ピンクTシャツ コーデ特集!定番とはひと味違う色味でこなれ感を演出した着こなし&アイテム紹介

決して主張し過ぎることなく、甘くフェミニンなニュアンスをコーデにプラスするピンクTシャツ。肌色に近いトーンを抑えた色味は奥ゆかしさの中にマイルドな雰囲気を醸し、ビビッドな色味は若々しさと艶っぽさを演出する。今回は「ピンクTシャツ」にフォーカスし、注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

ニット素材のピンクTシャツに白パンツを合わせた爽やかな夏コーデ

リブディテールをあしらったニット素材のピンクTシャツは、キュッと締まった袖口と裾がフェミニンな雰囲気を際立たせる優れモノ。こちらの御仁は、そんなリブディテールをあしらったピンクTシャツにくるぶし丈のホワイトパンツを合わせ、ほどよい甘さと爽やかさをミックスしたキレイめな夏コーデに。くすんだ色味のグレースニーカーをセットした落ち着きのある足元で、シンプルな着こなしを大人の雰囲気にまとめている。

黒無地のサングラス、ピンク無地のTシャツ、ベージュ無地のテープベルト、白無地のチノパン、グレーローカットのスニーカー、黒レタードのトートバッグを合わせた春夏秋のメンズコーデの着こなし。

DRUMOHR(ドルモア) ピンクTシャツ

DRUMOHR(ドルモア)ピンクTシャツ

詳細・購入はこちら

肌色に近い淡いトーンのピンクTシャツとアーシーな色味のベージュパンツでコーデをナチュラルな印象に

ひとくちにピンク色と言っても、ダスティーなベージュ系の色味からビビッドなマゼンダ系の色味までその種類は様々で、与える印象も千差万別。一般的にくすんだ色味のピンク色は肌馴染みが良く落ち着いた雰囲気を演出し、上品で奥ゆかしい印象を与える色として知られている。こちらのコーデは、肌色に近い淡いトーンのピンクTシャツとアーシーな色味のベージュパンツを合わせて、ナチュラルでマイルドな印象に。こんな色味のピンクTシャツであれば、甘さや派手さを感じることなくコーディネートに取り入れやすい。

オレンジ無地のサングラス、ピンク無地のTシャツ、ブラウン無地のレザーベルト、ベージュ無地のチノパン、黒プレーントゥの革靴を合わせた春夏秋のメンズコーデの着こなし。

ASPESI(アスペジ) ピンクTシャツ

ASPESI(アスペジ)ピンクTシャツ

詳細・購入はこちら

ピンクTシャツとウエスト位置を落とし気味に穿いたピンクショーツでコーデを甘辛テイストに

色味を合わせたドロップショルダーのピンクTシャツに膝丈のピンクショーツ、黒レザーのスタッズベルトとアッパーを巻き込むように配されたジッパーが特徴のアンクルブーツを合わせたコーディネート。ウエスト位置を落とし気味に穿いたピンクショーツに着丈長めのピンクTシャツをたるませる感じでタックインし、ヤンチャ感のある着こなしに。エッジのきいたベルトとブーツを合わせることで、夏コーデを甘辛テイストに仕上げている。

無地のサングラス、ピンク無地のTシャツ、黒無地のレザーベルト、ピンク無地のショートパンツ、黒その他のブーツを合わせた夏のメンズコーデの着こなし。

ASPESI(アスペジ) ピンクTシャツ

ASPESI(アスペジ)ピンクTシャツ

詳細・購入はこちら

2/5GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ