Dickies(ディッキーズ)の名作ワークパンツ「874」の注目すべき3つの特徴とは

Share

Dickies(ディッキーズ)の「874」といえば、長きにわたって愛される名作ワークパンツ。タフなカジュアルパンツで幅広いコーディネートに対応できる1本だ。今回はディッキーズの「874」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

ファッショニスタも多く愛用するUSAワークブランド「Dickies(ディッキーズ)」とは?

ディッキーズは1918年に設立されたアメリカのブランド。共同創業者であり、いとこ同士であるC.N.ウィリアムソン(C.N.Williamson)とE.E.ディッキー(E.E.Dickie)が、数人の仲間たちとテキサス州フォートワースにU.S.オーバーオール社を設立したのがはじまりだ。1922年には社名を”Williamson-Dickie Manufacturing Company”と変え、現在のDickiesが誕生した。2人は全米各地の「働く現場」を回り、農夫や鉱夫などそれぞれの仕事に必要な作業着の特性を調査。労働者のニーズに合わせてさまざまな工夫が施されたアイテムを製造し、またたく間にアメリカ全土へ浸透していった。第二次世界大戦中は政府の要請を受けて、アメリカ陸軍のために900万着以上の制服を生産。その間も物作りへのこだわりが途切れることはなく、大戦後には地元テキサスの石油労働者向けに、今なお世界で最も愛されるワークパンツ「874」を作り出した。

Dickiesのアイテムを探す

1960年にはカリブや南米にも生産拠点を展開。1970年代末には、アメリカのワークウェア界のニーズを独占するほどに成長を遂げる。80年代になると、アメリカに自由で開放的な空気が流れ始め、ディッキーズのアイテムをワークウェアとしてでなくファッションとして着用するというニーズも。現在はヨーロッパ、アジア、南米、アフリカなど世界110ヵ国以上でDickiesブランドのアイテムが展開されている。

Dickiesの代名詞とも言えるワークパンツ「874」

「874」は、ディッキーズのアイテムのなかでも大定番として知られるワークパンツ。1923年に生産をスタートしたKHAKI(カーキ)パンツがその原型だ。第二次世界大戦を経て兵役を終えた人々がアメリカに戻り始めるとワークウェアの需要が高まり、地元テキサスの石油労働者向けに売り出されたカーキのワークウェアがヒット商品に。テキサスの労働者たちは赴任先の中東などでもカーキを愛用したことで、ディッキーズのアイテムが世界各地へと浸透するきっかけとなった。そして1967年に「874」ワークパンツを発表。“労働者の声を聞く”というディッキーズのアイデンティティーから生まれたこのパンツは、丈夫で汚れにくくどんな体型の人にもフィットすることから爆発的にヒットした。世界各地の労働現場へと広がっていき、90年代には全米にストリートカルチャーのブームが到来。西海岸のスケーターたちが丈夫で価格も手ごろな「874」を愛用したことで、各分野のアーティストへも浸透していった。人気は日本や世界各地のカルチャーシーンへと飛び火し、ワークウェアとしてだけでなくファッションアイテムとしての不動の地位も確立している。

Dickies「874」を探す

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ