ジェームズ・ボンドや英元首相も愛用したチャーチの内羽根ウィングチップ「チェットウィンド(CHETWYND)」の6つの魅力を紹介

内羽根ウィングチップのチェットウィンドは、ディプロマットやコンサルと並んで「チャーチ(Church’s)」の”3大ドレス靴”とも称される一足。バルモラル(内羽根式)ならではの落ち着きと、ブローグシューズらしい装飾性による見事なバランス感でオンオフ問わず重宝する。今回はチャーチの「チェットウィンド」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

革靴の基準を作りだした英国の名門シューズブランド「チャーチ(Church’s)」

チャーチは、1837年に誕生した英国の老舗シューズブランド。靴作りの聖地として知られるノーサンプトンにて、曾祖父から靴作りの技術を学んだトーマス・チャーチが小さな工房を構えたのが始まりだ。このブランドが靴業界にもたらした偉業は枚挙にいとまがない。当時「左足用」「右足用」という概念がなくまっすぐな形状だった靴に、左右それぞれの足の形どおりに湾曲させた構造の靴を作り上げたのもチャーチ。さらに、靴のサイズ展開にハーフサイズを導入したのもチャーチが初めてだった。これらの革新に加え、1881年にロンドンで開催された靴の展覧会で金賞に輝いたこともあってチャーチの名前はノーザンプトンだけでなく、ヨーロッパ中で知れ渡ることとなった。

1965年に「チャーチ」はエリザベス2世の訪問を受け、英国産業界で最高の名誉とされる「クイーンズ・アワード」を授与。日本においても、まだエドワード・グリーンやジョン・ロブが認知されていないころから輸入されており、”最高級の英国靴”として憧れられていた。1999年にはプラダグループの傘下に入り、さらに知名度の拡大を目指す。昔ながらの人気モデルを現代人のニーズに合わせてアップデートしながら、モダンなデザインの新作も同時に展開し、新たなファンを獲得した。

71kcquSqSIL._UL1500_

詳細・購入はこちら

その実直な靴作りは創業から140年を超え、現在も継承。古くからのグッドイヤーウェルト製法を堅持し、約8週間、計250の工程を経て一足の靴を完成させる。無駄なものを削ぎ落とした質実剛健な靴を手がけ続けることで、チャーチは正統派の英国靴として不動の地位を築いているのだ。

2/8GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ