モッズコートのメンズコーデ術3選

Share

数あるミリタリーアウターのなかでも、定番として高い人気を集めている「モッズコート」。今回はそんなモッズコートの着こなし術にフォーカスして、参考にしたいコーデを3つ紹介!

スポンサーリンク

軍から市民、セレブにまで愛されるモッズコート!ツウの間では、モッズパーカと呼ぶのが当たり前!?

“モッズコート”がメディアの造語というのは有名な話。ファー付きのミリタリーテイストを取り入れたコートが流行していた際に、日本の女性誌などで「モッズコート」と呼ばれたことから、この呼び方が定着している。しかし、正式名称はアメリカ軍への物資調達時に使用されるMIL規格にて規定された「PARKA SHELL M-1951」のため、ツウの間では「モッズパーカ」と呼ばれることが多い。

モッズコートは「M-51」以外に「M-65」と呼ばれるモデルも!セカオワ着用で有名に

モッズコートと呼ばれているアイテムの原点は「M-51」「M-65」の2モデル。どちらも製造された年で区別されただけの呼び方のため、パーカタイプ以外にフィールドジャケットなどの他アイテムも存在する点はおさえておきたい。一般的に「M-51」がパーカタイプでは認知されており、「M-65」はフィールドジャケットタイプが知られている。しかし、2014年にリリースされた日本バンドSEKAI NO OWARIのヒット曲のひとつである「Dragon Night」のプロモーションでパーカタイプの「M-65」が着用されたことによって有名に。現在では、モッズコートと聞いて、M-65を思い浮かべる方も少なくない。

パーカタイプの「M-51」と「M-65」は極めて形状が近いため、パッと見でモデルを見分けるのが難しいとされている。個体によっても違いがあるため一概には断言できないが、フード接合部の仕様、エポレットの有無、ファーの素材、フロントトップのデザイン、フロントボタンの数などの違いで区別されることが多い。

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ