記事で紹介した商品を購入すると、売上が当媒体に還元されることがあります。

ステンカラーコートを着たメンズコーデを特集!着こなしのポイントは?

Share

2 ページ以降を表示しています。

元のページを表示
ステンカラーコートを着たメンズコーデを特集!着こなしのポイントは?

おすすめのステンカラーコートを紹介!

最後にOTOKOMAE編集部が注目ブランドの展示会や有力セレクトショップでのヒヤリング、主要ファッション都市での定点観測から得た情報を元に、読者にオススメしたい「ステンカラーコート」を紹介!

おすすめステンカラーコート①「Mackintosh Dunkeld」

マッキントッシュの代名詞ともいえるステンカラーコート「ダンケルド」。こちらのGR-1001Dはベストセラーのゴム引きコットン製ステンカラーコートで、ゴム引きコートが生まれた19世紀初頭と変わらない伝統製法で作られている。

詳細・購入はこちら

おすすめステンカラーコート②「J.PRESS ベンタイル バルマカーンコート」

第二次世界大戦時に英国軍のために開発された撥水素材ベンタイルを使用した耐水性、防風性、保湿性を兼ね備えたJ.PRESSのステンカラーコート。身幅を比較的大きく、肩回りをスッキリ見えるバランスに調整し、エレガントなシルエットに仕上げている。しかも取り外し可能なウールの暖かいライナー付きで、寒い冬の時期でも重宝すること間違いなし。

詳細・購入はこちら

おすすめステンカラーコート③「BURBERRY Camden」

BURBERRYを代表するステンカラーコートといえば、「カムデン ヘリテージ カーコート」。クラシックデザインに加え、すとんと落ちるストレートシルエットを採用しているのが特徴で、丈はショート、ミッドレングス、ロングの3種類。裏地にはBURBERRYと一目でわかるヴィンテージチェックがあしらわれている。

詳細・購入はこちら

おすすめステンカラーコート④「Aquascutum ステンカラーコート」

ゆるやかなAラインを描く優雅なシルエットが特徴のAquascutumのステンカラーコート。ラグランスリーブではなくセットインスリーブを採用することでカチッとしたスーツスタイルにもマッチして、精悍さや男らしさを際立たせることうけあいだ。

詳細・購入はこちら

おすすめステンカラーコート⑤「Traditional Weatherwear SELBY」

“Traditional Weatherwear”のファミリーブランド、“Mackintosh”を代表するゴム引きコートのムードを再現したロングセラー、SELBY。2枚のコットンの間に透湿防水フィルムを挟み込んだ生地を使用し、縫い目からの雨の侵入を防ぐ防水テープが全ての縫い目の裏に施されており、袖口と裾を補強するサテンテープがアクセントとなっている。

詳細・購入はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ