Tシャツの上に羽織れるアウターを使った着こなし/コーディネート特集!

春を迎え、だんだんと気温が上がってくると日々の着こなしも自然と軽装に。日中はTシャツ一枚でも過ごせる日が増えてくるものの夕方や夜のことを考えると、アウターがないと心もとないというシーンも多いはず。今回は、Tシャツの上にライトなアウターを羽織ったスナップを厳選し、注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

ナイロン素材のアウターならロング丈でもTシャツの上にサラッと羽織って軽快に着こなせる!

Tシャツの上に羽織るアウターをお探しの方は、ナイロンアウターを選択肢に入れてみるのはいかがだろうか?見た目も着用感もライトなナイロン素材のアウターなら、こんなロング丈のアイテムでも軽やかな装いに仕上がる。素材の特性上、暑くなったらコンパクトに畳んでカバンにしまえるのも魅力的だ。

無地のサングラス、白無地のフーデッドコート、黒無地のTシャツ、黒無地のプリーツパンツ、白プレーントゥの革靴を合わせた秋春のメンズコーデの着こなし。

MSGM(エムエスジーエム) フーデッドコート

MSGM(エムエスジーエム) フーデッドコート

詳細・購入はこちら

Tシャツに羽織ったアウターの袖をまくって着こなしに抜け感と軽快感を出す

Tシャツにアウターを羽織った春の装いに抜け感をプラスするなら、アウターの袖をまくってみるのもアリだ。袖をまくることで、着こなしに抜け感や軽快感が生まれ、露出した腕は男らしい印象に。テーラードジャケットもシャツ仕立てのカジュアルなアイテムであれば、袖をまくり上げても違和感なく仕上がる。

無地のサングラス、ブルードットのテーラードジャケット、白無地のTシャツ、白無地のダメージジーンズ、アディダス スタンスミスの白ローカットのスニーカーを合わせた夏秋春のメンズコーデの着こなし。

ショート丈ナイロンアウターとTシャツをレイヤードしたラフな着こなしをモノトーンでまとめてシックに

軽さが魅力のショート丈ナイロンアウターとTシャツをレイヤードしたラフなスタイリングも、全身をモノトーンで統一すればシックに仕上がる。さらに、下半身を美シルエットのスラックスとドレスシューズでまとめれば、よりシックでマチュアな雰囲気を演出できることうけあいだ。

黒無地のサングラス、黒その他のフーディ、白その他のTシャツ、黒無地のレザーベルト、黒無地のアンクルパンツ、黒プレーントゥの革靴を合わせた夏春秋のメンズコーデの着こなし。

1017 ALYX 9SM(アリクス) フーデッドジャケット

1017 ALYX 9SM(アリクス) フーデッドジャケット

詳細・購入はこちら

デニムシャツをアウター使いしてTシャツと合わせた2通りのコーディネートパターンをチェック!

【着こなし事例①】

シャツというサラッと着用できるアイテムに分類されていながら、生地がしっかりとしたデニムシャツはジャケットライクなアウターとしても活躍する優れモノ。Tシャツの上にサラッと羽織るだけで、軽すぎず重すぎない着こなしを演出できる。デニムシャツをアウターとして使う場合は、事例②のような着こなし方も参考にしたい。

無地のサングラス、ブルー無地のデニム/シャンブレーシャツ、白グラフィックのTシャツ、ネイビー無地のカーゴパンツ、アディダスのグレーローカットのスニーカーを合わせた夏春のメンズコーデの着こなし。

【着こなし事例②】

暑いときはこちらの着こなしのように腰に巻いてしまえば、荷物になることもなく同時にこなれ感を出すことも可能。ブラック主体の着こなしにデニムのブルーがよく映える。

DSC_6414

CALVIN KLEIN JEANS(カルバンクラインジーンズ) デニムシャツ

CALVIN KLEIN JEANS(カルバンクラインジーンズ) デニムシャツ

詳細・購入はこちら

2/5GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ