banner

黒スキニー コーデ 特集

買い物スタイルは人それぞれだが、どんなボトムを選ぶにしてもまずは何にでも合わせられるボトムを1本所有した上で、理想のファッションスタイルやトレンドに応じて買い足していくというスタイルが王道だ。今回は、幅広い着こなしフィットすると言われている”黒スキニー”にフォーカスして注目の着こなしやアイテムを紹介!

スポンサーリンク

黒スキニーが幅広い着こなしにフィットする理由

理由①「存在感の無さが最大の魅力」

黒スキニーの最大の魅力は存在感のなさ。コーディネートの主役になることはまずないと言えるが、それゆえどんなアイテムにもあわせやすくなる。”too much(やりすぎ)”な着こなしを避けるのはどんなファッションスタイルにおいてもコーディネートを成功させるための鉄則だ。「派手なトップスには地味ボトムを合わせる」、「ヴィヴィッドカラーの派手めスニーカーを際立たせるのはシンプルなボトム」という着こなしの法則があるように、黒スキニーが活躍する場は多い。

黒スキニーボトム

理由②「最強の無彩色」

黒という色だが”無彩色”と呼ばれるカテゴリーに属しており、色彩学・ファッションコーディネート理論で言えば「合わない色がない」最強の色だ。例えば、色彩学の色相環において”補色関係”という概念が存在するが、これは「レッド×グリーン」や「ブルー×オレンジ」などは色相環における、ほぼ正反対に位置する色同士なので色味の境界がはっきりしてとても目をひく反面、ケンカしやすいというやっかいな一面がある。お互いの面積が広すぎると一般的にはこれみよがしな印象につながるとして組み合わせ自体を避ける、もしくは片方の色をポイント使いに抑えるのがセオリーとされている。当然、全身コーディネートの中でかなりの面積を占めるボトムに彩色を入れると、トップスやアウター、シューズとのカラーバランスに気を配る必要があり、使えないトップスなども出てくるが、無彩色のブラックスキニーであれば問題も解消してくれる。

色相環<参考>例で挙げたような「レッド×グリーン」のように180度反対に位置するのが補色だ。 Color Theory Basics

黒スキニー メンズ コーデ紹介!

黒スキニーを使用した注目の着こなしをピックアップ!

黒スキニー×トレンチコートスタイル

黒スキニーにトレンチコートを合わせったスタリイング。黒スキニーのどこか品のあるスマートなシルエットとインナーに着込んだドレスシャツが絶妙にフィット。黒スキニーなら、ブルージーンズでは表現できないシックな雰囲気を演出できる。

G-Star Raw(ジースター ロゥ) エルウッド ブラックジーンズ

立体裁断ジーンズが人気を集めている、ヨーロッパを代表するデニムブランド「G-STAR RAW(ジースターロゥ)」。Elwoodジーンズは、今までのデニム概念をくつがえし、全く新しい考え方を提示したモデルだ。濃いオーバーダイ加工を施すことで、深みのあるブラックに仕上がっている。

G-Star Raw(ジースター ロゥ) エルウッド ブラックジーンズ

詳細・購入はこちら

黒スキニー×ブルゾンスタイル

カラフルな色合いのスニーカーに黒スキニーを合わせてバランスを取ったスタイリング。ショート丈のブルゾンと組み合わせてスマートなシルエットに。ジレやスカーフ使いが洒脱な雰囲気を漂わせている。

CITIZENS of HUMANITY(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ) BOWERY

プレミアムデニムの立役者、ジェロームダーハン氏によって2003年よりスタートしたブランド「CITIZENS of HUMANITY(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)」。生デニムの状態から穿いてアタリが出てきた頃の自然な雰囲気を再現し、加工感はあえてあっさり仕上げた大人のブラックデニムを再現。加工感の中でもしっかりと綾立ち感や絶妙なバランスのシボ感が再現されるよう、染めと織りとストレッチ性のバランスにこだわり抜いている。

CITIZENS of HUMANITY(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ) BOWERY

詳細・購入はこちら

黒スキニー×オールブラックコーディネート

無彩色のブラックで全身を統一したモードな雰囲気漂うコーディネート。テーラードジャケットにボトムはスラックスではなく黒スキニーを合わせることで、あえてハズした雰囲気を演出しつつも違和感の無いジャケパンスタイルが完成。

Saint Laurent(サンローラン) ブラックスキニージーンズ

スキニージーンズといえばサンローランと言われるほど、エディ・スリマン氏がデザインを手がけたサンローランのスキニージーンズは爆発的人気を集めた。中でも、ブラックスキニージーンズは、ロックな雰囲気漂うサンローランの十八番アイテムだ。

SAINT LAURENT スキニージーンズ

詳細・購入はこちら

黒スキニー×デニムジャケットスタイル

インディゴカラーのデニムジャケットに黒スキニーを合わせることで、武骨過ぎる印象を与えないスマートなシルエットのデニムオンデニムスタイル。足元にはホワイトスニーカーを合わせて抜け感を演出。

APRIL77(エイプリル77) JOEY MOON FLAG

2002年、フランスはパリにてブリース・パルトゥーシュ氏が立ち上げたブランド「APRIL77(エイプリル77)」。JOEYシリーズはエイプリルを代表する定番のスキニージーンズモデル。

詳細・購入はこちら

黒スキニー×ブラックデニムジャケットスタイル

黒スキニーにブラックデニムジャケットを合わせたブラックデニムオンデニムスタイル。インディゴのジーンズだと武骨過ぎる印象を与えがちなデニムオンデニムもブラックのカラーリングならシックに決まる。インナーにはホワイトTシャツを合わせてメリハリをプラス。

lideal(リディアル) Prism スキニーデニム

エレガントなカジュアルウェアをコンセプトに、着る人のライフスタイルに溶け込み、高感度ながら主張しすぎないファッションを提案するブランド「lideal(リディアル)」。ブラックジーンズは、大人のためのスキニーデニムをコンセプトに作られている。タイトでありながら、ヒップ部分の立体的パターン取りによって、しっかりとホールドされたそのフィット感によるはき心地は、ストレスフリーな計算された仕上りだ。

lideal(リディアル) Prism スキニーデニム

詳細・購入はこちら

黒スキニー×デニムシャツスタイル

半袖デニムシャツに黒スキニーをあわせて。足元もブラックのローファーでまとめることでインディゴブルーの鮮やかさ際立つ着こなしが完成。

FAITH CONNEXION スキニージーンズ

2004年にデザイナーIlan Delouis氏が創設後、わずか2年で世界中のセレブを魅了するまでに急成長を遂げたパリのブランド「FAITH CONNEXION(フェイスコネクション)」。切り替えのデザインが施されて立体感のあるシルエットに。

詳細・購入はこちら

黒スキニー×ジャケパンスタイル

グレンチェックのテーラードジャケットを使ったジャケパンコーデ。黒スキニーは全身の中で脇役に徹し、ジャケットだけではなくローファーや白シャツ、ラペルピン、サングラスにいたるまで他のアイテムを引き立てている。

PT05(ピーティーゼロチンクエ) ボタンフライジーンズ

パンツ業界に面白みを持ち込んだと言われるPT01が手がけるデニムブランドPT05(ピーティーゼロチンクエ)。定番のスリムシルエットにボタンフライと5ポケットのディテールを採用したBRITPOPモデル。バックポケットには、ワンポイントの刺繍を施してアクセントをプラス。

詳細・購入はこちら

黒スキニー×柄アイテムコーデ

主張が無い黒スキニーは柄アイテムとの相性◎。ボタンダウンシャツやスニーカーにヒョウ柄でインパクトの強いアイテムをチョイスしながらも、ブラックスキニージーンズを間に挟むことでこれみよがしな印象を与えない。

upper hights(アッパーハイツ) THE HIGH LINE

2014年に設立した東京ブランド「upper hights(アッパーハイツ)」。美的ポリシーを持つ人たちとの瞬間を共有できるブランドをコンセプトに展開している。ステッチの色使いを抑えた主張しすぎないシンプルなディテールと、高いコストパフォーマンスが魅力的なブラックジーンズ。

upper hights THE HIGH LINE

詳細・購入はこちら

黒スキニー×ジャケット×スニーカーコーデ

ブルー系のアイテムに黒スキニーを合わせ、足元にはイエロースニーカーでコントラストを効かせたスタイリング。イエロースニーカーやクリアフレームのサングラスが、遊び心を演出。春服などに多い発色が強いアイテムには主張の無い黒スキニーを合わせて。

JACOB COHEN(ヤコブコーエン) ストレッチ ブラック デニム ジーンズ COMFORT

テーラードジーンズという言葉を生み出したブランド。一般的なジーンズでは取り入れないアイロンワークを用いて、まるでテーラードパンツのような仕立てにアップデートさせたジーンズ。

JACOB COHEN(ヤコブコーエン) メンズ ストレッチ ブラック デニム ジーンズ PW622 COMFORT

詳細・購入はこちら

黒スキニー×グレーテーラードジャケットコーデ

色落ち加工が施されてグレーの色味に近づいた黒スキニーに、近い色味のグレーテーラードジャケットを合わせて統一感のある雰囲気に仕上げたジャケパンコーディネート。シャツの裾はタックアウトしてラフな印象に。

DENHAM Bolt SBST スキニージーンズ

2009年、英国人デザイナーJason Denham氏がオランダにてスタートさせたデニムブランド「DENHAM(デンハム)」。中でもBOLTは、デンハムの中で一番細いスキニーモデルだ。加工に強いこだわりを持つブランドとしても知られており、リアルで洗練されたエージングがファンの心を鷲掴みにしている。バックポケットに刺繍されたDENHAMのアイコニックデザインでもあるシザーマークがアクセントをプラス。

詳細・購入はこちら

黒スキニー×ベージュカーディガンスタイル

黒スキニーに、上品な印象のベージュのカーディガン、ボーダーカットソーを取り入れたフレンチカジュアルスタイリング。ボーダーはベーシックな「ブラック×ホワイト」で黒スキニーにしっかり対応。

黒スキニー×スリッポンスタイル

黒スキニーにスリッポンスニーカーを合わせたコーディネート。スリッポンスニーカーはミニマルなデザインの分、柄プリントのものをチョイスしてアクセントをプラス。裾をロールアップして適度な抜け感を演出。

DIESEL(ディーゼル) SLEENKER

レンツォ・ロッソとAGジーンズ社のアドリアーノ・ゴールドシュミットが1978年に設立したイタリアブランド「DIESEL(ディーゼル) 」。SLEENKERは、ストレッチ混紡生地を使用した今までにない美シルエットのSKINNYデニムモデルだ。バックポケットはポケット幅を小さくデザインする事によって、従来のスキニーに比べて美しいバックシェイプを演出。

(ディーゼル)

詳細・購入はこちら

黒スキニー×黒Tシャツスタイル

深めのVネックが色気を醸し出すセクシーなブラックTシャツに黒スキニーを合わせてシックにまとめたスタイリング。キメすぎにならないのは、ラフに立ち上げたヘアスタイルや足元へのカジュアルスニーカーチョイスの賜物。

VOLCOM(ボルコム) ストレッチ スキニーデニム

1991年、リチャード・ウールコット氏とタッカー・ホール氏とともに、Youth Against Establishment(体制に反抗する若者)のコンセプトのもと、サーフ・スケート・スノーのボードスポーツシーンにおけるファッションを独特なパンキッシュデザインで展開しているブランド「VOLCOM(ボルコム)」。ブランドの中で一番細いスキニーモデル。

詳細・購入はこちら

黒スキニー×レザージャケットスタイル

厚みや重厚感のあるアウターに黒スキニーを合わせればシルエットにメリハリのある印象に。ショート丈のレザージャケットからインナーをレイヤードさせてこなれ感を演出。足元のサイドゴアブーツはレザージャケットと色味を合わせて。

NEUW Hell スキニージーンズ

オーストラリアのデザイナーJamie Blakey氏が立ち上げたブランド「NEUW(ニュー)」。ベルトループにDカンが施されたブラックジーンズ。

詳細・購入はこちら

黒スキニー×ホワイトTシャツコーデ

黒スキニーにホワイトTシャツを合わせたシンプルなコーディネート。足元にはミニマルなデザインのスリッポンスニーカーを合わせて洗練された雰囲気に。袖や裾はロールアップして抜け感を演出。

DSQUARED2(ディースクエアード) ボタンフライジーンズ

1994年、カナダ出身のディーン氏とダン・ケイティン氏による双子兄弟が設立したファッションブランド「DSQUARED2(ディースクエアード)」。COOL GUY JEANは股上がやや深めでモモから裾にかけてテーパードを効かせたモデル。

詳細・購入はこちら

黒スキニー×M65ジャケットスタイル

襟元の星刺繍がアクセントになったM-65タイプのミリタリージャケットの下に、ハイゲージニットセーター、ホワイトシャツを着込んでメリハリを効かせたスタイリング。ボトムは黒スキニーとチェルシーブーツを組み合わせてスマートな印象に。

TRAMAROSSA(トラマロッサ) ブラックデニムパンツ 247

1967年にイタリアで創業されたデニムブランド「TRAMAROSSA(トラマロッサ)」のブラックジーンズをピックアップ。ブランド名はイタリア語で「赤色の耳」という意味があり、裾をロールアップをすれば、ミシン糸のカラーリングで赤ミミのようにデザインされたディテールがアクセントに。イタリア産のデニム生地を使用し、裁断・縫製、仕上げに至るすべての工程をイタリアで行っている。中でも247モデルは、驚くほどのストレッチが効いた生地を使用して縫製されているため、一度履くと病みつきになるファンも多い。

TRAMAROSSA(トラマロッサ) デニムパンツ

詳細・購入はこちら

黒スキニー×ライダースジャケットコーデ

武骨なアイテムにも黒スキニーは好相性だ。ステッチワークやバイクの乗用時に丈が足りるように長めに設計された袖やショート丈の本格的な設計が武骨な雰囲気を漂わせるライダースジャケットに黒スキニーを合わせたコーディネート。インナーにはグレーのVネックTシャツを合わせてグラデーションを表現。

YANUK(ヤヌーク) Michel スリムストレート

2003年にデビューしたLA発のデニムブランド「YANUK(ヤヌーク)」。美しいパターンや裁断、ステッチワーク、本格的な色落ち加工などを得意とするブランドだ。バックポケットが二重構造になったデザインが個性的なスリムストレートシルエットのブラックジーンズ。履き込んで色が落ちていくごとに、独特なアタリを演出してくれる点が魅力的だ。

YANUK(ヤヌーク) Michel スリムストレート

詳細・購入はこちら

黒スキニー×ライトブルーデニムジャケットスタイル

上半身にライトブルーデニムジャケットなどのブライトカラーをもってくるとダークトーンならではのメリハリが効き、バランスの良いスタイルに。色味のあるアイテムは極力少なく抑えることがポイント。

rag & bone(ラグ アンド ボーン) FIT 1 BK

2002年にMarcus Wainwright氏とDavid Neville氏が設立したNYブランド「rag & bone(ラグ&ボーン)」。ブラックデニムは、生地に日本のものを使用し縫製はアメリカにて行なっている。

詳細・購入はこちら

黒スキニー×デニムジャケットコーデ

Gジャン、スウェットパーカー、スニーカーなど完全なるアメカジアイテムで構成された着こなしながら、黒スキニーの威力でアメカジにありがちな野暮ったさを回避。

黒スキニー×テーラードジャケット×ブーツスタイル

プライベートな旅行先などで重宝しそうな、ジャケット×ブラックジーンズ×ブーツの組み合わせ。洗練された着こなしとは言い難いが、ドレスコードの厳しいレストランなどを除き、どこに行っても恥ずかしくない無難な着こなしが完成。

SIVIGLIA(シビリア) ブラックデニム

2005年にイタリアのアンコーナで始動した新鋭ブランド「SIVIGLIA(シビリア)」。20年以上にわたり大手ブランドの製造委託を請け負ってきたノウハウを活かした高い技術力がジーンズに落とし込まれている。中でも、ブラックジーンズは定番であり、根強い人気を誇る。

SIVIGLIA(シビリア) ブラックデニム

詳細・購入はこちら

黒スキニー×Tシャツスタイル

リラックス感のある大人のTシャツコーデに黒スキニーは最適。スタイリッシュな印象を手軽にプラスできる。足元には定番モデルのキャンバススニーカーを合わせて。

Neil Barrett(ニールバレット) SUPER SKINNY STRETCH DENIM

グッチやプラダのデザイナーを務めた経験を持つNeil Barrett(ニール バレット)氏が1999年に、自身の名を冠にして立ち上げたブランド「Neil Barrett(ニール バレット)」。3本ステッチが存在感を放つブラックジーンズ。フロントのボタンが隠れる仕様により、品のある印象をプラスしてくれる。

Neil Barrett(ニールバレット) SUPER SKINNY STRETCH DENIM

詳細・購入はこちら

黒スキニー×テーラードジャケット×ボウタイコーデ

ボウタイを取り入れたカジュアルなジャケットスタイル。ジーンズをあわせると崩しすぎ、かといってスラックスをあわせると気張りすぎ。そんな困ったシーンに黒スキニーがハマる。

HUDSON Axl スキニージーンズ

2002年にピーター・キム氏によって創立された米国LA発のプレミアムデニブランド「HUDSON(ハドソン)」。バックポケットに切り替えデザインを施すことによって経年変化によるアタリが楽しめる。イタリアの高級デニムを仕入れてアメリカで縫製を手掛けている。

詳細・購入はこちら

黒スキニー×ブラックハイカットスニーカースタイル

ブラックのハイカットスニーカーと合わせれば脚長効果が期待できる。ロールアップを取り入れて適度な抜け感をプラス。

FRED PERRY(フレッドペリー) スキニー5ポケットデニム

イギリスのオーセンティックなファッションブランド「FRED PERRY(フレッドペリー)」。元々はテニスブランドからの始まりだが、その機能性の高さから人気を集め、現在様々なウェアを手掛けている。洗い加工によってこなれた雰囲気を演出したブラックスキニージーンズ。パッチにはブランドロゴの型押しが施されたレザーを採用。

詳細・購入はこちら

黒スキニー×グランジファッション

ベタベタのグランジファッションであれば、レザーパンツやハードなダメージ加工の入ったブラックジーンズをあわせるところだが、グランジファッションが陥りがちな清潔感不足という問題も。黒スキニーは崩しすぎない絶妙なバランスでグランジコーデを邪魔せず適度な清潔感・スタイリッシュさを演出してくれる。

黒スキニー×ポケットTシャツコーデ

なんということもない白のワンポケットTシャツも黒スキニー、ブラウンブーツ、オールバックヘアと合わせれば、ラギッドスタイルを演出できる。適度な緩さのあるTシャツをチョイスすればメリハリのある印象に。

黒スキニー×ジャージージャケットコーデ

ジャージー素材のテーラードジャケットを主軸に、ブラックからライトグレーへのグラデーションで見せるトーンオントーンコーディネート。ブラックとグレーの中間に色落ちした黒スキニーを挟んで。

黒スキニー×ケーブルニットセーターコーデ

黒スキニーにアームが太めのケーブルニットセーターを合わせてYラインを表現したコーディネート。主張の強いライトブルーのスニーカーに黒スキニーを合わせることでスニーカーを際立たせている。

nudie jeans(ヌーディ―ジーンズ) SKINNY LIN SUPER TIGHT FIT

2001年に元ヨーロッパLEEのデザイナー、マリア・エリクソンがスウェーデン、ゴーテボーグにて立ち上げたジーンズブランド「Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)」。ヌーディジーンズの中で上から2番目に細いモデル。ノーマルライズとテーパードラインが特徴だ。

詳細・購入はこちら

黒スキニー×ナロータイコーデ

極細のナロータイ、デザイン性のあるブーツ着こなしの主役。黒スキニーはスマートシルエットでしっかりとコーディネートに馴染んで脇役に徹している。

黒スキニー×レッドニットスタイル

レッド系のニットを主役にブラックスキニーをオン。裾はロールアップのテクニックであるピンロールを駆使して、足元に抜け感を演出。

LEVI’S(リーバイス) 510 スキニー 10ozストレッチデニム

ジーンズの原点を生み出した米国の代表的ジーンズブランド「LEVI’S(リーバイス)」。スーパースキニーテーパードモデルの「510」。特に膝から裾にかけて強いテーパードが施されている。リーバイス特有のレッドタブがブラック地に映える。

LEVI'S(リーバイス) 510 スキニー 10ozストレッチデニム

詳細・購入はこちら

黒スキニー×デニムジャケットコーデ

黒スキニーにデニムジャケットを合わせ、フロントボタンを閉じてシンプルに仕上げたコーディネート。よく手入れされたツーブロックにはシンプルな洋服が絶妙にフィット。

黒スキニー×ブラックライダースジャケットスタイル

コーティング加工が施された黒スキニージーンズにブラックレザーのライダースジャケットを合わせたまとまりのあるスタイリング。足元にもブラックレザーのチェルシーブーツをチョイス。光沢のある素材で統一感を演出している。

黒スキニー×ベージュコートスタイル

ミドル丈やロング丈のコートと黒スキニーは相性◎。綺麗なYラインのシルエットを表現できる。モノトーンアイテムをメインに構成することで、アウターとして羽織ったベージュコートが映える。

黒スキニー×チェスターコートスタイル

黒スキニーは基本的に良い意味でインパクトの弱いアイテムのため、ちょっとしたダメージ加工が入っても着こなしの中で浮くということが少ない。ドレッシーなチェスターコートにスニーカーをあわせたアーバンスポーツミックスがこなれ感を演出。

REPRESENT(リプレゼント) DESTROYER DENIM

ロンドン発の新鋭ファッションブランド「REPRESENT(リプレゼント)」。時代の流れを一早く捉え、ストリートにモードなエッセンスを取り入れたアーバン・ストリートスタイルを提案している。ブラックジーンズは両膝にハードなダメージ加工が施されたモデル。前立てにはメタルのプレートをセットしてアクセントをプラス。

 

詳細・購入はこちら

黒スキニー×ダブルチェスターコートスタイル

ダブルブレステッド仕立てのチェスターコートに配置された金ボタンがこのコーデの最大の特徴。黒スキニーでちゃんと引き算を取り入れてバランスを取っている点に注目したい。

黒スキニー×バイカラーニットコーデ

着こなしの主役であるバイカラーニットを引き立たせる無難な黒スキニーをチョイスしたことがこの着こなし成功のキーポイント。「インパクトあるアイテムを入れたらどこかは必ず控えめに」メンズファッションの鉄則を守った好例だ。

FOLLOW US