足が臭う原因とは?対策方法からニオイ消しにおすすめのアイテムまで紹介

Share

靴や靴下を脱いだときに気になるのが足のニオイ。友人の家にお邪魔したり、座敷の居酒屋に行ったときに足の臭いが気になって十分楽しめない、なんてことを防ぐためにもしっかり対策を講じておきたいところ。そこで今回は足が臭う根本の原因から対策方法、ニオイ消しに効果的なアイテムまで一挙に紹介。

スポンサーリンク

足のニオイの主な原因は雑菌の繁殖!

顔や手のひらなど、身体中どこにでも常在菌は存在しているが、それらが繁殖すると悪臭を生じる。足にもともと潜んでいる常在菌が汗や皮脂、古い角質などを餌として繁殖すると、あのツンとするようなニオイを発するのだ。

とくに汗腺が集中している足の裏は1日に約コップ1杯半もの汗をかくと言われており、しかも他の部位に比べて角質が厚いため常在菌にとっては餌の宝庫。また、靴を長い時間履いていると高温多湿状態になり雑菌が繁殖しやすくなる。

疲労やストレスも足のニオイの原因に!

いくら入念にケアしていてもニオイが気になる…という場合は疲労やストレスが原因の場合も。“疲労臭”と呼ばれるもので、心理的あるいは肉体的ストレス、疲労によって肝臓の機能が低下すると血液中のアンモニア濃度が上がり、皮膚から放散されて刺激臭になると言われている。これらは動物性タンパク質の摂り過ぎによっても起こるので、食生活も気をつける必要があるだろう。

足のニオイ対策に取り入れたい5つの方法を紹介!

ここからは足のニオイケアに効果的な方法を紹介。今日から実践できるものもあるので、ぜひチェックしてみてほしい。

足のニオイ対策①「足を清潔にするのはマスト!」

主な原因である雑菌の繁殖を防ぐためにも、古い角質や汚れをしっかりと落とすのが大事。足の皮は厚く硬いので、湯船に浸かるか桶にお湯を張り足湯をして、十分に足をふやかしてから洗うのが吉だ。汚れが溜まりやすい足の間や爪の中も念入りに洗った後は、雑菌の繁殖を増やさないために水気を拭き取ることもポイント。また、普通に洗うだけでは角質は落ちないのでやすり軽石を取り入れるのもおすすめだ。

足のニオイ対策②「靴は1度履いたら休ませるのが鉄則!」

足の裏は1日にコップ1杯半ほどの汗をかくため、毎日同じ靴を履くと湿気が取りきれず雑菌が増えやすい環境に。そのため、1度履いたら風通しの良いところで1日〜2日程度は休ませるのが鉄則だ。また、新聞紙を丸めて靴の中に詰めるのも湿気取りに有効と言われている。もしどうしても2日連続で履きたいという場合には、靴用の吸湿剤乾燥機を活用するのもアリだろう。

足のニオイ対策③「ミョウバンを使って殺菌・消臭を!」

ミョウバンとは、硫酸アルミニウムカリウムのこと。基本的にはアク抜きや煮崩れ防止など料理に用いられるが、実は殺菌効果や制汗作用があるのでニオイ対策にも効果的だ。使う際には粉のままだと使いにくいので“ミョウバン水”を作ってスプレーするのがおすすめ。水300ml程度に対してミョウバン10g程度をペットボトルに入れてよく振り、水が透明になったら原液の完成。それをさらに10倍希釈したらスプレー容器に入れて清潔な足に振りかけるだけ。原液は約1ヶ月、希釈したミョウバン水は約1週間ほど持つのでコスパも悪くない。ちなみに、自分で作らずともミョウバン水は売っているので面倒な場合はそちらを購入してみてほしい。

ミョウバン水を探す

足のニオイ対策④「重曹足湯で古い角質を除去!ついでにツルツル肌も手に入る」

家中の掃除に大活躍する重曹は足のニオイに対しても効果テキメン。使い方は非常に簡単で、洗面器にお湯を張り、大さじ1~2杯を溶かしたら素足を10~15分浸けるだけ。悪臭の原因であるイソ吉草酸を中和するだけでなく、古い角質を剥がして雑菌が繁殖しづらい環境へと導いてくれる。おまけに肌もツルツルになるので一石二鳥だ。足のニオイが強烈な場合にはペースト状にした重曹をそのまま塗るという方法もあるが、肌が弱いと荒れる可能性も。そのため様子を見ながら量を増やすと良いだろう。

重曹を探す

足のニオイ対策⑤「靴の中がムレないように靴下やインソールで一工夫する!」

靴を長く履いているとムレるのは当たり前だが、靴下やインソールによって軽減させる方法もある。靴下の場合はニオイ軽減に効くと言われる“5本指ソックス”など通気性や吸汗性に優れたものを選び、インソールには脱臭や抗菌素材を使用したものがおすすめだ。しかしインソールを活用する場合は、靴のムレを取る際に一緒に乾かす必要があり若干手間がかかることも忘れずに。

5本指ソックスを探す

2/2GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する