国内&海外の主要サプリメントメーカーは?それぞれの違いも解説!

Share

サプリメントに興味があるまたは、現在使用している諸兄はその製造元のメーカーに注目したことがあるだろうか?実は同じ栄養素の摂取を目的としたサプリメントでも、製造しているメーカーによって品質は違ってくる。今回はサプリメントを製造している主要メーカーを国内と海外に分けて紹介!

スポンサーリンク

国内と海外のサプリメントメーカーの違いは?

国内と海外のサプリメントメーカーは品質や商品のラインナップ、価格が大きく異なるので、購入する前にその違いについて知っておきたいところ。基本的に海外の主要なサプリメントメーカーは、サプリメント先進国とも称される“アメリカ”に集中しているため、主にアメリカのサプリメントメーカーと比べてみると違いが分かりやすい。ちなみに「海外のサプリは危険だ」と思われがちだが、それは全くの誤認だ。とはいえ、国内サプリメントよりも成分の含有量が多いため、摂取量を誤ってしまうと不調をきたすケースも見られるため、注意しておきたい。

アメリカのサプリメントは実は安全性が世界一高い!?

日本のサプリメントが食品の延長線上にあるのに対し、アメリカのサプリメントは医療品と食品の中間にあたる独自の立場として扱われている。また、アメリカではFDAという日本の厚生労働省にあたる機関がGMP(適正製造規範)を設定しており、このGMPを取得したサプリメントのみを流通させているが、取得するまでに様々な審査を受けなければならないため、必然的に製品の安全性が高いサプリのみが流通する仕組みとなっている。ちなみに、アメリカのサプリメントは含まれている全成分の開示が法的に義務づけられているので、アレルギーや宗教上の理由がある方でも安心して使用できるのもメリットだ。

購入のしやすさや飲みやすさなら国内メーカー!

海外のサプリメントは日本人用に作られているわけではないので「体に合わない」あるいは「サプリメントの粒が大きい」という意見は少なくない。その点、国内で製造されているサプリメントは飲みやすいよう配慮して作られている。実は国内のサプリメントはアメリカで行われた研究を参考にして作られている商品がほとんどである。そのアメリカの恩恵を受けているだけあって、安全性は保障されているのが国内産のサプリメントだ。しかし日本はアメリカのようなGMP基準が義務化の取得や全成分表記が義務化されていないため、何がどれくらい入っているか分からない商品が多いということは覚えておきたい。

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ