Schott(ショット)のライダースジャケットが誇る3の魅力とは?

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示

2005年には、ニュージャージー州のロウアーイーストから、ニューヨークの玄関口であるニューアーク国際空港の近くにファクトリーを移転。ファクトリーには80余名の職人が在籍し、裁断や縫製などのエキスパートたちが黙々と着実に、流れるようなリズムでレザーに魂を注ぎ込んでいく。大量生産やコンピューター化、自国生産を諦めてアジアに生産地を移すいくつものアメリカブランドがあるなか、Schottは創業当時の製造方法を貫き続けている。ファクトリーには親子三代にわたって働いている職人も。こうしたクラフトマンシップによって、Schottはライダースジャケットを象徴するブランドとしての地位を確立しているのだ。

Schottのライダースジャケットを探す

3/8GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ