ハイテクスニーカーの象徴「Nike Air max(エアマックス)」主要モデルと現在買えるおすすめモデルを紹介!

ハイテクスニーカーを象徴する存在と言えば、ナイキの「エアマックス(Air max)」をおいて他にないだろう。90年代の熱狂的なブームはもちろん、今もなお新作やリメイクモデルがリリースされるたびに注目を集めている。今回はナイキの「エアマックス」にフォーカスし、手の届く価格で買えるオススメモデルを紹介!

スポンサーリンク

ハイテクスニーカーの象徴!世界で初めてビジブルエアを搭載したナイキ「エアマックス(Air max)」

ナイキが初代エアマックスを発表したのは1987年3月。ソールにビジブルエアを搭載したシューズとしてリリースされた。ビジブルエアとは、「外から見えるエア設計」のことを指す。もともとミッドソールにエアを注入するシステム自体は、1970年代後半に開発されナイキのランニングシューズに搭載されていた。しかし当時のシューズには、カカトに体重がかかった際にエアバッグの圧の逃げ場がない点が懸念されていたのだ。この問題を解決したのが、デザイナーのティンカー・ハットフィールド(TINKER HATFIELD)氏。パリにあるポンピドゥーセンターの「外から中の構造がみえている」という建築デザインからインスピレーションを受け、ビジブルエアを開発する。

61JliX-4n8L._UL1200_

詳細・購入はこちら

ミッドソールに設けられたウインドウから、エアバッグの圧が適度に逃されることに。今まで以上のエアが充填できるようになったことから「マックスエアクッショニング」と呼ばれるエアソールを搭載した「エアマックス」が誕生したのだ。エアを履くだけでなく、視覚でも楽しめるという斬新なデザインから、バスケットボールをはじめとするスポーツ市場で大成功を収める。さらに90年代にはストリートも席巻。1995年に登場したエアマックス95は、日本でも「エアマックス狩り」などの社会問題を起こすほど爆発的な人気を誇った。現在においてもエアマックスの人気は衰えることを知らず、リリースされる新モデルや別注モデル、リバイバルモデルはスニーカーヘッズの注目の的となっている。

ao2924-004-1

詳細・購入はこちら

ちなみに初代エアマックスがリリースされた3月26日は「エアマックスデー」とされ、世界各国でエアマックスの生誕を祝うイベントを開催。エアマックスデーの企画から誕生した特別モデルが例年商品化され、話題を集めている。

2/5GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ