コートvsダウン!二大アウターをイマドキに着こなす6つのカギとは

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示

ダウンジャケットはシティとレジャーどちらも使えて当たり前!?高機能かつ洗練されたデザインが続々と登場中

冬アウターのなかでもピカイチの防寒性の高さから、アウトドアレジャーシーンはもちろんのことカジュアルシーンでも定番的な人気を博してきたダウンジャケット。さらに昨今では、テーラードジャケットの上にダウンジャケットを羽織ったビジネススタイルも徐々に一般化するなどダウンジャケットのプレゼンスは高まる一方。そんな背景もあり今シーズンは、レジャーシーンに最適なハイスペックだけでは終わらない、シティユースにも違和感なく使える洗練デザインのダウンジャケットが豊富に展開中だ。今季はハイスペックな洗練ダウンジャケットを取り入れて、日常の様々なシーンでぜひ活用していきたい。

洗練ダウンジャケットをイマドキに装うカギ①「モノトーンのアーバンスポーティなダウンジャケットスタイルにトレンドカラーのスパイスをプラスして装いを格上げ」

本格的なアウトドアジャケットの水準をクリアしたハイスペックなダウンジャケットに、光沢感のあるテーパードシルエットのスウェットパンツを合わせたアーバンスポーツコーデ。インナーにトレンドカラー”ボルドー”のニットをセットすることによって、イマの気分にフィットする洒脱な装いにアップデート。インナーに取り入れた白Tシャツをチラ見せして重見えしないように装うのもおすすめ。

アズテック マウンテンのダウンジャケット 14万8000円,アルテアのニット 3万6000円,H.I.P. バイ ソリードのパンツ 2万5000円(阪急メンズ 東京 サードスタイル 03-6252-5438,阪急メンズ 大阪 サードスタイル 06-6313-8685) ディエメのスニーカー 3万2000円(阪急メンズ 東京 紳士靴売場 03-6252-5276)

ダウンジャケットのココが高機能かつ洗練ポイント!「本格水準のスキーウエアにデザイン性を持たせたダウンジャケット」

こちらのダウンジャケットは、2013年にアメリカにて誕生したアズテック マウンテンが展開する象徴モデル「NUKE SUIT」と呼ばれるもの。最高のスキーウェアを作りたいという思いから完成したダウンジャケットなだけあり、本格的なアウトドアダウンジャケットの水準である耐水圧2万mmを誇るなど、スキーウェアに背景を持つブランドならではのスペックを備えている。アクネ・ストゥディオズのウィメンズを手掛けていた元ヘッドデザイナーも参画しているため、スペックのみならず、カラーリングや機能美を表現したパターンワークも秀逸だ。シームレスのダウンパックで羽毛量を調整しながら、直線的で立体感のあるシルエットを実現した絶妙なバランス感覚は、アウトドアはもちろんシティユースにも対応可能な汎用性の高さを誇る。

洗練ダウンジャケットをイマドキに装うカギ②「ダウンジャケットを旬なスーツ×スニーカースタイルに合わせて現代的こなしに」

スーツにスニーカーを合わせたドレカジスタイルをよりスポーティに仕上げるなら、ダウンジャケットのチョイスは有力な選択肢だ。例えば、都市生活における快適性とデザインを追求したコレクション「アークテリクス ヴェイランス」のダウンジャケット。高水準のスペックを誇りながらも、外見は無駄な装飾を削ぎ落とした洗練デザインを実現しているため、アウトドアブランドならではのアクティブ感をまといながらも、すんなりとドレスアイテムにも馴染む。

アークテリクス ヴェイランスのダウンジャケット 18万円※ポップアップ イベント期間中の購入者には先着限定ノベルティをプレゼント,ソリードのジャケット、同パンツ 5万2000円、2万5000円,スリードッツのカットソー 1万円(阪急メンズ 東京 サードスタイル 03-6252-5438,阪急メンズ 大阪 サードスタイル 06-6313-8685) ザノーネのニットキャップ 1万5000円(阪急メンズ 東京 サードスタイル 03-6252-5438)パント フォラドーロのスニーカー 4万円(阪急メンズ 東京 紳士靴売場 03-6252-5276)

ダウンジャケットのココが高機能かつ洗練ポイント!「最高品質の機能的マテリアルで表の装飾を削ぎ落としたミニマルデザインを表現」

ダウンパックは内側にセットすることによって、外見はスマートなシルエットを実現しながら抜群の保温性を実現。ダウンは、700フィルパワー以上あれば高品質とされる基準を遥かに上回る850フィルパワーのものを採用しているのも高ポイントだ。表の生地は撥水、遮風、透湿に優れた3層のゴアテックスプロを使用しているため、外出時にちょっとした雨に打たれても安心して着用可能。

洗練ダウンジャケットをイマドキに装うカギ③「ジャケットの裾が隠れる絶妙なサイズ感のダウンジャケットでタイドアップしたドレスシフトのスタイルにも対応!」

ジャケパンスタイルをはじめとしたビジカジの装いにダウンジャケットを合わせる場合は、テーラードジャケットの裾が隠れるレングスをチョイスするのがベター。さらに長すぎず、短すぎない絶妙な丈感に調整されたダウンジャケットは、オンオフ兼用可能な主役アウターとしての役割を担うのにふさわしい。そんな万能ダウンジャケットが阪急メンズ限定別注として販売中。それがタトラスのアーカイブモデルであるミドル丈のダウン「BIONDI」に、今季の素材「MAC」を乗せかえたこちらのモデルだ。上品でマットな光沢感を備えているため、ドレスアイテムとの相性良し。スーツに合わせるのはもちろん、シャンブレーシャツやチェック柄ジャケットなどで少し遊びを加えたジャケパンのこなしにもすんなりとフィットする。

タトラスのダウンジャケット 11万8000円※ポップアップ イベント期間中の購入者には先着限定ノベルティをプレゼント,ラルディーニのジャケット 11万円,ジャブス アルキヴィオのパンツ 2万8000円(阪急メンズ 東京 サードスタイル 03-6252-5438) ジャンネットのシャツ 2万5000円(阪急メンズ 東京 サードスタイル 03-6252-5438,阪急メンズ 大阪 サードスタイル 06-6313-8685) クスカのタイ 1万6000円(阪急メンズ 東京 ネクタイ売場 03-6252-5272) パラブーツの靴 6万8000円(阪急メンズ 東京 紳士靴売場 03-6252-5276)

ダウンジャケットのココが高機能かつ洗練ポイント!「ハリ感のある高密度の化繊ファブリックでつくるドレス顔のラグジュアリーなルックス」

MACという新素材は、スーパーマルチ糸を使用し高密度に織ることで、ほどよいハリ感を実現したマテリアルだ。MACの素材がカジュアル感をほどよく抑えてくれるため、よりスタイリッシュにダウンジャケットを着用可能。深みのあるダークトーンの発色がほどよいドレス感をプラスしてくれる。ラグジュアリーなムードを高めるボリューミーなファーデザインも◎

3/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ