スーツに最適なマフラーと巻き方は?リアルなスナップから徹底攻略

秋冬のスーツスタイルに防寒性をプラスするだけでなく、色や柄によっては華も添えてくれるのが「マフラー/ストール」だ。今回は、海外スナップのメンズコーデから、リアルにスーツに使えるマフラーと巻き方を紹介!

スポンサーリンク

ビズスタイルではあくまでも控えめに装うのが鉄則。華美になりすぎない色や柄のマフラーのチョイスを!

ほとんどの方が仕事着としてスーツを着用している場合が多いのでは?ビジネススタイルではあくまでも控えめに徹するのがセオリー。合わせるマフラーも、決して華美になりすぎない色味や柄デザインをチョイスしたい。ベターな色味は、ネイビー、ブラック、グレー、茶系。柄は、無地かヘリンボーンなどの織り柄のデザインを選んでおけば安心だ。

黒無地のマフラー/ストール、黒無地のタートルネックニット、黒無地のソックス、黒タッセルローファーの革靴、黒無地のブリーフケース/ハンドバッグ、グレー無地のスーツを合わせた秋のメンズコーデの着こなし。

ポイント①スーツに合わせるマフラーは「織り」と「編み」の違いでも印象が変わる!

マフラーは大きくふたつに分けて「織り」と「編み」のタイプが存在する。スーツスタイルにピッタリな品を演出しやすいのは「織り」タイプだ。「編み」タイプはニットならではの柔らかな風合いが特徴的なため、どちらかと言えばカジュアルなスタイリング向き。しかし、昨今ではビジネスカジュアルスタイルも注目を集めているため、ハズし的な意味であえてスーツに合わせるのもTPOによってはアリだ。

 

ポイント②スーツやコートの色味を拾うようにマフラーをチョイス!

スーツの洗練された印象を崩さないようにコーデをまとめるなら、マフラーは身にまとっているアイテムの色味を拾うように取り入れるのがベターだ。スーツやコートの雰囲気にマッチした色味であれば、品のある大人の秋冬コーデを表現できる。微妙にトーンに違いを持たせて、奥行きを演出してみるのもおすすめだ。

黒無地のサングラス、ネイビー無地のマフラー/ストール、ネイビー無地のチェスターコート、白無地のシャツ、ネイビー無地のソックス、ブラウンモンクシューズの革靴、ネイビー無地のスーツ、ネイビー無地のネクタイを合わせた冬のメンズコーデの着こなし。

ポイント③柄モノのマフラーはビジネススーツにも使われるデザインなら違和感なし

スーツに合わせるマフラーは無地の上質なアイテムが鉄板だが、どこか着こなしにモノ足りなさを感じたら柄モノを取りいれてみるのもおすすめだ。マフラーに多いタータンチェックや迷彩柄はカジュアルな印象が強く出てしまうが、ビジネススーツに使われているような柄であれば違和感なし。グレンチェックやストライプ、ヘリンボーンなど、意外に選択肢も多いためぜひチェックしてみてほしい。

スーツ マフラー

2/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ