ハイテクスニーカーの象徴「Nike Air max(エアマックス)」主要モデルと現在買えるおすすめモデルを紹介!

Share

3ページ以降を表示しています。

元のページを表示

フルレングスビジブルエアを搭載した近未来モデル「エアマックス97(Nike Air Max97)」

その近未来的なデザインから、通称「サイバーマックス」と呼ばれるエアマックス97。デザイナーはクリスチャン・トレッサ―氏で、日本の新幹線の形状と、池に広がる水の波紋から着想を得てデザインされている。エアマックス95では前後にわかれていたビジブルエアは、一体型となりソール外周を覆うように配置。より流線型となったアッパーはレザーとテキスタイルを組み合わせており、マウンテンバイクからインスピレーションを受けたメタリックカラーを採用している。一度は落ち着いたハイテクスニーカーブームに、再び火をつけることとなった一足。

現在、販売中のエアマックス97(Nike Air Max97)のオススメはコレ!

詳細・購入はこちら

独創的な異素材複合アッパーでストリートの注目を集める「エアマックス98(Nike Air Max98)」

メッシュ素材をベースに、随所にレザーパーツを散りばめたアッパーが特徴のエアマックス98。ソールにはエアマックス97同様フルレングスのビジブルエアを搭載し、優れたクッション性を実現している。異素材を組み合わせることで耐久性も優秀なため、ストリートだけでなく動きの激しいスポーツでも愛用できる。

現在、販売中のエアマックス98(Nike Air Max98)のオススメはコレ!

詳細・購入はこちら

圧力を適度に調整したエアクッションを採用「エアマックス プラス(Nike Air Max PLUS)」

1998年に登場したエア マックス プラスは日本でも「マップラ」の愛称で親しまれ、今なおカルト的な人気を誇るモデル。ヒールやアウトソールの中央部に施されたロゴは、このモデルが「Tuned Airクッショニング」を搭載していることを意味する。エアの中に半球状のプラスチック樹脂材を組み合わせたTuned Airクッショニングは、必要な箇所に最適なエアを配置するもので、安定性を得るとともに着地時の衝撃を緩和。メッシュアッパーに施されたラバーのディティールは、風に靡くヤシの木から着想を得たデザインだ。その他にも小ぶりなスウッシュロゴなど、エアマックスシリーズのなかでも独自のセンスが光る。

現在、販売中のエアマックス プラス(Nike Air Max PLUS)のオススメはコレ!

詳細・購入はこちら

大胆なウェーブ状のデザインが目を引く「エアマックス デラックス(Nike Air Max DELUXE)」

1999年にリリースされた、90年代最後のエアマックス。フルレングスビジブルエアのソールユニットなど、エアマックス97をベースに改良が加えられている。アッパーはレイブカルチャー全盛期であった当時の時代背景を反映し、レイブのうねるような音の波とその場の凄まじいエネルギーをヒントにデザイン。素材には耐久性の高いネオプレーンを採用し、長距離のランニングにも対応する機能性を誇る。

現在、販売中のエアマックス デラックス(Nike Air Max DELUXE)のオススメはコレ!

詳細・購入はこちら

4/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ