メンズ ベリーショート ヘアスタイル特集!男らしいクールな髪型31選&スタイリング方法を解説

Share

数あるメンズヘアスタイルのなかでも、清潔かつ爽やかに見えるベリーショートヘアは、世代問わず万人受けするスタイルだ。スタイリングもしやすく、ナチュラルに男らしさを演出できるのも大きな魅力。また、ベリーショートは頭の形がはっきりと分かってしまうと思われがちだが、繊細なグラデーションカットや額のカバーで頭の形を補正してくれる効果がある。今回はそんな大人の男をかっこよく魅せるベリーショートヘアを31選と、さらにおすすめのスタイリング方法も紹介。

スポンサーリンク

スーツ姿に似合う、大人な印象のツーブロックベリーショートはヒゲとの相性も◎

襟足もサイドもすっきりと刈り上げて、ひと際清潔感を打ち出したツーブロックのベリーショートスタイルはスーツスタイルによく似合う。爽やかさ溢れる短めのカットは、ワイルドなヒゲと合わさるとバランス感が秀逸な仕上がりに。カットで毛流れや束感を作ってあるのでスタイリングも簡単。

▶︎スタイリングのポイント

タオルドライ後、根元を軽くブローする。ベリーショートスタイルは短いドライヤー時間であっという間に乾ききってくれる。オーバードライは髪の痛みやパサツキに繋がるので注意。ワックスを全体に揉み込み、後ろから前へ流すようにスタイリング。バングは横に流し、浮かないように撫で付けたら完成だ。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「MEUVLE(ミューヴル) ジェリーワックス G6」

詳細・購入はこちら

おしゃれなパッツン前髪のベリーショートスタイルはひと味違った個性を演出できる

毛先を厚めに残し、前髪も切りっぱなしにすることでモードな印象を与えるベリーショートスタイル。サイドは短めに刈り上げることでメリハリを。骨格がキレイに見えるよう部分的に長さを調節した技ありカットで野暮ったい印象とは無縁のヘアスタイルに。クセ毛が気になる場合には縮毛矯正をかけると扱いやすくなる。

▶︎スタイリングのポイント

ドライ後、ワックスをつけて散らすようにセットするだけでOK!ハードワックスなどキープ力のあるスタイリング剤を使い、アップバングにアレンジするとビシッとしたオールバックスタイルに変化する。気分や服装に合わせて雰囲気を変えられるので、個性的なカットでも飽きずに楽しめるはずだ。

 

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「LIPPS(リップス) マット ハードワックス」

詳細・購入はこちら

毛流れを強調したタイトなスタイリングでソリッドな印象のベリーショートスタイルに

額を出してサッパリと仕上げたベリーショートヘアは、後ろから前へと毛流れを意識したスタイリングでソリッドな印象に。正面はもちろん、横から見ても後ろから見ても死角なしなヘアスタイルで周囲と差がつくはず。スタイリング次第で真面目な印象を強めることもできるのでビジネスシーンにも好適。

▶︎スタイリングのポイント

ざっくりと乾かしたらワックスやジェルを毛先中心に揉み込み、トップにはボリュームを持たせつつサイドはタイトに。最後に毛流れを整えれば完成だ。前髪のクセが気になる場合は、ストレートアイロンで伸ばすと仕上がりがキレイに。オールバックスタイルにも向いているので、フォーマルな装いの際にはカッチリとキメたい。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「Milbon(ミルボン) ジェリーH」

詳細・購入はこちら

ベリーショートヘアのサイドを刈り上げてトップの無造作っぽさを強調!

昨今のオシャレのキーワードとして挙げられる“無造作感”を体現するなら、毛先をラフに散らしたスタイリングがおすすめ。そして、それを一際目立たせるならサイドを刈り上げてメリハリをつけるのが効果的。もし染髪してもOKなら、毛先にカラーやブリーチを施して動きを強調すると一段とラフな印象に。

▶︎スタイリングのポイント

前髪を立ち上げやすくするために根本からブローするのが上手なヘアセットを叶えるコツ。全体が乾いたら、ハードワックスを手のひらに伸ばして無造作に髪を動かし、立体感を演出していく。前髪にスタイリング剤がつきすぎるとペタッとなってしまうので要注意。アクセントをつけるようにポイントずつ毛束をまとめてスパイキーに仕上げると完成度がグッと高まる。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「OCEAN TRICO(オーシャントリコ) ルーズ×キープ ヘアワックス」

詳細・購入はこちら

テーパーフェードをきかせたベリーショートヘアで精悍な顔つきに

襟足をサイドを刈り上げ、グラデーションカットに仕上げて精悍なヘアスタイルに。ともするとイカつくなってしまいがちだが、テーパーフェードをきかせることでハード過ぎない印象にまとめているのがポイント。重さが出ない軽やかなヘアスタイルゆえ、毛量が多くて悩んでいる方におすすめ。

▶︎スタイリングのポイント

ドライ後に髪全体にジェルやポマードなどツヤ感の出るスタイリング剤を馴染ませ、トップにボリュームが出るようにセットする。サイドはタイトにまとめ、立体感のある理想的なシルエットを再現。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「BENJAMIN(ベンジャミン) STRONG HOLD」

詳細・購入はこちら

ひし形シルエットで顔型補正が可能!ビジネスマンにも人気のベリーショートスタイル

後頭部は丸みが出るようにカットしているので、絶壁でお悩みの方もキレイなフォルムを再現できるヘアスタイル。サイドと襟足はスッキリと仕上げ、トップはボリュームを残し頭の形がきれいに見えるひし形シルエットに。ナチュラルな印象のベリーショートスタイルは大人らしさとカジュアルな印象を与える。

▶︎スタイリングのポイント

スタイリング剤を手のひらに伸ばし、髪全体に塗布して最後に毛先の束感を整える。使用するスタイリング剤を選ばないヘアスタイルだが、ジェルワックスを使って少しウェット感を出すとイマドキらしく仕上がる。直毛で髪が立ちやすい部分がある場合にはハード系のワックスで抑えつけるように仕上げるとキマりやすい。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「ARIMINO(アリミノ) フリーズキープ」

詳細・購入はこちら

ハチ張りでお悩みの方におすすめ!頭でっかちに見えないベリーショートヘアスタイル

日本人の多くの骨格は、外国人と比べると頭頂部に高さがなく、ハチが張っているのが特徴。髪型によっては頭が大きく見えるため、どんなヘアスタイルにするか悩むこともあり、とくにベリーショートヘアだと頭の形が浮き彫りになるからか敬遠しがち。そんな諸兄に提案したいのが、こちらのヘアスタイルだ。サイドはグラデーションカットに仕上げ、前髪やトップには長さを残してボリューム感を演出。頭頂部に丸みを持たせた髪型ならハチが目立たず、かつシュッとして見えるはずだ。

▶︎スタイリングのポイント

前髪やトップなど長さを残した部分にはヘアミストなどで毛先に水気を与え、ややウェッティな状態からスタイリングを開始していく。水性グリースやジェルワックスなどツヤ感のあるスタイリング剤を全体に馴染ませ、ボリュームが出るように根本は立ち上げつつ毛先は寝かせるのがポイント。頭の形が丸く見えるようにセットすればハチが気にならないヘアスタイルの完成だ。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「BABLO POMADO(バブロポマード) 水性グリース」

詳細・購入はこちら

髪質も問わない!時短スタイリングが叶うベリーショートヘア

ミディアムやロングヘアに比べ、スタイリングに時間を割かなくて済むというのもベリーショートヘアの強み。そんな魅力を存分に享受できるのがこちらのヘアスタイルだ。硬毛や軟毛、髪の量などに左右されないヘアスタイルゆえ、髪質が原因でヘアスタイル選びに迷っている方にもおすすめ。また、ホットワードとなっているフェードカットも取り入れているのでイマドキな雰囲気も獲得できる。

▶︎スタイリングのポイント

全体的にかなり短めのスタイルなのでドライなしでも◎ 濡れた状態でそのままジェルやワックスをつけ、毛流れを整えるだけのたった1分でキマるスタイリングは、忙しい生活を送るビジネスパーソンにも好適だ。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「Loretta(ロレッタ) ハードゼリー」

詳細・購入はこちら

クセ毛を生かしてアーバンサーフ風に仕上げたベリーショートヘアスタイル

日本人のクセ毛の割合は7~8割とも言われるが、好みのヘアスタイルが作りづらいなどのコンプレックスを感じている方も少なくないだろう。そこで縮毛矯正などをかけて解決するのもアリだが、クセ毛を生かしたヘアスタイルに挑戦してみるのもおすすめだ。たとえば、こちらの髪型のように大胆に刈り上げてメリハリをつければクセ毛の動きが強調されて、どこかアーバンサーフ的なオシャレな雰囲気に。髪の長さを残した部分で分け目をつくりスタイリング剤で毛流れをつくるだけのスタイルゆえ、天パのようにクセの度合いが強くてもサマになりやすいのが魅力だ。

▶︎スタイリングのポイント

コームで髪を梳かしながらブローをして毛流れをあらかじめ作っておくのがポイント。あとはスタイリング剤を全体に馴染ませて、毛流れと毛束感を意識しながらヘアセットすれば完成だ。クセ毛の主張が強い場合、マットかつハードなワックスを使うと毛のバサバサ感が目立ってしまうので、滑らかで柔らかめなスタイリング剤を使うのがおすすめ。一段とまとまり感を出すなら、指滑りをよくするヘアオイルをヘアセット前に使っておいたり、少し水気が残った状態からスタイリングを開始すると高精度に仕上がる。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「DEMI(デミ) UEBO DESIGN CUBE」

詳細・購入はこちら

パーマで立体的な毛流れを表現した次世代ベリーショートスタイル

直毛かつ硬毛でなかなか言うことを聞いてくれない髪質には、パーマをあてて動きやボリューム感をつけるのがおすすめ。頭の形に丸みをつけられ、ベリーショートヘアでも絶壁やハチ張りをカバーできるのも嬉しい限り。また、パーマがかかっているのでセットも楽ちんだ。

▶︎スタイリングのポイント

パーマの動きを再現するために少し水気を与えるのが大事なポイント。ジェルやグリース、ジェルワックスなどを馴染ませてサイドに流すようにセットするだけで完成だ。髪の量によっては使うスタイリング剤次第でボリューム感が損なわれてしまうので、様子を見ながらスタイリング剤を足していくとキマりやすい。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「Loretta(ロレッタ) Deivil Gel Wax7.0」

詳細・購入はこちら

2/11GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する