健やかな髪の毛を育むなら、育毛トニックを使うべし!おすすめ製品や選び方も併せて紹介

Share

健やかな髪の毛を育むためには、1本1本の毛に栄養を行き渡らせる頭皮の環境を整えることが重要だ。そんな“土壌”とも言うべき頭皮に栄養や潤いを与えるなら、育毛トニックが欠かせない。今回は、そんな「育毛トニック」にフォーカスし、選び方からおすすめの製品まで一挙に紹介していく。

スポンサーリンク

育毛トニックとは?

育毛トニックは「ヘアトニック」に分類されるアイテムの一つで、抜け毛やフケ予防に特化しているのが特徴だ。医薬部外品であるため頭皮の炎症や毛髪環境を整える効果が期待でき、健やかな毛髪を維持するのに役立ってくれる。化粧水を意味するトニックという言葉が付けられている通り、サラリと水のようなテクスチャーなのもポイント。不快感を与えない使い心地だから、これまで頭皮ケアの習慣がなかった男性でも取り入れやすいはずだ。

育毛トニックを探す

育毛トニックと育毛剤との違いとは?

育毛剤は育毛トニックと同じく医薬部外品の頭皮・ヘアケアアイテムである。両者の違いは「有効成分」の量。育毛トニックは配合する育毛成分が3~5つなのに対し、育毛剤は10~20種類を配合。一見育毛剤の方が良いと感じるかもしれないが、予防であれば育毛トニックで十分だ。さらにトニックの方が価格がリーズナブルなため、育毛初心者でも手に取りやすい。

育毛トニックの選び方!3つのポイントを要チェック

ここからは育毛トニックの選び方を解説する。3つのポイントを押さえるだけで理想のアイテムに出会えるから、アイテム選びの参考にしてほしい。

育毛トニックの選び方①「育毛・発毛促進ができる成分は入っているか?」

成分は育毛トニックを選ぶ上で最も大切といっても過言ではない部分だ。育毛・発毛を促進する成分が入っていれば、年を取ってもふさふさの状態を維持できる。人気の有効成分といえば、センブリエキス・アデノシン・ニコチン酸アミド・パントテニルエチルエーテル・メントールなど。有効成分ではないが、ミノキシジルも注目のケア成分だ。

育毛トニックの選び方②「炎症やかゆみケアできる成分も忘れずに」

頭皮は体の中で最も太陽から近く、紫外線や外的刺激の影響でバリア機能が乱れている可能性も。グリチルリチン酸やジフェンヒドラミン塩酸塩などの頭皮トラブルを予防する成分を選べば、ハリコシのある毛髪を育てることができる。頭皮は自分では見えない部分のため、少しの炎症であれば見逃してしまうこともある。日頃から予防として抗炎症成分を取り入れることが、健やかな状態で過ごす大きなポイントと言えるだろう。

育毛トニックの選び方③「使い方を事前にチェック!容器の形状に注目しよう」

育毛トニックは液体状のため、髪が長いメンズは頭皮へ塗布するのが難しい。細いチューブタイプで頭皮に直接垂らせるものや、スプレータイプなど種類は様々。自分のヘアスタイルと使いやすい形状を見極めて購入すると、毎日のケアもストレスを感じずに続けられるだろう。

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する