ベイカーパンツ コーデ特集!骨太なメンズ着こなし&おすすめアイテムを紹介

Share

フロントやバックに外付けのポケットが設けられたワークパンツで、米軍が作業用として採用していたファティーグパンツの原型として知られる「ベイカーパンツ」。日本では、パン職人(ベイカー)が履いていたという言説が多く見受けられるがその真偽は定かでなく、海外では一般的に実用的なパンツを意味する「UTILITY PANTS(ユーティリティーパンツ)」や、作業パンツを意味する「FATIGUE PANTS (ファティーグパンツ)」と呼ばれていることから、”ベイカーパンツ”は日本人がイメージしやすいよう用途に関係なくつけられた和製英語という説が有力だ。今回はそんな「ベイカーパンツ」にフォーカスし、注目の着こなし&おすすめアイテムを紹介!

スポンサーリンク

オリーブグリーンのトーンオントーンでまとめたシャツジャケットとベイカーパンツのコーディネート

シャツジャケット、Tシャツ、ベイカーパンツをオリーブグリーンのトーンオントーンでまとめたメンズコーデ。ミリタリー感満載の作業着スタイルを表現しながら、素足履きしたブラウンローファーで街馴染みさせた着こなしだ。オーバーサイズとまではいかないまでも、ゆったりとしたシルエットのアイテムのチョイスが今っぽい。

GUNG HO(ガンホー) ベイカーパンツ

詳細・購入はこちら

シルエットでメリハリを効かせたジレ×ベイカーパンツのコーディネート

バンドカラーの白シャツとくすんだブルー系のストライプジレ、ワイドレッグのカーキベイカーパンツを組み合わせ、シルエットでメリハリを効かせたコチラの御仁。足元の素足履きしたブラウンスエードローファーでこなれ感を演出し、ドレスとカジュアルのミックスを大人っぽい印象となる好バランスでまとめた着こなしに。コチラのスナップのような薄手のリップストップやコットンツイルを使ったベイカーパンツなら、快適な着心地で春夏コーデにもってこい。

GUNG HO(ガンホー) ベイカーパンツ

詳細・購入はこちら

2/6GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する