小ぶりなクラッチバッグ特集!汎用性の高いミニクラッチのおすすめを紹介

Share

ポケットに小物を入れることで生じるシルエットの崩れが気になるという場合、クラッチバッグの取り入れは有力な選択肢になるだろう。コーディネートの上品なアクセントとして機能することはもちろん、コンパクトサイズのクラッチバッグなら旅行や出張時などにバッグインバッグとしても活躍を期待できる。今回は「小ぶりなクラッチバッグ」にフォーカスして注目のアイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

STEFANO MANO(ステファノマーノ) ハーフクラッチバッグ

ステファノマーノは、1974年に設立されたファクトリーブランド。創業者のカリノ・ガスパローニ氏が、たった1人ですべての工程をこなしながら鞄を手がけたのが始まりだ。現在はカリノ氏の二人の息子たちも一流の職人として鞄作りに携わり、イタリアのみならず世界的に高評価のバッグを製造している。そんなステファノマーノが手がけるコンパクトサイズのクラッチバッグは、横長のフォルムと角に丸みを持たせたL字ファスナーが特徴。間口が大きく開いて出し入れがしやすく、抜群の使い勝手を誇る。ライニングに柄生地を使い、レザープレートをあしらった内装も秀逸。デイリーユースにぴったりのサイズ感だ。サイズ(約):高さ18cm、横幅30cm

詳細・購入はこちら

Loewe(ロエベ) ロゴエンボスクラッチバッグ

ヨーロッパのハイブランドの中でも、特に皮革製品で有名なロエベ。マドリードの小さな皮革工房から徐々に名を上げ、スペイン王室御用達の認定や海外出張で世界屈指のブランドへと成長した。ロエベが手がけるクラッチバッグは、何と言ってもレザーの品質が最大の魅力。選び抜かれた皮革のラグジュアリーな質感は、触れずとも伝わってくるほど。エンボス加工が施された、おなじみのロゴデザインも◎サイズ(約):高さ20cm、横幅30cm

詳細・購入はこちら

Smythson(スマイソン) クラッチバッグ

1887年にロンドンのボンドストリートで発祥したスマイソン(正式名称:Smythson of Bond Street)は、上流階級向けの文具で成功を収めたブランド。現在は、文房具作りで磨かれたレザーアイテムで多くの人を魅了している。キメの細かい高級レザーを採用したスマイソンのクラッチバッグは、小ぶりながら立体感のある造形で、バッグインバッグとしても使用可能。主張を抑えたミニマルなデザインが、皮革の美しさを最大限際立たせている。サイズ(約):高さ14cm、横幅22cm

詳細・購入はこちら

2/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ