スーツジャケットのポケットにまつわるタメになる話。フラップ(フタ)の出し入れやチェンジポケットの正式な使い方の正解とは?

Share

何かとマナーや決まりごとが多いスーツの着こなし。実はスーツジャケットに複数付けられたポケットにも色々な作法や、意味を持つディテールがあるのをご存知だろうか?腰ポケットのフラップは外に出すのが正解か内にしまうのが正解か、チェンジポケットの本当の役割は何なのか…。今回は、スーツのポケットにまつわる話にフォーカス!

スポンサーリンク

スーツのポケットには扱いのマナーや、あまり知られていない役割があった!

着こなしのルールやクラシックなスーツの定義など、何かと決まりごとが多いスーツ。どんなスーツにも取り付けられているポケットも例に漏れず様々なマナーや定義が存在する。そんなスーツポケットにまつわるタメになる話を4つの項目に分けて紹介していく。

スーツポケットのタメになる話①「腰ポケットのフラップ(フタ)はどう扱うのが正しい?」

スーツのジャケットの腰部分に取り付けられているポケット。その中でもっとも一般的と言えるのがフラップポケットだろう。このフラップ(フタ)、実はシーン別で外に出すか内にしまうかのルールがある。まず、フラップを外に出すのは基本的に屋外にいる際のあしらい方である。このフラップは、屋外での着用において雨やホコリなどの異物がポケットに入ることを防ぐためのディテール。逆に屋内にいる際にはフラップをしまっておくのが正式なマナーとされている。ただ、現代ではそこまで気にされることは滅多になく、フラップは外に出したままで良いとされている風潮も。部屋に出入りするたびにフラップを出し入れするのが億劫だという方は、基本的に外に出しっぱなしでも問題はないだろう。そしてスーツジャケットのポケットは、基本的にポケットが膨らむような物を入れるのはNG(財布など)。スーツのスタイルを維持するためにもこれは必ず守りたいところ。

また、腰ポケットは本来フラップがないノーフラップポケットがもっともフォーマルであるとされており、室内で着ることを前提とされたスーツにはこの仕様が採用されることが多い。例えばフォーマルスーツの代表格であるタキシードなどは、大抵がこの仕様を取り入れている。こんな話も蘊蓄として知っておくと、どこかで話のネタににあることはあるかも?

【関連記事】結婚式の服装に悩む男性必見!ゲストでお呼ばれした時に焦らない着こなしのポイント&おすすめアイテムを紹介

男性なら誰もが悩んだ経験をもつのが、ゲストとして参加する際の「結婚式の服装」だ。...

スーツポケットのタメになる話②「腰ポケットの種類はどんなものがある?」

①で紹介したフラップ、ノーフラップの他にも腰ポケットには種類がある。例えばカジュアルなスーツで多く見られるのはパッチポケット。スーツの生地の上に共布を乗せて縫い付けることで作ったポケットのことで、コットンやリネン、サマーウールなどの春夏スーツに多い。下のスナップをご覧の通り、インナーにカットソーをレイヤードしたようなカジュアルダウンした着こなしによくマッチする。

【関連記事】カジュアルスーツ メンズ特集!ビジネスカジュアルや休日コーデを格上げする優れモノ

テーラードジャケットとパンツのセットアップで品のある大人の雰囲気を演出しながら、...

他にもポロコートのようなディテールで、パッチ&フラップポケットという種類も。これを採用するとサファリジャケットのようなルックスに仕上がり、洒落者の中にはカジュアルスーツのアクセントとしてオーダースーツでアレンジする男性もいる。

【関連記事】サファリジャケット コーデ メンズ特集!男心をくすぐる歴史や注目の着こなしを紹介

ミリタリージャケットとは似て非なる、貴族のために考案されたサファリジャケットは、...

他にも腰ポケットの一種でチェンジポケットというディテールも存在するが、そちらは次項にて。

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する