スポーツサングラスの王道 OAKLEY(オークリー)の「フロッグスキン」とは?

Share

スポーツサングラスの王道 OAKLEY(オークリー)の「フロッグスキン」とは?

トップアスリートをはじめ、ファッション界隈でも親しまれているアイウェアブランドの「OAKLEY(オークリー)」。機能性とデザイン性に長けたモデルを多く展開しているが、その中で特に押さえておきたいのがオークリーの大定番とされる「Frogskins(フロッグスキン)」だ。今回は、長年愛され続けるフロッグスキンの特徴に加え、今購入できるおすすめモデルを紹介!

スポーツからファッションまで。幅広いシーンで人気を集める「OAKLEY(オークリー)」とは?

1975年、アメリカ カリフォルニアにてジム・ジャナードが設立した「OAKLEY(オークリー)」。「オークリー」というブランド名は、ジムが当時飼っていた犬から命名された。当初はモトクロス用のハンドグリップメーカーとして始まったブランドだが、スポーツ用ゴーグルの製造・販売を開始したことにより、サングラスを主としたアイウェア業界に参入。元プロ野球選手のイチローを筆頭に、様々な競技のトップアスリートが愛用したことでその知名度を高めていった。最近では原宿のカリスマ 藤原ヒロシによるデザインプロジェクト「Fragment(フラグメント)」とのコラボモデルを発表するなど、ファッションシーンでも注目を浴びている。激しい運動時にも対応する機能性と、普段使いしやすいデザイン性を兼ね備えたアイウェアブランドだ。

オークリーのアイテムを探す

オークリーの名作サングラス「Frogskins(フロッグスキン)」

オークリーの中でもっとも歴史が古いサングラスと言われているのが、今回のフィーチャーアイテムである「Frogskins(フロッグスキン)」だ。その歴史は1985年に遡る。誕生当時は単なる日除けとしての印象が強かったサングラスだったが、フロッグスキンの登場によってファッション性が加わり、サーファーやミュージシャンなどの感度の高い人々から支持されるように。90年代に惜しまれつつ生産中止となってからも復刻を希望する声が絶えず、2007年に待望のリバイバル。現在では発売当時以上の人気を誇り、オークリーを語る上で外せない大定番アイテムとなっている。

詳細・購入はこちら

ショットガンで撃たれても平気!オークリー フロッグスキンの信じがたいほど頑丈な耐久性

機能性とデザイン性を両立したバランスの良さで、長い間名作として君臨し続けるフロッグスキンには、“O-Matter®(オーマター)”と呼ばれる独自の特許フレームを採用。一般的なサングラスに使用されているアセテート素材に比べて重量を25%減らしているのにもかかわらず、耐久性が約2倍になっているという優れもの。紫外線や熱、冷気に対する耐久性もあり、日常生活やスポーツシーンだけでなく過酷な状況下でのアウトドアシーンでも重宝する。また、高い柔軟性を保持する衝撃耐性も完備しているのでフィット感も高い。さらにレンズは、ショットガンで撃っても割れないと言われる超頑丈なレンズを使用。そこにウェリントン型をベースとした合わせやすいレンズ型を落とし込むことで日常使いに最適なアイテムに仕上げているという至れり尽くせりな逸品なのだ。

詳細・購入はこちら

フロッグスキンを購入する前に知っておきたい2つのフィット

フロッグスキンは、USサイズの「スタンダードフィット」と、日本人の顔型に合わせた「アジアンフィット」の2種類で展開されている。基本的な形状はほぼ同じだが、アジアンフィットは日本人の鼻の高さを考慮しノーズパッド部分が大きめに仕上げられているのが特徴。この仕様によって、アイウェアをかけたときにずり落ちてくるストレスを軽減する。ただ、日本人に合わせたノーズパッドと言えど、鼻の高さも顔型も人それぞれ。快適な着用感の1本を見つけるためにも可能な限り実際に試着してみるのがおすすめだ。

詳細・購入はこちら

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する