レザー トートバッグ特集!メンズにおすすめのブランド17選

カジュアルバッグのイメージが強いトートバッグも、レザーで仕立てられているなら話は別。今やビジネス鞄としても休日用としても使える汎用性の高いモデルが市場には揃っている。今回はそんな「レザートート」にフォーカスして、メンズにおすすめのブランドを紹介!

スポンサーリンク

PELLE MORBIDA(ペッレモルビダ) トートバッグ Maiden Voyage

「優雅な船旅に持っていきたくなる上質で良質なバッグ」をコンセプトに掲げ、2012年の立ち上がりから現在に至るまでメイド・イン・ジャパンにこだわり続けている“PELLE MORBIDA”。スタンダードラインである“メイデンボヤージュ”のトートバッグは、一見するとベーシックなシルエットながらボディをつまんだような持ち手とベルトバックルを配すことでヒネりのきいた仕上がりに。また、上品で味のあるシボ立ちのシュリンクレザーも見ドコロだ。A4サイズも軽々と収納できる大容量の設計に加え、しっかり自立するのも嬉しいポイント。

PELLE MORBIDA(ペッレモルビダ) トートバッグ Maiden Voyage

詳細・購入はこちら

【関連記事】半歩リードするレザーバッグ選びの見極めポイントとは?

圧倒的な高級感を備え、ときに色っぽく、ときに男らしさを演出してくれるレザー。上質...

Daniel&Bob(ダニエルアンドボブ) トートバッグ CERCATORE

1976年、イタリアのフェラーラにて創業を開始した“Daniel&Bob”。デイリーライフを豊かにする上質なレザーグッズとして、ヨーロッパの本物志向の人々から熱狂的に支持されている。職人の手によって細部に至るまで丁寧に作られた革小物は、年月を重ねるごとに味わいが深まる。なかでも注目したいのは、バッグにとって命ともいえるハンドル。一切芯地を使わず三層のレザーを手縫いで仕上げた肉厚のハンドルは“ジルハンドル”と呼ばれ、使い込む度に快適な握りへとエイジングしていく。また、ハンドルの長さをそれぞれ微妙に変えることで、重ねたときにキレイに収まるのも特徴のひとつだ。人とバッグの接点であるハンドルに矜持が垣間見えるデザインが男心をくすぐる。

Daniel&Bob(ダニエルアンドボブ) トートバッグ CERCATORE

詳細・購入はこちら

FARO(ファーロ)トート ファビオ

日本で昔から受け継がれている高い伝統技法を駆使して、世界に誇れるクオリティーを発信したいという思いから設立したブランド“FARO”。派手な装飾で目立たせるよりも、“用の美”と呼ばれる道具としての機能美を追求したデザインが魅力的だ。革小物に関しては水染めと呼ばれる、職人の勘で何度も繰り返し染める日本の伝統的な技法を用いて透明感のある独特な色を作りだし、革を0.4mmまでそぐことでしなやかさを生み出している。ピックアップしたのは、金具から素材までイタリア生産に拘ったシンプルなレザートート。オンからオフまで幅広く対応。クラフトマンシップの名の下に熟練の職人が一本一本丁寧に作り上げている。

FARO(ファーロ) [ファーロ] トート ファビオ

詳細・購入はこちら

2/6GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ