オリエント時計の魅力と定番モデルを紹介【国産ウォッチの雄】

日本が世界に誇る国産3大時計ブランドであるセイコー(SEIKO)、シチズン(CITIZEN)、オリエント(ORIENT)。中でもオリエントは、品質の高さにそぐわない価格設定の低さから幅広い層に愛用されている。今回は、ジャパンメイドウォッチの雄、オリエントにフォーカスしてその魅力を紹介!

スポンサーリンク

オリエントとは?

orient-logo

日本を代表する腕時計メーカー、オリエントの創業は1901(明治34)年。創業者の吉田庄五郎氏が東京上野に設立した、外国時計の輸入販売専門の「吉田時計店」が前身である。創業から100年を越える今なお「オリエントスター」や「ロイヤルオリエント」など、海外製品にも引けを取らない腕時計を多数展開。現在はセイコーエプソンの子会社のため、プリンタや電子機器など腕時計以外の製品も手がける。

オリエントを一流ブランドに押し上げた独創的なデザインウォッチ

オリエントが腕時計の製造に乗り出したのは、東洋時計製作所を名乗っていた1934年。しかし、その2年後には戦時体勢により軍需産業への転換を余儀なくされる。終戦後においても労働組合発足による労働争議の長期化により、日野工場の解散、事業の停止などの苦難が続いた。再起を図ったのは1950年、翌年には社名をオリエント時計株式会社に変更し、看板モデルとなる機械式時計「オリエントスター」を発表する。1958年にはライト機能を搭載したモデル「ルミナス」を発表。そして、1976年に誕生した「タッチトロン」は当時の最先端LEDテクノロジーを駆使しており、一大ブームを巻き起こした。世界中を見渡しても当時どのメーカーも考えつかなかったような製品の数々によって、オリエントは時計ブランドとしての地位を確立したのだ。
7672553280_fcacd7fee3_o

flicker

オリエントが誇る機械式時計

1980代頃はクオーツをメインに時計開発していたが、1992年から再び機械式時計の世界に舞い戻ったオリエント。そのルーツを紐解くと、現在のラインナップに並ぶモデルの多くは50年以上も前から進化を繰り返していることがわかる。

ブランドの歴史とともに時を刻む看板モデル「オリエントスター(Orient Star)」(1952〜)

オリエント時計のブランド発足の直後に誕生した「オリエントスター」。1952年の初登場時から上品なオーバルケースを採用。エレガントでオーセンティックな魅力を備えた腕時計として人気を博した。一見シンプルに見えるケースにはボンベ文字盤とボックスガラスが使用されており、ガラス縁を細くすることで外周部の繊細な立体感を際立たせている。当時の販売価格は4,310円。国家公務員の初任給が9,200円だった頃の相場だ。

sukoburu_no1-img600x450-1446640793q2p0ez414jauce

現在のオリエントスターはクラシックなデザインのものからGMT機能を備えたものまで、様々なモデルが展開されている。スケルトンの文字盤を採用したハイエンドモデルは、美しいテンプの駆動などが臨めることから、オリエントスターシリーズの中でも特に高い人気を誇る。50時間のパワーリザーブは本場スイスの一流ブランドにも負けていないスペック。ブランドの歩みとともに進化し続けるのがオリエントスターだ。

20150323183859_gnuvtqd50kbwatchtalkforum

クラシック時計の原点「ロイヤルオリエント(Royal Orient)」(1958〜)

現在のオリエント時計の最上位モデルに君臨する「ロイヤルオリエント」シリーズ。その初代モデルが発表されたのは1958年だった。一切の無駄を感じさせないシンプルで上品なデザインは当時から非常に完成度が高く、現在オリエントが手がける3針時計のクラシックデザインの原型となっている。シャンパンゴールドカラーの文字盤は気品が高く、緩やかなカーブを描く文字盤外周のインデックス表現もヴィンテージと思わせない美しさ。この時代のモデルに搭載されていたオリエント時計発の”N型のムーブメント”は、セイコーやシチズンを含む当時の国産時計のスタンダードとして採用されていた。当時、国家公務員初任給が10,800円の時代で、6,200円の販売価格だった。

12301190_1654405791480195_1729736183_nimgrum

50年近くの時を経た現行のロイヤルオリエントは、レトログラード式曜日表示やパワーリザーブのインジケーターなど現在のオリエント時計のデザインを取り入れながらも、シンプルでクラシックな特徴を損なうことなく気品の高さを窺わせる。

13743477_146625955765374_1165057996_nimgrum

レトロ感溢れる名作「キングマスター(King Master)」(1964〜)

オリエント時計のダイバーズウォッチの歴史は、1964年にまで遡る。この年に発売された「キングダイバー」の謳い文句である”40m防水”は、事実この時代において画期的とも言える性能だった。さらに精悍で男らしいデザインは若者から絶大な支持を集め、その人気は1970年代以降も続いた。当時の販売価格は13,000円(大卒初任給平均21,200円)。

kingdiver5thewatchsite

1969年に発表された「ワールドダイバー」は、キングダイバーと同じ40m防水機能を持ちながら、簡易ワールドタイム機能搭載の回転ベゼルを備えたダイバーズウォッチだった。世界地図をデザインしたユニークな文字盤は、オリエントの独創的な感性と攻めの姿勢が窺える。よく見ると当時の時差や国境が現在とは異なるところが面白い。11,800円で販売されていた(大卒初任給平均32,400円)。

b6arlojidoeloe

1960年代のダイバーズウォッチのほとんどがそうだったように、実際のところ「キングダイバー」も「ワールドダイバー」も、ダイバーズウォッチを名乗るために必要な現在の厳しいJIS規格に照らし合わせると基準をクリアできてはいない。デザイン面の観点からしても、少し先進的すぎるというのが正直なところだ。しかし、現在のモデルでは劇的な進化を遂げている。現行ダイバーズウォッチの「ダイバー300m」は、その名のとおり300mの完全防水。ステンレススチールのケースやバンド、サファイアクリスタルのガラスは優れた耐久性を誇る。

orient-pro-saturation-diver-sel02002b0forumamontres

そして、デザイン面において「キングダイバー」と「ワールドダイバー」のDNAを正統に受け継ぐ「キングマスター」は、過去の2つのモデルの雰囲気を確かに残しながら、驚くほど現代的な変貌を果たした。武骨なケースに球面ガラスというレトロさに、高級感のある文字盤やインデックスデザインを融合させることにより、様々なファッションに合わせられるデザインに仕上がっている。

dsc07202

watchlim

オリエントのソーラー電波時計

国産時計はソーラー時計の品質に定評があるが、機械式時計のコレクションが中心のオリエントも例外ではない。「Neo70’s(ネオセブンティーズ)」シリーズや、レディースラインの「io(イオ)」シリーズのいくつかのモデルにソーラー電波式が採用されている。Neo70’sは1970年代の機械式時計のデザインテイストを踏襲しているため一見するとメカニカルムーブメント搭載モデルに見えるが、実際にはソーラー電波で時刻合わせをする近代モデル。フル充電で約6ヶ月間駆動するという優れものだ。クロノグラフ搭載のモデルでも3万円台前半で買えてしまうというコスパの良さも電波時計の魅力。

6002132763mudah

海外でも評価の高いオリエントの「ワールドステージコレクション」

オリエントがグローバル市場で展開する「ワールドステージコレクション(WORLD STAGE Collection)」。バリエーション豊かな数々のモデルは、高いクオリティとコスパの良さから世界中で多くの支持を集めており、今や海外での評価は日本国内の人気を凌駕するほどだ。オリエントの代表モデルによく見られる、50時間のパワーリザーブを確認できるインジケーターが配されたデザインはグローバルに受け入れられている。

orient-dress-watch-65ablogtowatch

前述の「キングマスター」も、ワールドステージコレクションに名を連ねるモデルのひとつだ。

SONY DSCuhrforum

「オリエントスター」や「ロイヤルオリエント」をルーツに持つ3針のドレスウォッチも、王道的な人気を誇る。

orient-dress-watch-52ablogtowatch

オリエント時計の46系ムーブメント

オリエントのキャリバーと言えば、フラッグシップモデル「オリエントスター」の多くに採用されている自社製の46(ヨンロク)ムーブメントが代名詞だ。通称「46系」とも呼ばれるこのムーブメントは1971年の誕生依頼、45年以上にも渡り製造し続けられており、累計生産数が1億個を越える超ロングランシリーズだ。時計界広しと言えど、ここまで長く使われているムーブメントは類を見ない。同じジャパンブランドであるセイコーやシチズンがクオーツ時計に傾倒していた1980年代。オリエントも例に漏れずクオーツに舵を切ってはいたものの、このブランドだけは唯一機械式時計製造の根を完全に絶やすことはなかった。

orient_ej02003w_movtorientalwatchsite

長きに渡り試行錯誤と研鑽を繰り返してきた46ムーブメントは、現在では40時間以上のパワーリザーブに加え、故障や誤差の少ない安定した精度を持つ。また、近年ではスケルトン仕様のモデルも展開していることから、どの角度から見ても美しく見える仕上げが施されている。各パーツには職人による切削加工の波目・渦目模様、軸の摩耗低減に人工ルビーを施すことにより、もはや46ムーブメントそのものが腕時計のデザインの顔となっているのだ。

6trz4hrhardwarezone

オリエントの人気モデル紹介

オリエントはリリースするモデルが多いことでも知られるが今回は中でも人気の高いモデルをピックアップ!

オリエント「オリエントスター エレガントクラシック WZ0341EL」

青いブレゲ針が抜群の高級感と存在感を放つ、名前のとおり「エレガントクラシック」な逸品。ローマインデックスとウォームホワイトの文字盤は極めてクラシカル。上部のパワーリザーブインジケーターもうまく時計の雰囲気に溶け込んでいる。

71ygpc93vel-_ul1500_

詳細・購入はこちら

オリエント「Mako(マコ) ダイバーズウォッチ」 

オリエント時計が海外市場で展開する200m防水機能付きのダイバーズモデルウォッチ。人気のダイバーズウォッチ「Mako」(マコ)が新しくなって登場。手巻きと秒針停止機能を搭載。すっきりとしたケースに、シンプルな文字盤のインデックスで、アウトドアはもちろんタウンユースにもふさわしいアクティブな一本だ。

ORIENT 自動巻 Mako(マコ) ダイバーズウォッチ 新型

詳細・購入はこちら

オリエント「オリエントスター WZ0041DX」

文字盤表面には無反射コーティングの球面サファイアガラス、裏面にはシースルーバック使用のクリスタルガラスを施したスケルトンフェイスの名作。熟練の職人によるムーブメントの動きは、時計にもかかわらず時間を忘れさせてしまうほど惹きつける魅力がある。精緻で無防備な見た目に反して、防水性能は5気圧、耐磁性能が耐磁1種、パワーリザーブは50時間以上というパワフルな性能を持つ。さらに本ワニ皮革バンドで暖かみも表現した、メイドインジャパンの最高峰と呼ぶに相応しい逸品。

91x6tvztbkl-_ul1500_

詳細・購入はこちら

オリエント「オリエントスター レトログラード WZ0071DE」

人気のレトログラード式曜日表示を搭載した自動巻きモデル。黒文字板に立体感のある実用性に優れた3列駒のメタルバンドはオリエントスターの定番ディティール。パワーリザーブとレトログラード表示部の型打ち模様を替えるなど、ひと工夫感じるレイアウトも魅力。

81r59jdrqkl-_ul1500_

詳細・購入はこちら

オリエント「ロイヤルオリエント レトログラード WE0021JD」

ハイエンドモデルのロイヤルオリエント。「人の温もりを感じられる時計」そして「末永くご愛用いただける時計」をテーマにしたこのコレクションは、ひとつひとつのディティールに熟練職人の丹念な仕事ぶりが垣間見える。ロイヤルオリエント専用の力強く優雅な印象のケースは、設計段階でデザイナーと検討を重ねたザラツ研磨仕上げ。シンボルのアシンメトリーのパワーリザーブ表示やレトログラード機能はこのモデルのためだけに開発した新型ムーブメントにより駆動。さらに0.8mm高の立体的なインデックスは、一本一本丁寧に研磨するこだわりぶり。最高級モデルながら、費やされている技術や造形の価値を考えるとコストパフォーマンスの良さを感じずにはいられない。

81csmqt3zrl-_ul1500_

詳細・購入はこちら

オリエント「キングマスター WV0021AA」

無骨なケースに球面ガラスを合わせる事でレトロな雰囲気を醸し出しつつ、プッシュボタンを2つにする事ですっきりとした現代的な印象も感じる人気モデル。文字盤の6時位置には1964年のキングダイバーから受け継ぐ3つ星。「品質」、「デザイン」、「価格」を表現したとされるこの3つ星のとおり、まさに3拍子揃った高コスパな腕時計。

71u90-awbyl-_ul1500_

詳細・購入はこちら

オリエント「バンビーノ SAC00009N0」

海外市場向けに展開するワールドステージコレクションの人気モデル。シンプルなデザインにブルーの針が優れた視認性を保証。手巻き機能に加え秒針停止機能を搭載しており、見た目にそぐわず機能的な一面も併せ持つ。クリームイエローのダイヤルや、ミニマルなバーのインデックスデザインなど、クラシックテイスト好きにはたまらない端正な風貌の逸品。

51rsfyujdal

詳細・購入はこちら

オリエント「メカニカル WV0391DB」

ワールドステージコレクションの機械式時計の中でも看板を務めるモデル。海外向けコレクションらしい大胆で流行にとらわれないデザインが特徴で、9時位置に空いた小窓からテンプの駆動が楽しめるセミスケルトン仕様。斬新なデザインと伝統に裏付けされた技術の融合が醸し出す圧倒的な存在感で世界各国の愛好家を魅了する。先鋭的な見た目ながら視認性は十分確保されており、ブラウンカラーが大人の魅力を醸し出す。

51vstgplcal

詳細・購入はこちら

オリエント「オリエントスター モダンスケルトン WZ0201DK」

セミスケルトン仕様のオリエントスター。ギミック感のあるデザインと、落ち着きのあるブラウングレーのカラーが絶妙の調和を生み出している。同系色であるブラウンのベルトはワニ型押し仕様で、大人の魅力を演出する。

815crrtxvpl-_ul1500_

詳細・購入はこちら

オリエント「オリエントスター WZ0081DA」

同じくセミスケルトンタイプのオリエントスターだが、こちらはやや落ち着きのある面持ちで人気の高いモデル。1950年代ヴィンテージウォッチにヒントを得ているため、現代風でありながらどこかクラシックな雰囲気も醸し出している。ラグの斜面は、彫刻刀で削り取ったような特徴のある造形のOSカットを施すなど、細かい部分にもこだわりが込められている。1本目の機械式時計としてこのモデルを選ぶ人も多い。

81kvzyswcll-_ul1500_

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post

banner