チェックシャツ 着こなし【メンズ最新版】

チェックシャツといえば、アメカジスタイルを中心に着こなしにアクセントを加えるメンズファッションにおけるキーアイテムだ。単品使いはもちろんのこと、レイヤードスタイル、タイアップスタイルまで幅広い着こなしに対応できる、さらに素材を選べば年中活用できる優れもの。しかしながらスタイリッシュに着こなすのは意外とハードルが高いのも事実だ。今回はチェックシャツにフォーカスして注目の着こなし&アイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

ブラックウォッチチェックシャツ×グレースキニーパンツ

ブラックウォッチとは「黒い見張り番」すなわち「スコットランドの英雄、ハイランド独立連隊」が身につけていた衣装に由来を持つ。チェック柄の中にブラックとブルーが含まれているため、ブラックやネイビーのボトムと相性が良く、実は着まわし抜群。

GITMAN VINTAGE(ギットマンヴィンテージ) WOOL MELTON B.D SHIRT

アメリカ、ペンシルバニア州の北部にある伝統的なシャツメーカー「GITMAN VINTAGE(ギットマンヴィンテージ)」。ウール生地で仕立てられたソフトな風合いのブラックウォッチシャツ。

詳細・購入はこちら

スタジャン×チェックシャツコーデ

モノトーンの都会的な雰囲気漂うスタジャンに、レッドチェックシャツを合わせ、大胆にレイヤードさせたコーディネート。アンクルパンツから覗かせたソックスもレッドをチョイスして統一感のある着こなしに。足元は文句ストラップシューズをチョイス。

Glanshirt(グランシャツ) レッドチェックシャツ 

INCOTEXやZANONEを傘下に抱えるスローウェアグループに属するシャツブランド「Glanshirt(グランシャツ)」。コットン生地にて仕立てられたレッド×ブルーのチェックシャツ。

詳細・購入はこちら

チェックシャツ×ダメージジーンズスタイル

カジュアルなチェックシャツは、ダメージジーンズとの相性◎。ジーンズのリップ加工にロールアップ、足元に合わせたホワイトスニーカーが抜け感のある印象に。

SWEEP!!(スウィープ!!) ボタンダウンシャツ Sheeting Check

2002年、ロサンゼルスにてブラジル出身ラテン系アメリカ人デザイナーのロベルト・マウリシオ氏の手によって設立された「Sweep!!(スウィープ)」。太番手の糸で仕上げられたチェックシャツ。

詳細・購入はこちら

チェックシャツ×ジーンズスタイル

レッドとブルーのチェックシャツを、フロントボタンを半分まで開けて着た抜け感溢れるスタイリング。ブルージーンズもロールアップし、足元はホワイトスニーカーをチョイスして夏仕様の爽やかなスタイリングが完成。

Finamore(フィナモレ) SIMONE

ナポリの熟練したクラフツマンシップを伝える「Finamore(フィナモレ)」。レッド×ブルーチェック柄のワイドカラーシャツ。

詳細・購入はこちら

チェックシャツ×グレーTシャツコーデ

裾がカットオフされたブルーチェックシャツに、襟ぐりが広めのグレーTシャツを合わせたラフな雰囲気漂うコーディネート。足元はブラックアイテムでシックにまとめて。

チェックシャツ×ブルースーツスタイル

スーツスタイルのハズしとしてもチェックシャツは重宝する。プレミアムフライデーをはじめとした、オンスタイルのカジュアル化を利用して取り入れてみるのはいかがだろうか。

Psycho Bunny(サイコバニー) 衿裏カモフラギンガムシャツ

英国の名門ターンブル&アッサーで修行を積み、ポロ・ラルフローレンのネクタイ、チーフデザイナーを務めた経験を持つロバート・ゴドレー氏が2006年に設立したブランド「Psycho Bunny(サイコバニー)」。カフス裏と襟裏にカモ柄が施されたギンガムチェックシャツ。

詳細・購入はこちら

チェックシャツ×ベージュパンツスタイル

チェックシャツの中でも、高い人気を集めるギンガムチェック。着こなしに取り入れるだけで、ソフトな印象を与えられる。ギンガムチェックシャツをベージュパンツにタックインさせて品のある印象を演出したスタイリング。

Maria Santangelo(マリアサンタンジェロ) ドレスシャツ

イタリアのシャツブランド「Maria Santangelo(マリアサンタンジェロ)」より、襟にフラシ芯を採用した上品な仕立てのギンガムチェックシャツ。

詳細・購入はこちら

チェックシャツ×ブラックパンツコーデ

ブラウンとライトブルーの上品なチェックシャツにブラックパンツを合わせたコーディネート。ポップな印象を与えがちなチェックシャツは、ブラック系のアイテムを取り入れてシックにまとめたい。

LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)  製品洗いホリゾンタルカラーシャツ

イタリアはナポリを拠点として活動する老舗カミチェリア「LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)」。製品洗い加工によってソフトな風合いを演出したチェックシャツ。

詳細・購入はこちら

チェックシャツ×グリーンパンツスタイル

チェックシャツの色味に合わせてパンツをチョイスした洒脱な雰囲気漂うコーディネート。あえてノーベルトでパンツを履くことによってこなれ感を演出。

DSQUARED2 クラシック チェック柄シャツ

1994年、カナダ出身のディーン氏とダン・ケイティン氏による双子兄弟が設立したファッションブランド「DSQUARED2(ディースクエアード)」。カラフルなラインがポップな雰囲気を演出するチェックシャツ。

詳細・購入はこちら

チェックシャツ×ライダースジャケットスタイル

ライダースジャケットのインナーにレッドのチェックシャツを着込んでレイヤードさせたコーディネート。チェックシャツはトーンオントーンなどのシンプルな着こなしのアクセントとしても活躍を期待できる。

チェックシャツ×ジャケパンスタイル

ネイビーテーラードジャケットとグレースラックスのジャケパンに、タイドアップシャツはギンガムチェックをチョイスしてハズしたスタイリング。シューズやネクタイ、ポケットチーフなどの小物は、ブラウンで統一してまとまりのある印象に。

INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズドシャツ) BIG GINGHAM CHECK

1961年、ニュージャージー州の港町に設立した小さなカスタムメイドシャツ専門メーカーが起源の「INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズドシャツ)」。オックスフォード素材をベースとしたギンガムチェックシャツ。

詳細・購入はこちら

チェックシャツ×ブルージーンズコーデ

半袖チェックシャツに色落ち加工の入ったブルージーンズを合わせたカジュアルスタイル。ジーンズは足元のチャッカブーツの高さまで丈を調整してスマートな印象に。

チェックシャツ×ネイビースーツスタイル

ネイビースーツにレッド×ブルーのチェックシャツを着込んで、遊び心をプラスしたスタイリング。ブルーのカラーリングで革小物以外を合わせているため、統一感のある印象に。

Conbrio(コンブリオ) レッド×ネイビー ガンクラブチェック ボタンダウン

シャツ工房で熟練シャツ職人の手により、一枚一枚丹念に作りこまれたドレスシャツ達だけに冠される定評のあるジャパンブランド「Conbrio(コンブリオ)」。ボタンダウンのチェックシャツ。

詳細・購入はこちら

チェックシャツ×ライダースジャケットスタイル

ネイビーパンツにライダースジャケット、チェックシャツを合わせてロックの雰囲気を漂わせたコーディネート。パンツをソックスにインさせてブーツを引き立たせている。

WOOLRICH チェック柄 シャツ

1830年にジョン・リッチ(John Rich)氏が設立したアメリカのアウトドアブランド「ウールリッチ(WOOLRICH)」。ブロックチェックがデザインされたシャツ。

詳細・購入はこちら

チェックシャツ×ライダースジャケット×ホワイトTシャツ

ライダースジャケットとチェックシャツをフロント全開で羽織り、中のホワイトTシャツを見せて抜け感を演出した着こなし。ブラックアイテムを主軸に組み合わせることで都会的な印象に。

チェックシャツ×ナイロンベストコーデ

ブルーのチェックシャツにブルージーンズ、ネイビーのニットを肩掛けで合わせ、ブラウンのナイロンベストを羽織ってコントラストを効かせたコーディネート。ベストの胸ポケットにポケットチーフを入れて洒脱な雰囲気を演出。

SAND(サンド)  チェックシャツ

コットン生地にて縫製されたSANDのブルーチェックシャツ。胸ポケットはバイアスと切り替えを駆使したデザインが施されている。

詳細・購入はこちら

チェックシャツ×ライダースジャケット

黒アイテムベースに、腰に巻いたフランネルシャツのレッドが目を引くコーディネート。アシンメトリーかつ、ラフなシャツ腰巻きによって嫌味なく差し色を活用している。

WOOLRICH ウール フランネル チェック シャツ

アメリカのアウトドアブランド「WOOLRICH(ウールリッチ)」。フランネル生地で仕立てられたブロックチェックシャツ。

WOOLRICH ウール フランネル チェック シャツ

詳細・購入はこちら

フランネルチェックシャツ×腰巻きスタイル

フランネルシャツの腰巻きアレンジは、世界共通の着崩しテクニック。ミドルゲージのグレーニットやブラックのカーゴリブパンツのコンビに色味をプラスしてカジュアルでフランクな顔つきのスタイルが完成。

SURF/BRAND×JACKSON MATISSE(サーフブランド×ジャクソンマティス)ダブルネーム チェックシャツ

オーストラリアの某有名サーフブランドのアートディレクターとマーケティングディレクターの二人が独立して2012年に立ち上げた「SURF/BRAND」と日本の渡邊雅義が2005年に立ち上げたカジュアルウェアブランド「ジャクソン・マティス」がコラボして製造したウール混のボタンダウンチェックシャツ。

SURF/BRAND×JACKSON MATISSE サーフブランド×ジャクソンマティス Cheack Shirt ダブルネーム チェックシャツ

詳細・購入はこちら

バッフォローチェックシャツ×ダウンベスト

チェックシャツの中でも王道のバッファローチェックのフランネルシャツ。ミニマルデザインのダウンベストを合わせることでアーバンアウトドアスタイルに。アウトドアテイストを強めるならスナップのようにブラウン系ブーツ、アーバンテイストを強めるならブラック系のブーツがフィットするだろう。

HYMN(ヒム) DULAS Check Shirts

ロンドンで2013年にスタートしたブランド「HYMN(ヒム)」。カフスや台襟に切り替えデザインの入ったチェックシャツ。

詳細・購入はこちら

ブルーチェックシャツ×ネイビースラックス×ローファー

チェック柄の色を観察し同系色のボトムをあわせるのが、スマートなチェックシャツスタイルに近づく有効な手法。着まわし重視なら、所有するボトムのカラーを今一度見直しておきたい。

マドラスチェックシャツ×カーディガン

別名「インディアマドラス」とも言われるマドラスチェックは黄色、オレンジ、緑などの極彩色を使ったインドのマドラス(チェンナイ)を発祥とするチェック柄。ノスタルジックなムード漂う柄のひとつだが、使われる色数が多いので他のアイテムはシンプルにまとめたい。

GANT RUGGER マドラスチェックシャツ

シャツのファクトリーブランド「GANT RUGGER(ガントラガー)」。にじみが特徴のマドラスチェックシャツ。

マドラスチェックシャツ GANT RUGGER madras

詳細・購入はこちら

モノトーンチェックシャツ×モノトーンコーデ

ポップ・カジュアルになりがちなチェックシャツコーデ、クールな印象をキープするならモノトーン。足元にもブラック、グレー、ホワイトを配置すればさらに洗練された印象に。

トーンオントーンチェックシャツ×テーラードジャケット

ブラック、ホワイト、グレーから成り立つトーンオントーンチェックシャツならジャケットスタイルにも合わせやすい。

ギンガムチェックシャツ×ロールアップ

ブラック×ホワイトのギンガムチェックシャツにネイビーパンツ、スエードローファーを使いつつ、腕まくりやボトムロールアップを取り入れた抜け感あふれる着こなし。

チェックシャツ×ベスト×チェスターコート

チェスターコートをテーラードジャケットのように羽織ったコーディネート。インナーにはニットタイにボタンダウンのギンガムチェックシャツ、モスグリーンのベストを合わせて品のあるカジュアルスタイルが完成。

FAIRFAX(フェアファクス) マルチギンガム チェック柄シャツ

1796年に英国で誕生した歴史あるシャツ生地「Thomas Mason(トーマス・メイソン)」を使用した品のあるチェックシャツ。ブルーのマルチギンガム柄が遊び心を演出。

詳細・購入はこちら

マドラスチェックシャツ×マウンテンパーカー

ネイビーのマウンテンパーカーとマドラスチェックシャツを合わせた着こなし。ネイビーやブルーをメイン使いしながら、マドラスチェックシャツにふくまれるイエローチェック柄がアクセントカラーとしてひときわ目を引く。普段は敬遠してしまうような色が含まれるチェックシャツを選ぶのも面白い。

チェックシャツ×レッドスニーカースタイル

チェックシャツスタイル、とりわけフランネル素材のシャツは良くいえば温かみのある、悪くいえば野暮ったい雰囲気に貢献することも。ジャストサイジングのスキニーチノパンにVANSオーセンティックをコーディネートすることでカジュアルな中にも都会的なエッセンスを感じさせる着こなしに。

ブラックウォッチチェックシャツ×リジッドデニム

ネイビーを主体とするブラックウォッチは、当然インディゴデニムによく馴染む。ヘビーオンスのリジッドデニムにレザーブーツをあわせて秋冬らしさあふれる着こなしに。

PENDLETON ロッジシャツ

ウールシャツの代名詞と言われるブランド「PENDLETON(ペンドルトン)」の定番モデル「ロッジシャツ」。上質なヴァージンウールで縫製されたブラックウォッチシャツ。

(ペンドルトン)PENDLETON 長袖ウールシャツ ロッジ シャツ

詳細・購入はこちら

ブラック×レッドコーデ

ブラックとレッドのみで構成された着こなし。腕に入ったタトゥーや口元に蓄えたヒゲも相まってラギッドな印象が強いが、ポップテイストを感じさせるホワイトミッドソールのレザースニーカーをあわせて遊びを効かせた装いが完成。

ネイビー系チェックシャツ×ネイビーショートパンツ

初夏から夏の終わりにかけてのチェックシャツスタイルに取り入れてみたいネイビー×ホワイトのバイカラーコーデ。着こなしがシンプルな分、パナマハットや個性派サングラスなどの小物、そして腕まくりを駆使してこなれ感を演出。

フランネルシャツ×モノトーンコーデ

タイトなサイジングのノーカラー切り替えジャケットに、レッドの発色が良いフランネルシャツ、スキニーブラックジーンズを組み合わせたスタイル。ちなみにフランネルシャツの定番柄、バッファローチェックの由来は「ニューヨーク州バッファロー市が由来」「イギリス山間部のハンターが仲間と鹿の誤認防止用のチェック柄が由来」「スコットランドの英雄義賊・ロバート・ロイ・マグレガーの考案」など諸説ある。

ASOS buffalo check shirt

2000年創業の英国はロンドンから発信しているファッションブランド「ASOS」。定番デザインのブロックチェック。

buffalo check シャツ asos red

詳細・購入はこちら

バッファローチェックシャツ×ジーパン×バーバーヘア

エンジニアブーツ×デニムというラギッドでオーソドックスなコンビに、ポマードでスタイリングしたソフトモヒカンヘア、ボタン全閉じの着こなしがあわさってワイルドな中にもどこか上品さを感じる装いが完成。

Indian Motorcycle バッファローチェックシャツ

バイカー達の伝説となっているモーターサイクルブランド。 50年ぶりに復活したウェアーライン。

インディアンモーターサイクル Indian Motorcycle シャツ 長袖 ウエスタンシャツ バッファローチェック im27371 【2016年 秋冬 新作】

詳細・購入はこちら

ギンガムチェックシャツ×カーディガン

ホリゾンタルストライプのニットタイでタイドアップしたギンガムチェックのドレスシャツ。柄同士とはいえ、柄の種類が異なることに加えてピッチを大きく変えることで違和感のないコンビネーションが構築できる。繊細な肌触りをもつハイゲージニットに上品なネイビーを選び、品の良さをプラス。そして足元には夏靴定番のエスパドリーユ。夏の香りが残る秋口に取り入れてみたい装いだ。

Finamore ギンガムチェックシャツ 「piero」

Finamore ギンガムチェックシャツpiero

詳細・購入はこちら

タータンチェックシャツ×テーラードジャケット

スコットランド伝統のチェック柄のひとつタータンチェックのドレスシャツをジャケットやスーツスタイルに合わせた着こなし。

チェックジャケット×チェックシャツ

英国調のジャケットやスーツがトレンドになる中、グレンチェックのジャケットはぜひ入手しておきたいアイテムだ。クラシックなジャケットにあえて、カジュアル感の強いチェックシャツとダメージジーンズを組み合わせた「英国クラシック×米国カジュアル」のミックスがこの着こなしの肝。ちなみにチェック柄同士を組み合わせるなら、色に関連性を持たせつつチェックのピッチを変えるのがセオリー。

SWEEP!! チェックボタンダウンシャツ

2002年のロサンゼルスにてブラジル出身ラテン系アメリカ人デザイナー、ロベルト・マウリシオ氏が立ち上げたブランド「Sweep!!(スウィープ)」。ボタンダウンのチェックシャツ。

SWEEP!! スウィープ!! メンズ コットン チェック柄 ボタンダウンシャツ Traditional Check (ネイビー)

詳細・購入はこちら

マドラスチャックシャツ×ジャケットスタイル

マドラスチェックのボタンダウンシャツにペールブルーのリネンタイを合わせたジャケットスタイル。クリエイティブなセンスが冴え渡るニックウースター流のスタイリングが光る。

FOLLOW US