一日に摂取すべきタンパク質量は?おすすめの食材やプロテインも併せて紹介

Share

2 ページ以降を表示しています。

元のページを表示
一日に摂取すべきタンパク質量は?おすすめの食材やプロテインも併せて紹介

2 ページ以降を表示しています。

目次を表示

タンパク質を多く含む食材7選!

ここからはタンパク質が豊富な食材を紹介する。タンパク質以外にも豊かな栄養素が含まれているか、そして取り入れやすいかといった視点も考慮して選んでいるので、ぜひ参考にしてほしい。

高タンパク質 食材①「鶏肉」

高タンパクな食材と聞いて、鶏肉を最初に思い浮かべる方は多いだろう。実際にトレーニーやダイエッターの多くの方が優先的に摂取しており、非常に高い人気を誇っている。とくに人気の部位は胸とささみで、皮を取り除けば低脂質に抑えられるのが魅力的だ。ちなみに胸やささみのパサつきが気になる方はもも肉でもOK。もも肉は脂っぽいイメージがあるかもしれないが、皮を取り除けば大した脂質量にならないので、好きなように食事を楽しもう。

鶏肉を探す

高タンパク質 食材②「牛肉」

筋トレでパワーを使う方にはクレアチンが豊富な牛肉がおすすめ。牛肉の赤身は鶏肉同様高いタンパク質含有量で、100gあたりのタンパク質は20g以上になる。赤身はヒレやもも、ランプなどの部位で脂肪が少ないので、火を入れすぎないように焼いたりローストビーフにしたりして食べるのがおすすめだ。

牛肉を探す

高タンパク質 食材③「豚肉」

高タンパク質かつビタミンB群が豊富な豚肉もおすすめ。ビタミンBは疲労回復やタンパク質の代謝に欠かせないので、とくに筋トレしている方にピッタリだ。もし豚肉を食べる場合は、脂肪を取り除いたロースやもも肉、ヒレ肉を選ぶと効率的にタンパク質を摂取できるだろう。鶏肉に飽きた方や牛肉より費用を抑えたい方にベストマッチだ。

豚肉を探す

高タンパク質 食材④「マグロやカツオ等の赤身魚」

肉類と同様に、魚も動物性タンパク質が豊富。とくにマグロやカツオなどの赤身は100g以上20g以上のタンパク質が含まれているのでおすすめだ。また魚全般に言えることだが、良質な脂質も豊富に含んでいるのも魅力の1つになる。

マグロを探す

高タンパク質 食材⑤「ホタテ」

ホタテの貝柱をおすすめするトレーニーが多いのはご存知だろうか。100gあたり約14gのタンパク質が含まれている点と、アミノ酸の一種であるタウリンが豊富なのが人気の秘訣。栄養ドリンクでもお馴染みのタウリンは、血中コレステロールや血圧を低下させたり、脳卒中や心臓疾患などを予防したりする効果が期待できる。ホタテはコストがかかりやすいので、もし出費を抑えたい場合はベビーホタテを選ぶのもいいだろう。

ホタテを探す

高タンパク質 食材⑥「大豆製品」

植物性タンパク質で圧倒的におすすめなのが大豆。手軽に購入できて食事に取り入れやすい食材は、納豆や豆腐、湯葉などが挙げられる。タンパク質のクオリティの高さを表すアミノ酸スコアは動物性には敵わないが、食物繊維やその他の成分が豊富なので合わせて取り入れるといいだろう。ちなみに豆腐は絹より木綿豆腐が高タンパク質だ。

大豆製品を探す

高タンパク質 食材⑦「卵」

完全栄養食とも呼ばれる卵は質の良いタンパク質はもちろん、他の栄養素もタップリ詰まっているのが魅力的。また値段が安くて食べ方が豊富なので食卓に取り入れ続けられやすいのも人気の秘訣だ。卵のタンパク質は白身の部分に多く含まれており、半熟の状態がタンパク質の吸収に良いと言われている。

卵を探す

3/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する