベルトなど、傷や汚れが気になるパーツも黒なら比較的簡単にケアできることも多い。

次の項からは、コストパフォーマンスに優れた黒時計の注目モデルにフォーカス!

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する