アロハシャツで夏のメンズコーデにリゾートテイストをプラス!

日本からハワイに渡った移民が、ポルトガルの作業着である“パラカ”を着物で仕立てたのが起源とされる“アロハシャツ”。ゆえに、どこか和なテイストを感じさせる柄が多く、馴染みやすいのが魅力だ。昨今の潮流であるミックスコーデのおかげか、様々なスタイルにも取り入れられており、意外と活躍の場面が多い。今回はそんな「アロハシャツ」にフォーカスして、注目の着こなし&アイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

リゾートウェアの代表格「アロハシャツ」のルーツは日本人!?

リゾート感あふれるトロピカル柄などのプリントデザインが施された開襟タイプのシャツ。シルクやレーヨン、ポリエステル、綿の生地を採用することが多い。昨今では、トロピカル柄を採用したオープンカラー以外の、ボタンダウン半袖シャツなどもアロハシャツとして各ブランドから展開されている。そんなアロハシャツ発祥の地はご存知の通りハワイ。19世紀の終わりから20世紀初頭にかけて、日本からハワイに渡った移民が、サトウキビ農園で過酷な労働を行っていた際に着用していた“パラカ”と呼ばれる開襟シャツを手持ちの着物から作ったことがルーツとされている。

アロハシャツ

アロハシャツを探す

続いてはアロハシャツを使った注目の着こなしを紹介!

2/16GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ