夏にインナーが活躍する!機能性に特化した快適さバツグンのウェアを厳選

Share

汗による蒸れや臭い、染みなど服に関する悩みのタネが尽きない夏。しかしそんな悩みも、通気性や速乾性、防臭性に優れたインナーを一枚挟むことで、快適さにとどまらず汗染みを防止できるなど見た目上の問題も解決できるハズ。そこで今回は、ビジネススタイルから休日コーデまで幅広く使える「夏インナー」をテーマに、注目のアイテムを紹介していく。

スポンサーリンク

夏にインナーは必要?その役割を解説

夏場にインナーを着用することで享受できる最大のメリットは「体温調節のサポート」と言い切っても過言ではない。気温の高い屋外では汗がとめどなく出るが、その汗を吸収・乾燥することで気化熱を素早く発生させ、体温が上がり過ぎないようにするという仕組みだ。さらに、屋外から冷房の効いた室内に入った際も、汗が冷えることによる体温の低下を防ぎ、体調悪化のリスクを軽減するという意味で重要なアイテムとなる点も見逃せない。その他にも「うっすらと乳首が透けて見える」といった、いわゆる“トップスの透け問題”を解消したり、大事な洋服を汗染みから守るといった利点も。「夏に重ね着するなんて暑苦しいだけでは…」とお考えの方にこそぜひ一度インナーを取り入れて、その快適さを体感することをおすすめしたい。

夏インナーを探す

夏に適したインナーとは?選びのポイント3つを紹介

インナー着用によるメリットを紹介してきたが、そのメリットを最大限享受するためには「どんなインナーを選ぶか?」が大変重要になる。例えばシンプルなコットンTシャツでは、夏のインナーとしては役不足であることは否めない。

夏に適したインナーの選び方①「吸汗速乾性に優れたものを選ぶのがマスト」

今まで述べてきたように、夏インナーを選ぶ上で重要なファクターは「吸汗速乾性」である。おすすめはポリエステルやレーヨンなど化学繊維を用いたTシャツだが、着心地も重視するならコットン混紡も捨てがたい。また、昨今では接触冷感や防臭・防菌機能を備えたインナーまで幅広く存在するため、こだわって選びたいところだ。

夏インナーを探す

夏に適したインナーの選び方②「肌にピッタリ張り付くジャストフィットより、若干ゆとりを持たせたサイズが快適さを底上げする」

あまりにも身体にぴったりフィットするサイズ感のインナーを選んでしまうと、通気性が損なわれべったり肌に張り付いて不快感につながってしまいがち。このため少しゆとりを持たせたサイズを選ぶのが定石だ。もしタイトな服装が好みで、インナーにもジャストフィットを求めるなら、通気性に優れたメッシュ地などの編み地を選ぶのがおすすめ。サイズ感と併せて生地の種類もチェックすることで、自分にとって極めて快適な夏インナーが見つかるはずだ。

夏インナーを探す

夏に適したインナーの選び方③「ビズシーンにはワイシャツから透けて見えにくいベージュ色がおすすめ」

ビジネススタイルのカジュアル化が進んでいるとはいえ、ワイシャツやジャケットを着用して仕事に励んでいる方もまだまだ多いだろう。そんな方々が懸念するインナーの透け問題を解決するなら、肌の色に近く浮いて見えにくいベージュが断然おすすめだ。また、細やかな部分にまで気を配るなら、ボタンを開けた時にインナーが見えない深めのネックを選んだり、シャツ1枚で過ごす時に脇の汗染みが気にならないよう脇汗パッド入りを選ぶのも◎ 昨今ではビジネスシーン向けの夏インナーなども各ブランドより登場しているので、ぜひチェックしてみて欲しい。

ビズシーン向けの夏インナーを探す

続いては夏に最適なインナーを厳選して紹介!

2/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する