日本が誇るアイウェアブランドEYEVAN(アイヴァン)のボスリントンモデル「Webb」が持つ魅力

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示

アイヴァンの大定番アイテム「Webb(ウェブ)」とは?

単なる視力矯正器具ではなくファッションショーのランウェイや、ファッション誌などで目にするアイウェアを目指していたアイヴァン。さまざまな名作を生み出すなか、アイヴァンを語る上で外せない大定番モデルとして誕生したのが「Webb(ウェブ)」だ。日本人の顔型にも合うボストンウェリントン(ボスリントン)型のシルエットを採用したポピュラーなアイテムとして知られており、テンプル部分から見える透けた彫金デザインでヴィンテージテイストを感じられるディテールが特徴。クラシックなデザイン性とクラフツマンシップを反映させた高い品質が顔まわりに品格をもたらし、シンプルながらも高級感を与えてくれる1本に仕上がっている。そんなウェブの魅力を詳しく解説していく。

詳細・購入はこちら

アイヴァン ウェブの魅力①「日本人の顔型にマッチする丸みのあるボスリントン型」

メガネの印象を左右するのがレンズを囲むフレームの形。アイヴァンのウェブに採用されているのは、ボリューム感のあるボスリントン型だ。日本人の顔型にもマッチする型で、初めてメガネを購入する方でも挑戦しやすい形が魅力。リム部分(レンズを囲うフレームのこと)が逆台形のような形状で、鼻にかけるブリッジと呼ばれる部分がリムの最上部とつながっているのが特徴のウェリントンと、レンズの枠が丸みを帯びたボストンが融合された1本。さまざまな顔型に合いやすく、いつの時代でもかけられるクラシックなデザインは、トレンドに左右されずずっと愛用できる。耳にかけるテンプル部分にはクラシックカーから着想を得た柄を表裏に掘り込んだオリジナルの芯を採用しており、アイヴァンならではのファッション性の高いデザインが楽しめる。

詳細・購入はこちら

アイヴァン ウェブの魅力②「3サイズ展開で自分の顔にぴったりのサイズが見つかる」

フレームの形が顔型に合ったとしても、そもそもフレームのサイズ感が顔型に合っていないとカッコよくきまらないのがメガネの難しいところ。しかし、ウェブはメガネであれば3つのサイズ展開があり、自分にハマるサイズが見つけやすいのもこのモデルの魅力だ。サイズ展開は45サイズ、47サイズ、49サイズで、すべてミリ単位のフレームの大きさを表している。一番小さい45サイズは、女性や、顔が小さめな男性におすすめ。2ミリアップした47サイズは、一般的な男性の顔のサイズにちょうど良いサイズだと言われている。47サイズでも自分が思っているよりも小さいと感じる方は、一番大きい49サイズが適しているだろう。メガネは実際にかけてみないとサイズ感や似合うか似合わないかが分かりにくいアイテム。店頭で一度試着してから購入するのが安心だ。

詳細・購入はこちら

アイヴァン ウェブの魅力③「好きな色味が見つかる豊富なカラー展開」

一般的なブランドのメガネは、だいたい3〜4色のカラー展開がほとんどだが、アイヴァンのウェブシリーズは、ファッションアイウェアを謳うブランドならではで、10色ものカラーを用意。落ち着いた色味から少し攻めたお洒落なカラーリングまで、いくつか色違いで持ちたくなるようなファッション性が魅力だ。レンズの交換も可能なので、さまざまな組み合わせを楽しめて、自分らしい1本が作れるのもアイヴァンならでは。カラー次第で大きく雰囲気が変わるので、ぜひ、自分にぴったりのカラーリングを見つけてみてほしい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

EYEVAN Official(@eyevan_official)がシェアした投稿

【関連記事】ボスリントンフレームのメガネを他にも探したい方は↓の記事もチェック!

知的かつ洒落た雰囲気を醸成できる「ボスリントン」フレームのメガネ。丸みを帯びた汎...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する