ブリーフケース 特集!デキるビジネスマンに相応しいアイテムを紹介

Share

ブリーフケースと言えば、スーツスタイルやジャケットスタイルに合わせる王道のバッグ。レザーを使ったハイクラスなものから、使い勝手に優れた高機能ブリーフケースまでその選択肢は多岐にわたる。今回はブリーフケースにフォーカスして、デキるビジネスマンに相応しいアイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

機能性と軽さを重視するならナイロンベースのブリーフケースがおすすめ!

ナイロン ブリーフケースおすすめ①「PELLE MORBIDA(ペッレモルビダ) capitano」

”旅の理想形”として知られている快適で優雅な船旅を楽しむような大人たち、”クオリティ オブ ライフ”を求める成熟した大人たちに向けて誕生したペッレモルビダ。干場義雅氏がクリエイティブディレクターを務めるブランドである。日本製にこだわり、日本の職人の手によって、細部にまでこだわった造形が特徴だ。ナイロン素材に型押しのレザーを組合せて作られたブリーフバッグは、広いマチと二つのコンパートメントを持ち、出張時にも重宝する。ブランド名の由来がイタリア語で柔らかな肌(革)というだけあって、随所に見られるレザーの質感も秀逸。

詳細・購入はこちら

ナイロン ブリーフケースおすすめ②「BRIEFING(ブリーフィング) NEO TRINITY LINER」

1998年に、米国の軍用規格であるミルスペックに準拠した真のミリタリズムを追求し、卓越した機能美を持つラゲージレーベルとしてとして始まった「BRIEFING(ブリーフィング)」。今回は、ブリーフィングの定番であるLINERシリーズからNEO TRINITY LINERをピックアップ。ブリーフケース/バックパック/ショルダーバッグのスリーウェイ仕様で、シーンによって使い分けることができる。また、内部はパソコンや書類をスマートに収納できるよう設計されており、ビジネスマンの優秀なパートナーとして活躍すること間違いなしだ。

詳細・購入はこちら

ナイロン ブリーフケースおすすめ③「TUMI(トゥミ) ALPHA」

トゥミは、1975年に設立されたアメリカのブランド。1980年代に、ソフトで機能性に優れたバリスティックナイロン製のトラベルバッグの発売により、世界的なブランドへと躍進。以降、トラベルやビジネスを始めとする魅力溢れるバッグを製造し続けている。ALPHAは、デザイン、技術、機能、パフォーマンスの全てにおいて究極を追求したビジネスバッグコレクション。書類収納に便利な間仕切りや、タブレット収納用の保護パッド付きポケットなど、高い収納力を誇る。開閉しやすいポケットやオーガナイザーポケットなど、かゆいところに手が届く使用は流石の一言。背面のファスナーポケットを開ければ、スーツケースのハンドルにセットできる仕様になっているため、出張時にも重宝する。

詳細・購入はこちら

2/7GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ