banner

メンズ ボクサーパンツ 特集

いまやメンズ下着の定番となった「ボクサーパンツ」。アパレルブランドもこぞって参入する分野ではあるものの、下着専業ブランドをチョイスしてみるのも有力な選択肢ではないだろうか。今回は”ボクサーパンツ”にフォーカスして、こだわりの下着専業ブランドから人気ブランドまでピックアップ!

スポンサーリンク

ボクサーパンツブランド「TOOT(トゥート)」

TOOT(トゥート)とは2000年に創業した日本のアンダーウェアブランド。なんと創業者は油絵画家という稀有なキャリアの持ち主で「日本にはおしゃれで機能的な男性向けのアンダーウェアがない!」というのが創業に至る想い。新鮮なデザインと立体裁断による新しいはき心地。男性なら誰もが経験する「直してもすぐにズレるアレ」をベストなポジションでキープするために、TOOTでは、どんな状態でもフィットする独特の履き心地「ベスポジテクノロジー」を開発。一度履いて頂くとクセになる、頼れる相棒のような高機能下着だ。国内(宮崎県日向市)の自社工場による高度な縫製技術と確実な品質管理のもとで、一枚一枚、丁寧に商品を生産している。使用する生地も徹底的にこだわり、伸縮性の良いストレッチ素材を中心に、オリジナルの綿ポリウレタンからレーヨン混やナイロン系に至るまで、心地よいフィット感を追求したものばかり。

TOOT TSXアンダーシリーズ nanoBOXER

フロントもヒップもアップさせる人気のデザインを採用。高い消臭性能と機能の持続性、吸水速乾、高いUVカット性能のある、高機能ポリエステル素材を使用。肌にストレスを感じさせないよう、品質タグも内側プリントで表現。テンションの違う生地をパーツごとに使い分け、より機能的な仕上がりに。

(トゥート) TOOT TSX ライズ ナノ ボクサーパンツ ストレッチ ローライズ ボクサー ローライズボクサー メンズ インナー 男性下着 男性用 パンツ

詳細・購入はこちら

ボクサーパンツブランド「GUNZE(グンゼ)

1947年以来、下着づくりのプロフェッショナルとして研鑽を積み重ねてきたブランド「GUNZE(グンゼ)」。 綿のセルロース繊維をナノレベルで改良することで、綿100%素材ながら新しい着心地と快適性を実現している。

GUNZE(グンゼ) ボクサーブリーフ the GUNZE STANDARD

“素肌服”をコンセプトに、下着に求められる機能をゼロから見直し、下着づくりの技術のノウハウを集めて開発した「NEXTRA-COTTON(R)/ネクストラコットン(R)」を使用して生産されたボクサーパンツ。

詳細・購入はこちら

ボクサーパンツブランド「NERO PERLA(ネロペルラ)」

イタリア発祥の女性用高級下着ブランドであるラ・ペルラが展開しているメンズ専用のアンダーウェアライン「NERO PERLA(ネロペルラ)」。歴史的にも生地に強いイタリアンブランドらしくイタリア産の最高級コットンやシルクを使用。独特の伸縮性の良さとはき心地が魅力的だ。そして洗練されたデザインもベリッシモ!

NERO PERLA(ネロ ペルラ)  A Boxer Normale

ポリウレタンコットン素材と立体裁断によるストレスフリーな履き心地のボクサーパンツ。一度使用すると、継続してネロ・ペルラを使用せずにはいられないと言われている名品だ。

詳細・購入はこちら

ボクサーパンツブランド「JBS(ジェイビーエス)」

1939年、Jens Bjerg Sorenson氏によって創業された北欧デンマークのアンダーウェアブランド「JBS(ジェイビーエス)」。JBSは創業者の名前の頭文字からとられている。元々Jens氏は農家として生活していたが、体調面の問題から家業が継げず、代わりに織物産業の仕事へ就いたことが創業のきっかけだ。大胆なキャッチコピーやスポーツ系のスポンサーをいち早く行うことで、3世代に渡る歴史あるブランドへと成長している。ボクサーパンツはコットン系、マイクロファイバー系の主に2種類を展開。コットン系はベーシックなデザインが多く、マイクロファイバー系はプリント機能を活かしたユニークなデザインが特徴だ。仕様は股下が長めで前開きのないものが一般的。原産国に珍しいリトアニアをチョイスしている点にも注目したい。

JBS ボクサーパンツ

JBSのコットン系素材ボクサーパンツは、プレーンのデザインにゴムベルトがデザインされたものやボーダー柄などのベーシック寄りなものが多い。マイクロファイバー系素材は、フォトジェニックなどカラフルな色使いのユニークなデザインを多く展開している。

詳細・購入はこちら

ボクサーパンツブランド「Resteröds(レステロッズ)」

1935年、スウェーデンに位置する小さな村レステロードにて、マットソン兄弟が中古の旋回メリヤス編み機を使い、女性用と男性用の下着デザインを始めたことが起源のブランド「Resterods(レステロッズ)」。縮みやねじれがなく、自然な伸張性をもった下着のクオリティーの高さが話題を集め、当時の軍や病院などでも使用されていた歴史を持つ。現在も“着る人みんなが満足の出来るもの”をコンセプトにボクサーパンツの製造を続けている。

RESTERODS(レステロッズ) ボクサーパンツ GUNNER solid

フロントのウエストゴムベルトにインパクトのあるロゴデザインがプリントされたボクサーパンツ。コットン素材にポリウレタンを混紡した伸縮性の高い生地を使用している。ロゴ以外のデザインを省くことにより、洗練された印象のボクサーパンツが完成。

詳細・購入はこちら

ボクサーパンツブランド「CR7 underwear」

クリスティアーノ・ロナウドが自身のニックネームである”CR7″を冠したブランドこそ「CR7 underwear」。製造は、デンマークの下着メーカー「JBS」が行い、デザイナーにはアメリカのリチャードチャイ/Richard Chaiを採用している。日本国内では、機能性にこだわりつつ遊び心も忘れない男性のための「ファッション」ライン、シンプルを好みつつトレンドを求める男性に向けた「ベーシック」ラインを展開。

CR7 ボクサーブリーフ

ネイビーをベースカラーにメッシュ仕様を取り入れるなど機能性にも優れた一枚。カラフルでラインやパイピングを使用したデザインが多い中、こちらは大人の男も抵抗なく履けるミニマルなデザインが魅力。

(シーアールセブン)CR7/クリスティアーノ・ロナウド メンズボクサーブリーフ

詳細・購入はこちら

ボクサーパンツブランド「BETONES(ビトーンズ)」

世界屈指のイタリア高級靴ブランドSantoni(サントーニ)社製の立体編み機を使用し、ほとんど縫い目のない限りなくシームレスなボクサーパンツを開発したボクサーパンツブランド「BETONES(ビトーンズ)」。唯一の縫製箇所である股の部分も、凹凸の少ないフラットシーマ縫製を採用。製品タグは内側プリントを施すことによって、肌に極限までフィットするボクサーパンツの製品化を実現。デザインも約200種類を越えるラインナップ。芸能人の木村拓哉 氏も絶賛していたことから、日本でも高い人気を集めている。

BETONES ボクサーパンツ

他ブランドにない高い伸縮性により、アンダーウェアながらフリーサイズでの展開を実現。ボーダーのベーシックなデザインから、ユニークなプリントが施されたデザイン性の高いものまで多く存在している。

詳細・購入はこちら

ボクサーパンツブランド「OROBLU man(オロブル マン)」

イタリアのレディース高級ストッキングメーカーとして、国際的に最も名声のある百貨店、や、高感度なセレクトショップなど、世界40ヶ国以上で展開されるラグジュアリーブランド「OROBLU(オロブル)」のメンズライン。2005年にスタートし、高度な技術を用いた「Progress 3Dimention」と呼ばれる立体編機を用いて、細部にまでこだわったメンズアンダーウェアを展開している。

OROBLU(オロブル) ALEX BOXER

サイドの縫い目を無くし、可動域を広げたボクサーパンツ。ゴムベルトに施されたロゴデザインがアクセントをプラス。吸水速乾性の高いコットン素材を使用しているため、スポーツシーンなどでの活躍も期待できる。

詳細・購入はこちら

ボクサーパンツブランド「Gravevault(グレイブボールト)」

独自開発の最高級ナイロン素材の生地を、最高水準のメイドインジャパンで仕上げた高品質ボクサーパンツを展開する日本ブランド「Gravevault(グレイブボールト)」。一般的なパンツはコットン素材を多く使用しているが、あえてナイロン素材の追求を行うことによりGravevault独自の風合いを表現。芸能人やプロ野球選手にも愛用者が多いことからも人気の高さが伺える。

Gravevault(グレイブボールト) Plain ボクサーパンツ

ブランドの中で唯一毎シーズン展開しているプレーンタイプのボクサーパンツ。ウエストベルトにはさりげなくブランドロゴを施してアクセントをプラス。ナイロン生地はシーズンを重ねるごとに改良を行い、よりハイクオリティーな仕上がりにアップグレードされている。

詳細・購入はこちら

ボクサーパンツブランド「GUOYA(グォヤ)」

満足感、充実感、優越感といった欲求を進化の源と考え、欲求を満たすアイテムやサービスの提供をコンセプトに活動するブランド「GUOYA(グォヤ)」。ブランド名のGUOYAは、漢字で表記すると「午・夜」となり、深夜、真夜中、Midnightという意味の造語から誕生している。また、「グォヤ」の発音は、広東語的発音では「自分が一番」という意味を指す。ナルシズムのあるブランド名なだけに、あまり露出されないアンダーウェアにこそ、最高級の素材、デザインを使用するというコンセプトが存在している。

GUOYA(グォヤ) ボクサーパンツ

コットンの女王と呼ばれるエジプト綿の中でも最高級の品質を持つ「GIZA45」を使用したボクサーパンツ。エジプトのギザ地方で取れるGIZA45は、光沢感があり、保湿性が高い特徴を持っている。ブランドロゴ以外ので装飾を省いたミニマルなデザインが、素材の良さを引き立たせている。

詳細・購入はこちら

ボクサーパンツブランド「HOM(オム)」

1968年、地中海に面するフランス最大の港町マルセイユで生まれたアンダーウェアブランド「HOM(オム)」。 「何かを買う」という行動を単なる消費活動としてとらえず、自分らしさや価値観を見つけるためのライフスタイル探しだという考えの下、製品からユニークな価値観を表現している。

HOM(オム) ショートボクサー HO1

HO1は「ホリゾンタル・オープニングNo.1 水平に開く窓」のイニシャルをネーミングしたもの。1997年の発売以来、HOMを代表する定番ラインとして人気を集めている。ユーザーの間で通称「カンガルーポケット」と呼ばれる出し入れのしやすいポケットは、一度使用するとやみつきになると言われる実用性の高いディテールだ。

 

詳細・購入はこちら

ボクサーパンツブランド「SUNSPEL(サンスペル) 」

1860年に設立された、真正な英国製品を生産する伝統的ブランド「SUNSPEL(サンスペル) 」。ノッティンガム近郊、ロング・イートンを拠点とする自社工場を現在も所有しており、最高品質の生地から洗練された縫製技術によって仕立てられたベーシックなアンダーウェアを提供している。

Sunspel(サンスペル) Superfine Cotton One Button Boxer

バックにマチの切り替えが入ったベーシックなコットンボクサーパンツ。化学繊維を使用しないコットン100%生地によって仕立てられたボクサーパンツは肌に刺激の無い上品な履き心地を演出。

詳細・購入はこちら

ボクサーパンツブランド「CMD(シーエムディー) 」

日本が持つ高度な技術を駆使して、国内最高品質とも言われるボクサーパンツを生産する日本のアンダーウェア専門ブランド「CMD(シーエムディー)」。トレンドの中にオリジナリティをプラスさせたデザインが人気を集めている。

CMD(シーエムディ)Premium modal

肌に溶け込むシルキーなプレミアムモダールベア天竺を使用したボクサーパンツ。ウエストゴムには、繊細な糸を職人が編み上げた最高品質の素材を使用し、幅広のゴムでありがちな締め付けられる感覚を軽減し包み込まれるような肌ざわりへとグレードアップさせている。通常内側に縫い付ける品質表示も取り外しているため、ストレスのない履き心地を実現している。

詳細・購入はこちら

ボクサーパンツブランド「EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)」

モード界の帝王と言われているデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏が、ファッション感度の高い客層に向けて発表しているコレクションブランド「EMPORIO ARMANI(エンポリオアルマーニ)」。アンダーウェアのコレクションが発表されたのは1987年。以来、毎日身につけるアンダーウエアとして、シンプルなデザインと着心地や素材にこだわり、身体のシルエットを美しく見せるコレクションを提供している。

EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ) LOGOMANIA ボクサーパンツ

ウエストにブランドロゴがデザインされたシンプルなデザインのボクサーパンツ。下着を始め、アクセサリー、アイウェア、フレグランスの製造は、ライセンス契約によってアルマーニのフィロソフィーを引き継いだ別会社が行なっている。

詳細・購入はこちら

ボクサーパンツブランド「Calvin Klein(カルバンクライン)」

アメリカのファッションブランドCalvin Klein(カルバンクライン)。中でもアンダーウェアは高い人気を集めており、バックトゥザフューチャーの映画でも登場している。シンプルで身体にフィットするような洗練されたデザインが特徴。

Calvin Klein(カルバンクライン) Modern Essentials

Modern Essentialsは、カルバンクライン クラシックモデルのファンに発信するベーシックアンダーウェアモデル。フィット感に優れたソフトな風合いのコットンストレッチ素材とシグネチャーロゴウエストバンドの組み合わせは、カルバンクラインアンダーウェアの原点と言えるデザインだ。

詳細・購入はこちら

ボクサーパンツブランド「BODY WILD(ボディワイルド)」

100年以上の歴史を持つ日本の老舗繊維メーカー「グンゼ株式会社」が展開しているアンダーウェアブランド「BODY WILD(ボディワイルド)」。品質の高さはもちろん、日本の下着にファッション性をはじめて取り入れたブランドとしても有名だ。

BODY WILD Basic style

ゴムベルトにロゴデザインが施されたシンプルなデザイン。薄い素材にて縫製された快適な履き心地と前開きのある実用性の高い仕様が魅力的だ。

詳細・購入はこちら

この記事を気に入ったら
いいね!してね

今読んだ記事

メンズ ボクサーパンツ 特集

Share

Related post