メンズの冬コーデをアップデートする14のテクとは!?

3ページ以降を表示しています。

元のページを表示

CONTENTS

3ページ以降を表示しています。

目次を表示
スポンサーリンク

メンズ冬コーデテク③「コートの重たさを払拭する差し色セーターで冬のメンズコーデに華やぎを」

戦わずして勝つを基本とすることから、相手への威圧を重要なファクターとして考える海軍の士官正装をサンプリングした武骨コートを羽織ったやんちゃコーディネート。インナーに快活な差し色ニットをセットすることで冬コーデにスパイスをきかせている。面積の少ない差し色テクを応用して、2018年冬のメンズトレンドカラーとして注目を集めている「パープル」「ボトルグリーン」「ターコイズ」などを取り入れ感度の高さをアピールするのもグッドだ。インナーの白Tをチラ見せレイヤードしたアクの抜き方も参考にしたい。

インナーに差し色

例えばこんな差し色ニット①「Cruciani(クルチアーニ) クルーネックセーター」

上質なニットを手がけるイタリアブランド「Cruciani(クルチアーニ)」。確かな生産技術によって、鮮やかなターコイズの発色も上品に仕上がっている。

Cruciani(クルチアーニ) クルーネックセーター

詳細・購入はこちら

例えばこんな差し色ニット②「N.PEAL(エヌ ピール) ロールネックカシミア セーター」

1936年にロンドンのバーリントン・アーケードにショップをオープンして以来、世界のセレブから愛されている老舗カシミアニットブランド「N.PEAL(エヌ ピール)」。007スペクターにてダニエルクレイグ演じるジェームズボンドが、ミスターホワイトと面会する際に着用したことでも有名だ。ネイビーと好相性なパープルなら、手持ちのワードローブにも合わせやすい。

N.PEAL(エヌ ピール) ロールネックカシミア セーター

詳細・購入はこちら

例えばこんな差し色ニット③「AMI ALEXANDRE MATTIUSSI(アミ アレクサンドル マテッシ) オーバーサイズ クルーネック セーター」

ほどよいオーバーサイジングが今の気分にぴったりなミドルゲージセーター。アミならではの絶妙なバランス感覚が見事に反映されたアイテムだ。インナーとしてはもちろん、主役トップスとしても重宝しそう。

AMI ALEXANDRE MATTIUSSI(アミ アレクサンドル マテッシ) オーバーサイズ クルーネック セーター詳細・購入はこちら

インナーの白Tはこんな上質アイテムで…
※画像クリックで説明文表示

①スリードッツのTシャツ 商品詳細はこちら
②チルコロのTシャツ 商品詳細はこちら
③エヌ ハリウッドのTシャツ 商品詳細はこちら
④ギローバーのTシャツ 商品詳細はこちら

【関連記事】差し色でコーデを格上げ!メンズの着こなしをアップデートする効果的な色使いとは?

着こなしにメリハリやこなれ感を演出するのに最適な「差し色」。ダークトーンが主体の...
4/13GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ