メッシュベルト メンズ 特集

涼しげな印象と共にテクスチャーによるアクセントを加えてくれるアイテムといえば、”メッシュベルト“。ビジネススーツに合わないことはないが、オフカジュアルやクールビズなどラフなスタイルにあわせるのが主戦場。今回はメッシュベルトにフォーカスして注目の着こなしやアイテム、巻き方を紹介!

スポンサーリンク

メッシュベルト×クラシコイタリアスタイル

コロニアルカラーのコットンリネンジャケットにパナマ帽を合わせたスタイリング。クラシコイタリアスタイル好きなら、汎用性の高いダークブラウンのメッシュベルトを一本は持っておきたい。

メッシュベルト×リネンシャツスタイル

シンプルな白リネンシャツにグレイッシュカーキのコットンパンツを合わせたスタイル。レザーシューズとメッシュベルトは素材違いながら、極めて近いトーンで揃えることで調和。

メッシュベルト×ネイビースーツ×ブラウンベスト

ソフトな風合いの生地感同士のアイテムチョイスで、違和感のない上品な雰囲気を漂わせるスタイリング。ネクタイも素材感を合わせて統一感のある印象に。メッシュベルトはアクセントとして取り入れたブラウンのオッドベストに色味を合わせて。

メッシュベルト×Tシャツタックイン

クルーネックTシャツをスラックスにタックイン。ベルトが目立つ着こなしなので、良質なメッシュベルトを選択したい。

メッシュベルト×ジーンズ×ジャケット×スニーカー

ブルー系のアイテムにブラックジーンズを合わせ、足元にはイエロースニーカーでコントラストを効かせたスタイリング。イエロースニーカーやクリアフレームのサングラスが遊び心を演出。レザー製のメッシュベルトにはブラウンをチョイスしウエストラインを強調することで締まりのある雰囲気に。

メッシュベルト×ブルージャケット×ホワイトパンツ

トップはブルーアイテムで揃えてグラデーションを表現し、パンツにはホワイトをチョイスした清潔感あふれる着こなし。メッシュベルトもネイビーで統一感をプラス。足元にはスニーカーのチョイスでハズしを。

メッシュベルト×ブラックシャツスタイル

全てのアイテムをブラックで統一したモードなオールブラックスタイル。シルバーのバックルがアクセントになったメッシュベルトもブラックレザータイプをチョイス。カラーリングが同じアイテムも素材感の異なるアイテムを組み合わせることで、これみよがしな印象を与えない。

メッシュベルト×ネイビースーツスタイル

カジュアルスーツスタイルをスタイリングする際、スーツにスニーカーを合わせるハズしに少し抵抗のある方は、メッシュベルトの取り入れを検討してみるのはいかがだろうか。レザー製のメッシュベルトなら、さりげなくスーツスタイルに遊び心を演出することができる。

メッシュベルト×ブリーチデニムシャツスタイル

ブリーチ加工がインパクト絶大なデニムシャツにオフホワイトパンツを合わせた爽やかな印象のリゾートスタイル。細幅のメッシュベルトをサイドインしてこなれ感をプラス。

メッシュベルト×カジュアルジャケパンスタイル

胸ポケットもパッチ仕様のネイビーテーラードジャケットに、色落ち加工の入ったブルージーンズを合わせたオフカジュアルジャケパンスタイル。少し長めのメッシュベルトをチョイスし、剣先を垂らしてアクセントに。足元にはワークブーツをチョイスしてラギッドな印象をプラス。

ファブリックメッシュベルト×夏ジャケスタイル

ブルーのリネンテーラードジャケットに変則的な色落ちが際立つダメージデニムを合わせた着こなしに、ファブリック製のブラウンベルトを長めに垂らしてリズムをつける。

メッシュベルト×ジャケパンスタイル

ベージュのテーラードジャケットにヘンリーネックシャツを着込み、ボトムはホワイトパンツを合わせた抜け感溢れるジャケパンスタイル。カジュアル寄りなジャケットスタイルとメッシュベルトは相性◎。

メッシュベルト×スニーカースタイル

ネイビーのジャケパンスタイルに、Tシャツにプリントされたイエローがアクセントを効かせたスタイル。足元のスタンスミスもネイビーで統一。ブラックのレザーベルトで引き締まった印象に。

メッシュベルト×デニムシャツ×セルビッジジーンズコーデ

セルビッジデニムのいわゆる”耳”を見せつけるように一回折り返しただけのロールアップで、ラギッドな印象が際立つスタイルに。ニューヨークっぽいやや硬派な男臭いスタイルには太めロールアップが定番。腰元にはブラックレザーの太幅メッシュベルトを合わせて武骨な雰囲気の中にも遊び心をプラス。

メッシュベルト×ジャケパンスタイル

ベージュのテーラードジャケットにヘンリーネックシャツを着込み、ボトムはホワイトパンツを合わせた抜け感溢れるジャケパンスタイル。カジュアル寄りなジャケットスタイルとメッシュベルトは相性◎。

メッシュベルト×ベージュジャケット×カーキベスト

ライトベージュのテーラードジャケットにオリーブカーキのカジュアルベストを組み合わせたスタイリング。アースカラーにありがちな土臭さを打ち消すようにホワイトパンツでクリーンな印象をプラス。剣先にメタルが施されたメッシュベルトをさりげなく見せてラギッドな雰囲気はキープ。

メッシュベルト×ネイビースラックスコーデ

サックスブルーのシャツにネイビーのスラックスを合わせてグラデーションを表現したコーディネート。腰元にライトブラウンのメッシュベルトをチョイスしてコントラストを効かせている。

メッシュベルト×ブルーシャツコーデ

メッシュベルトの魅力の一つに、豊富なカラーバリエションが挙げられる。素材面もレザー製のアイテムからメッシュ素材を使用したものまで様々だ。トップスなどの他アイテムに色味を合わせればまとまりのある雰囲気に。

メッシュベルト×デニムシャツスタイル

ワントーンコーディネートのアクセントとして、カラフルなメッシュベルトを取り入れた着こなし。デニムシャツは腕まくりして抜け感を演出。

メッシュベルト×ジーンズスタイル

ベージュのテーラードジャケットに柄シャツを着込み、ボトムにはジーンズとスエード調のコインローファーを合わせたカジュアルジャケパンスタイル。メッシュベルトはレザートートバッグと色味を合わせて統一感のある印象を演出。

メッシュベルト×ミニマルコーディネート

ロールアップしたコットンパンツに杢調のVネックTシャツをラフにタックイン。シンプルな着こなしには鮮やかなメッシュベルトがよく映える。

メッシュベルト×カジュアルシャツスタイル

ブルー系のチェックシャツにグレイッシュネイビーのコットンパンツをコンビネーション。メッシュベルトと腕時計のベルトをブラウンで統一してまとまりよく。

メッシュベルト×ベージュワントーンコーデ

ペールトーンのベージュカラーで全体をまとめたワントーンコーディネート。ブラウンレザーのメッシュベルトをサイドにインしてアクセントをプラス。

バイカラーメッシュベルト×色合わせの妙

“水色×ネイビー”のバイカラーが特徴的なファブリックメッシュベルトにリンクさせるように「水色ポケットチーフ」「ネイビーコットンパンツ」を選択。

メッシュベルトを使ったスタイルバリエーション

テクスチャーで着こなしにアクセントを加えてくれるメッシュベルトを使った着こなしパターンは無限大!

メッシュベルトの巻き方紹介!

メッシュベルトといえば、タックインはもちろんタックアウトでも幅広いアレンジが可能なアイテムだ。しかし、意外と正しいメッシュベルトの巻き方を知らないという方も少なくないのでは?メッシュベルトの巻き方を画像と共に紹介!

メッシュベルト 巻き方①「タックバック」

バックルで固定した後、余り分をそのまま後ろに持って行くベーシックなメッシュベルトの巻き方。。

メッシュベルト 巻き方②「タイ&ハング」

バックルで固定した後、余りを下からループするようベルトに巻いたスタイル。腰元にアクセントが欲しい場合に適した巻き方だ。

メッシュベルト 巻き方③「ツイストバック」

ウエストをバックルで固定した後、余り分に一度ねじりを加えてから後ろに流すスタイル。さりげなくこなれ感を演出できる。

メッシュベルト 巻き方④「サイドイン」

余りをベルトの内側に通してから垂らしたスタイル。5ポケットパンツの場合は、剣先をポケットの中に閉まってスマートな印象を演出することもできる。

メッシュベルト ブランド紹介!

定番アイテムだけにファストファッションブランドからハイブランドまで多く選択肢のあるメッシュベルト。意外と目立つアイテムなので、せっかくなら「メッシュベルトに強い」「革に強い」など確かなブランドをチョイスしてみてはいかがだろうか?

J&M Davidsonのメッシュベルト

1984年、ロンドンのノッティングヒルにて創業のバッグ&レザー小物ブランド。ベルトの中でもメッシュベルトのデザイン・品質は秀逸。モード感がほどよく抑えられているのでハイデザインながらもあわせやすい。

メッシュベルト

詳細・購入はこちら

Whitehouse Cox(ホワイトハウス・コックス)のメッシュベルト

馬具の製造を皮切りに1875年の創業以来、高品質かつ洗練されたデザインのベルトや鞄、財布など様々なレザーグッズを作り続けている名門ブランド。熟練の職人がハンドニットで丁寧に編みこんだレザーメッシュベルト。馬具の手綱に使用されていたロープの編み方を基調にしたモデルで、厚い革が均一に編みこまれている。レザー製のメッシュベルトを探しているならぜひ検討候補に入れておきたい。

メッシュベルトホワイトハウスコックス黒

詳細・購入はこちら

AMBOISE(アンボワーズ)のメッシュベルト

1958年フランス創業の実力派革小物ファクトリー。ルイ・ヴィトン、ベルルッティ、J&Mウェストン、ゴヤール、カルティエのベルトを含めた革小物製造を行うなどの実績からもうかがえる実力。最新型機械を使って創業当時の手作業による製法を再現リーズナブルな価格も魅力。

メッシュベルト

詳細・購入はこちら

Anderson’s(アンダーソンズ)のメッシュベルト

1966年にイタリアのパルマにて創業したファクトリーブランド。40人の従業員が毎日1500本以上のベルトを生産。ピッティ・ウオモでもおなじみの顔として日本をはじめ各国のバイヤーの要望に応えている。

アンダーソンズメッシュベルト

詳細・購入はこちら

Andrea D’AMICO(アンドレア・ダミコ)のメッシュベルト

1964年ボローニャで生まれたレザーベルトをメインとする革小物ブランド。黒や茶のカーフベルトが主流だった当時から「製品洗い」「スタッズ」「ハンドペイント」「カラフルなエキゾチックレザー」など革新的な試みによって、メンズベルトの世界を変革。

アンドレアダミコメッシュベルト

詳細・購入はこちら

TIBERIO FERRETTI(ティベリオフェレッティ)のメッシュベルト

イタリア・トスカーナを拠点とする名門ファクトリーメーカー。GUCCI、BURBERRY・Yves Saint Laurent・DKNY・BERGDORF GOOD MAN、JOHN VARVATOS等、多くのブランドのベルトを生産。 ハンドステッチ、メダリオンディテール、ヴィンテージ加工など少しギラギラした独特のデザインが特徴。メッシュベルトで重要視すべき剣先仕上げにはこだわっているという。

メッシュベルト

詳細・購入はこちら

BUTTERO(ブッテロ) メッシュリングベルト

1974年、イタリア・トスカーナ州にてスタートし、ワイルドさと素材の良さから人気を集めるブランド「BUTTERO(ブッテロ)」。ブーツ作りで培われた素材へのこだわりが反映されたメイド・イン・イタリーのリングベルト。適度な厚みがありながら、しなやかで柔らかいレザーをメッシュ状に編み込み。

詳細・購入はこちら

CHAMBORD SELLIER(シャンボールセリエ) レザーメッシュベルト

フランスのパリから列車で1時間ほど離れたロアール地方に所在する町シャンボールと車などの乗り物のための椅子や馬具などを作る革の専門職人、もしくはそれらを取り扱っている専門店のことを言うセリエからインスピレーションを受けて生まれたフランスブランド「CHAMBORD SELLIER(シャンボールセリエ)」。メッシュベルト「CATUS」モデルは、きめが細かく、しっとりと馴染みやすい手触りのカウレザーを使用。乗馬靴に用いられる拍車型のバックルがフランスらしいエレガントで上品な雰囲気を漂わせる。

詳細・購入はこちら

SADDLERS レザー ナイロン メッシュベルト

創業以来、数多くの一流ブランドのOEMを手掛けていることで非常に有名なパルマに隣接するイタリア北中部の小都市フィデンツァに拠点を構えるベルトブランド「SADDLERS」。同色の異素材を組み合わせたメッシュベルトをセレクト。

詳細・購入はこちら

ANDREA GRECO(アンドレアグレコ) メッシュベルト

1979年にフィレンツェで創業された革小物ブランド「ANDREA GRECO(アンドレアグレコ) 」。ヨーロッパの有名ブランドの生産も手掛けている。高度な技術と上質な素材で作られるアイテムはデザイン性、機能性共に高い仕上がりを実現。レザーアイテムは使い込むほどに味が出て、本来の良さが出てくるのが特徴だ。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post