ジャージースーツはラクな着心地がクセになる!メンズの良評判アイテムを厳選紹介

Share

ビジネススタイルの自由度が高まる昨今、スーツの着こなしは“クラシック回帰”と“カジュアルダウン”の二極化の流れが強まっている。フル毛芯仕立てのオーダースーツで端正にキメるスタイルと、ジャージー素材を採用した柔和なスーツでこなれ感を演出した着こなし。どちらもスタイルならではの長所があって魅力的だ。今回はそんなスーツカテゴリーのなかから「ジャージースーツ」にフォーカス。評判のブランドからオススメのアイテムを厳選して紹介する。

スポンサーリンク

ジャージースーツ①「CIRCOLO 1901(チルコロ 1901) テクノストレッチジャージ セットアップ」

数あるイタリアのテーラーブランドのなかでも、ジャージー素材でジャケットを仕立ててコレクションを展開するという当時の画期的な打ち出しで知名度を獲得したのが「CIRCOLO 1901(チルコロ1901)」だ。生地で遊び心を取り入れながらも、仕立てはあくまでもテーラーメイドがベースという絶妙なバランス感が魅力的。ジャージーのセットアップスーツを探すなら、真っ先に候補に入ってくるブランドのひとつと言えるだろう。肉厚なジャージ生地を使ったこちらのジャージーセットアップは、旬なブラックがモダンな雰囲気を放つ逸品。シェイプのきいたメリハリのあるシルエットが男の色気を底上げする。

商品詳細はこちら

 

ジャージースーツ②「SOLIDO(ソリード) 度詰め鹿の子セットアップ」

ジャージースーツに求めるのはズバり“ラクさ”。伸縮性のある生地によるストレスフリーな着心地はもちろん、タイドアップして畏まるというよりもカットソーのうえにバサッと羽織るだけでアクティブだけど上品に装えるような、休日のコーディネートがラクになるイイ按配のデザインを探しているという方も少なくないのでは。そんな方におすすめのセットアップが「SOLIDO(ソリード)」の鉄板素材である度詰めジャージーを採用したこちら。ドレススタイルの型を崩したスタイルというよりも、カジュアルなスタイルを上品なセットアップスーツに仕上げたようなバランス感が休日の装いにピッタリだ。

商品詳細はこちら

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ