ダウンジャケット メンズおすすめブランド定番モデルを厳選!

ダウンジャケットメンズ

真冬に必須のアウターといえば「ダウンジャケット」。非常に値が張るアイテムなので「飽きのこないデザインを長く着たい」「できれば通勤にも使いたい」など色々と考えてしまいますよね。今回はそんな難しいダウンジャケット選びに役立つブランド情報と一押しブランドの定番モデルを紹介していきたいと思います。「絶対に失敗できない買い物の代表格」と言っても過言ではないダウンジャケットチョイスの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

カナダグース定番モデル「ジャスパー」

1957年、繊維産業が栄えることで知られるカナダ北東部の都市トロントにてスタートして以来「メイドインカナダ」にこだわった高い品質のダウンジャケットを製造しつづけてきました。高い性能は、エヴェレスト登山隊や南極探検隊にも採用されたことからもうかがい知れます。そんなダウンジャケット界で確固たる地位を占めるカナダグースの定番モデル「ジャスパー」の日本規格は洗練された細身シルエットでスーツからオフカジュアルまで着こなしのシーンが広いことも魅力です。ダウンジャケットの生地表面は、コットンとポリエステルを混合し耐久撥水加工を施したARCTIC TECHが使用されています。ボリューム感のあるコヨーテファーは着脱可能なのでファッションスタイルに応じて使い分け可能。

カナダグースダウンジャケットジャスパー

詳細・購入はこちら

モンクレール定番モデル「MAYA」

1952年フランス・グルノーブル郊外にて設立されたプレミアムダウンジャケットブランドとして名高いモンクレール。もともとは登山者向けのテントやシェラフを製造する企業でしたが、フランス人として初めてヒマラヤ登頂に成功した有名アルピニストであるリオネル・テレイ氏をアドバイザーに迎え、ダウンウェアのリリースに至りました。近年ではファッションブランドとしての台頭が目立ち、バレンシアガやジュンヤワタナベといった一流ブランドとのコラボレーションから、トムブラウンやsacaiの阿部千登勢、visvimの中村ヒロキなど一流デザイナーとのコラボレーションまで目を見張るものがあります。本格ダウンジャケットでありながら、ほんのりモードの香りのするダウンジャケットは洗練された男性にぜひ身につけてほしい逸品です。
新定番「MAYA」は、ブランドアイコンと言っても過言ではないlaquéナイロン製。 安っぽさとは無縁の重厚な光沢感がミニマルデザインの中で存在感を放ちます。着脱可能なフードはスタイルや気分に応じて。

モンクレール定番モデル

詳細・購入はこちら

ウールリッチ定番モデル「ニューアークティックパーカ」

1830年に英国移民であるジョン・リッチがペンシルバニアにて創業したアメリカを代表するアウトドアブランドがウールリッチ。1939年から3年に渡って南極探検隊にウェアを提供するなど高機能は折り紙付きです。2006年にはイタリアのWPラヴォリ社とタッグを組み、デザイナーとしてエンジニアドガーメンツの鈴木大器をデザイナーに迎え「ウールリッチ ウーレンミルズ」という新ラインをスタート。ブランドを代表する「アークティックパーカ」は、-40℃という極寒の中、アラスカのパイプライン建設に従事する作業員のために1972年に開発されました。その名品が創業180年を記念して38年ぶりにショートタイプとロングタイプでリニューアルされたのは「ニューアークティックパーカ」です。カナダグースのジャスパーと比較されることの多いモデルであり、通なファッション業界人にも愛用される世界的定番アイテム。

NEW ARCTIC PARKA ウールリッチ詳細・購入はこちら

ストーンアイランド定番モデル「ガーメントダイ クインクルレップスNYダウン」

1982年にスタートしたイタリアのファッションブランドがストーンアイランド。ブランドスタート時にデザイナーを務めたMassimo Ostiは1996年にブランドを去り、Paul Harveyがデザイナーを務めています。国内メンズファッション誌においてもプッシュされることが多く有力セレクトショップもこぞって取り扱いしており、特に東京での人気はとどまることを知りません。

そんなストーンアイランドを代表する定番ダウンジャケットが「ガーメントダイ・クリンクルレップスNYダウン」です。ミリタリージャケットであるN-2Bをベースとしたデザインは無骨さとスタイリッシュさが共存した独特の雰囲気が魅力。ダウンジャケット界の掟破りと言っても過言ではない「高密度の超軽量ナイロン生地の製品染め」を施し、独特の味、アタリ、深みを表現しています。中面にダメージを与えずに染めるのは至難の業と言われていますが、それをやってのけてしまうのが常に革新を続けるストーンアイランドならでは。ボリュームのあるコヨーテファー着脱可能なのでシーンを選びません。

ストーンアイランドダウンジャケット

詳細・購入はこちら

ヘルノ「ポーラーテックシリーズ」

1948年にイタリア北部レーザ町でジュゼッペマレンツィと妻であるアレッサンドラが創業した「メンズレインコート」に起源を持つブランドがヘルノです。

そんなヘルノの定番ラインである「ポーラーテックシリーズ」はダウンパックを使用せず、高密度ナイロンにダウンを直接注入したインジェクション製法を使用し、超軽量化を実現しています。そんなシリーズの中でも特におすすめしたいのが、フロントの合わせがダブル6ボタンでPコートライクなデザインが目を引く「PI0189U」。シェルのナイロンはマットな質感でビジネススタイルにもしっくりくるシックで高級感ある雰囲気が魅力です。

ヘルノダウンジャケット

詳細・購入はこちら

タトラス定番モデル「Belbo」

2006年にスタートしたイタリアのミラノを拠点とするファッションブランドがタトラス。イタリア以外に日本、ポーランドのコーポレートブランドとして活動。数あるブランドアイテムの中でも、ダウンジャケットが特に人気を集めており世界的に高品質で知られるポーランド産ホワイトグースダウンを使用することで知られます。

タトラス定番のフード付きダウンジャケット「Belbo」は本格的機能を持ちながらもヨーロッパの血統を受け継いだエレガントデザインが評判。水鳥の胸元のダウンボールを使用し通常のダウンでは実現できないほどの保温性と軽量、ソフトな風合いを実現。裏地にストレッチナイロンを採用することでストレスのない動作が可能です。

タトラス定番ダウンジャケット

詳細・購入はこちら

水沢ダウンのイチオシは「デサントオルテラインのストーム」

メイドインジャパンのハイスペックダウンといえば、水沢ダウン。国家資格認定の技能士が多数在籍する岩手県の水沢ファクトリーの保持する世界屈指の高い技術力があってこそ、ダウンパックの縫製にステッチを使用しない熱圧着による防水ダウンは世界的にも有名です。「デザインはすべて機能性に従事したものである」という信念のもと、年齢や使用するシーンを選ばず、飽きがこないダウンジャケットが完成しました。

スクリーンショット 2015-11-07 6.25.49

詳細・購入はこちら

ザンターダウン「オニツカタイガー×アンドレアポンピリオのダウンパーカー」

国産ダウンジャケットブランドとして有名なザンターダウンをベースにモード界の雄、アンドレアポンピリオ氏を迎えてオニツカタイガーが放つ逸品。東洋羽毛工業のウェア部門として発足し南極観測隊に納入してきたザンターダウンの高い技術力に加え、飽きのこなそうなミニマルでベーシックなデザインをベースにしながらもモードっぽいアシンメトリーデザインが光ります。「定番も良いけど人と同じは嫌」というあなたに自信をもってお勧めできるモデルです。

オニツカタイガーダウンジャケット

詳細はこちら

FOLLOW US

Related post