イタリアブランドのダウンジャケット特集!

Share

ダウンジャケットといえば、あらゆるブランドが注力しているアイテムのひとつ。なかでもイタリアブランドが手掛けたものは、ドレッシーなデザインや個性あるものが多く揃っている。今回はそんな「イタリアブランドが手掛けるダウンジャケット」をテーマに、ブランド&おすすめアイテムを厳選して紹介!

スポンサーリンク

①「TATRAS(タトラス)」

「タトラス」は2006年に誕生したブランド。イタリア・ミラノを拠点としており、ポーランド、日本のコーポレートブランドとしても活動している。同ブランドでとくに人気が高いダウンジャケットには、世界的にも高品質で知られるポーランド産のホワイトグースが使用されており、暖かくて軽やかな着心地なのが特徴だ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TATRAS(@tatras_official)がシェアした投稿

TATRAS(タトラス)のおすすめダウン「DOMIZIANO(ドミツィアーノ)」

「タトラス」が展開するウールダウンの中で、トップレベルの人気を誇る「ドミツィアーノ」。高級ファブリックメーカーであるロロ・ピアーナ謹製のSuper150のウールとシルクを混紡した生地を用いており、キメ細やかで滑らかな肌触りと上質な光沢感が魅力。やや長めに設定した着丈はテーラードジャケットもすっぽり覆うため、スーツスタイルの上から羽織ってもだらしない印象を与えない。

詳細・購入はこちら

TATRAS(タトラス)のおすすめダウン「FONDO(フォンド)」

リッチな雰囲気を味わいたいという方には、首回りにボリューミーなラクーンファーが付いた「フォンド」がおすすめ。ボタンやポケットの金具など、装飾的なディテールが備えられた都会的なデザインで、ばっさりと羽織るだけでもグッと洒落てみえることうけあい。ファーはもちろん取り外し可能なので、スタイルに合わせて着こなしを楽しみたい。

詳細・購入はこちら

②「DUVETICA(デュベティカ)」

「デュベティカ」は、イタリアを代表するダウンブランドのひとつ。元々モンクレールの社長として活躍していたジャンピエロ・バリアーノが創業したブランドだ。ダウン素材には、南仏地方で飼育されている最高級のグレイグース(ガチョウ)から上質な部分だけを使用しており、その品質の高さからイタリア本国のみならず世界的に人気を集めている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Duvetica Official(@duveticaofficial)がシェアした投稿

DUVETICA(デュベティカ)のおすすめダウン「DIONISIO(ディオニシオ)」

同ブランドの看板モデルである「ディオニシオ」は、フード一体型のフルジップデザインが特徴的な1着。アウターシェルには、ソフィレタ社製の美しい光沢を放つウルトラシャイニーナイロンを用いており、存在感バツグンな見た目もポイント。ちなみに、バリエーションモデルとして光沢を抑えたマットモデルも存在する。

詳細・購入はこちら

DUVETICA(デュベティカ)のおすすめダウン「VEGATRE(ベガトレ)」

フード周りにシャーリング加工を施し、細身に仕上げた名品「ベガ」の系譜を継ぐ「ベガトレ」。取り外し可能なラクーンファーが備えられているだけでなく、従来の製品よりも羽毛を150%増やすことでラグジュアリーな見た目を実現している。今の気分にピッタリのゆったり目のフィット感なので、トレンドコンシャスな着こなしに仕上げたい方にもオススメ。

詳細・購入はこちら

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ