ファッション性を高めたVans(バンズ)のハイエンドライン「Vault by Vans(ボルト バイ バンズ)」とは?

Share

スケートシーンを牽引し、サブカルチャーと強い結びつきをもつ「Vans(バンズ/ヴァンズ)」。多くのヒットモデルを生み出し、シンプルなデザインとその履き心地から老若男女に愛され続けているアメリカの老舗スニーカーブランドだ。今回はそんなバンズのハイエンドライン「Vault by Vans(ボルト バイ バンズ)」にフォーカスし、通常のクラシックモデルとは一味違う魅力を解説!

スポンサーリンク

Vans(バンズ/ヴァンズ)とは?

まずは、Vault by Vans(ボルト バイ バンズ)を展開するVans(バンズ)についておさらい。バンズは、1966年にポール・ヴァン・ドーレン氏と3人のパートナーが立ち上げたスニーカーブランド。ブランド名の由来は「ヴァンと、その仲間達」。当初からオリジナルスニーカーを製造していたわけではなく、オーダーメイドのカスタムショップとして人気を博していたが、1970年頃から南カリフォルニアのスケーターたちの間でバンズのシンプルなデザインとスケーターに適したグリップ力の高さから絶大な人気を誇るようになった。その勢いに乗り店舗拡大に乗り切るが、後に経営破綻をすることに。その後ポール・ヴァン・ドーレン氏がコストダウンを試みながらもクオリティを保ったプロダクトを提供することにより、負債を返済することに成功。順調に回復を見せ、今では世界的なシューズメーカーへと昇り詰めたブランドなのだ。2015年にはバンズ初のスケート映画「PROPELLER: A Vans Skateboarding Video」を製作したり、バンズのスケートパークを経営するなど、その勢いは今も止まらない。現在では定番アイテムに加えて多くのコラボモデルを発表。スケートボード界だけでなく、ファッションシーンにも欠かせないスニーカーブランドのひとつとなっている。

詳細・購入はこちら

バンズのキャッチフレーズ“OFF THE WALL”が意味すること

バンズのスニーカーに書かれている“OFF THE WALL”の意味をご存知だろうか。これは、直訳すると“壁から離れる”という意味だが、スラングで“普通じゃない、変なやつ”という意味をもつ。これは、カリフォルニアのサーフショップ“ゼファー”のスケートチーム「Z-BOYS」が、チームの一員であるトニー・アルバ氏が特別な技を繰り出したことから、Z-BOYSのオーナーがそれを型破りなやつという意味で“OFF THE WALL”と呼んだことから生まれた言葉なのだ。当時、バンズのオーダーメイド生産が他には無い“型破り”な方法だったことから、このスラングがバンズのスニーカーのキャッチフレーズとして採用され、今ではさまざまなモデルに採用されている。

詳細・購入はこちら

レトロな雰囲気を醸し出す伝統的なバルカナイズド製法

バンズはレトロでローテク感のある雰囲気が特徴。これはスニーカーのソールとアッパーを圧着するバルカナイズド製法と呼ばれる方法が用いられていることもひとつの理由だ。この製法はかなり古い伝統的な製法で、スニーカー本体とソールの間に固まっていないゴムを挟み、高温で圧力を加えながらゴムを硬化させていく方法。異なる素材の物を強力に接着し一体化できるこの手法は、しなやかな履き心地と剥がれにくさを実現してくれる。さらに、レトロな雰囲気に見せてくれるのがソールサイドに巻かれたラバーテープ。これは、スニーカー本体とゴムソールの境目を補強させるために巻かれるもので、このテープにより横方向や斜めからもしっかりと接着されるため、耐久性をグンと高めてくれる。バルカナイズド製法が生み出すこの耐久性が、多くのスケーターたちに評価され、長い間スケートボードに欠かせないアイテムとして愛され続けている理由のひとつなのだ。

詳細・購入はこちら

バンズのハイエンドライン「Vault by Vans(ボルト バイ バンズ)」とは?

「Vault by Vans(ボルト バイ バンズ)」は定番のクラシックモデルよりもファッションシーンを意識した2003年にスタートしたハイエンドライン。ハイブランドとのユニークなコラボレーション、素材にこだわった上質なモデル、Made In USAを忠実に再現し復刻させたOGシリーズなどこだわりのモデルを展開し、定番とは一味違うスペシャル感のあるコレクションを楽しめるシリーズとなっている。バンズ本社での審査を通過し、基本的にはセレクトショップなどの限られたアカウントでしか展開されないボルト バイ バンズは、スニーカーフリークからも注目され、すぐにプレミアが付くほど人気のシリーズなのだ。

詳細・購入はこちら

周りと差がつく「ボルト バイ バンズ」シリーズのおすすめモデル6選!

ボルト バイ バンズには定番シリーズとは一味違う特別感のあるアイテムが目白押し。ここでは、ボルト バイ バンズの定番であるバンズ創業当時の復刻モデルや直近で話題となったコラボレーションモデルを紹介していく。

ボルト バイ バンズ おすすめモデル①「創業当時のモデルを再現したOG AUTHENTIC LX(OG オーセンティック LX)」

定番ラインにもあるオーセンティックモデル。こちらの「OG AUTHENTIC L(OG オーセンティック LX)」は、創業当時のMade In USA初期のアッパーパターンとラストを採用。ソールのラバーテープの形状、絶妙な光沢感、ヒールタブのデザイン等を当時のまま再現したこだわりのモデルとなっている。インソールに貼られたレザーパッチが醸し出す高級感もたまらない。通常ラインのオーセンティックよりもソールに厚みがあるのも特徴だ。このコレクションは、オーセンティックだけでなく、定番モデルのオールドスクール、スリッポン、スケートハイも登場しているので、当時の仕様を再現したモデルをゲットしたい方や、バンズフリークにおすすめのモデルとなっている。

詳細・購入はこちら

ボルト バイ バンズ おすすめモデル➁「バンズの隠れた名作をファッショナブルにアレンジしたOG LAMPIN LX(OG ランピン LX)」

1993年にリリースされた隠れた名作である「LAMPIN(ランピン)」をベースにアースカラーの同色系パーツを組み合わせた「OG LAMPIN LX(OG ランピン LX)」。ランピンが発売された当時は、有名スケーター スティーブ・キャバレロ氏やサルマン・アガー氏のシグネチャーモデルと並ぶほどの人気を誇っていた。そんな人気モデルをベースに今どきなアースカラーのセレクトに上質な雰囲気に仕上がるスエード素材を採用することで、こなれた雰囲気の1足に。アイレットをホワイトカラーのすることで、爽やかな印象に見せてくれる。

詳細・購入はこちら

ボルト バイ バンズ おすすめモデル③「バンズ創業当時に存在したモデルからインスパイアされたOG EPOCH LX(OG エポック LX)」

バンズ創業当時に存在したモデルからヒントを得てつくられたEPOCH(エポック)をさらにボルト バイ バンズらしくアレンジした「OG EPOCH LX(OG エポック LX)」。レジェンドスケーターにも愛用されたエポックモデルにVサイドストライプをあしらい、他のバンズとは一味違うデザインが足元をクールに演出してくれること間違いなし。都会的な印象に見せてくれるライトグレーカラーで大人っぽくバンズを履きこなせるモデルだ。

詳細・購入はこちら

ボルト バイ バンズ おすすめモデル④「ヴィンテージ感漂うコラボモデル OG CLASSIC SLIP-ON LX USMC ARMY MIX(OG クラシック スリッポン LX USMC ARMY MIX)」

トレンドに左右されないミリタリーやヴィンテージ要素を持つアイテムがファッショニスタから高い支持を得る「Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)」とのコラボシリーズが登場。今回のコラボでは全部で5つのモデルを展開しているが、今回は絶大な人気を誇るスリッポンスタイルをご紹介。まるでヴィンテージショップから探し出したような渋さがたまらないデザイン。アッパー、アウトソール、タグまでをもすべてカーキカラーにすることで、ミリタリー要素たっぷりのモデルに。サイド部分のみ違うカラーを採用することで、ミリタリー生地を集めて作ったような特別感のある1足に仕上がっている。インソールには、カーキと相性の良いオレンジでボルト バイ バンズのロゴをあしらい、カモフラージュ柄を落とし込むことでこのコラボでしか表現できないプレミアムなモデルとなっている。

詳細・購入はこちら

ボルト バイ バンズ おすすめモデル⑤「落ち着いたブラウンカラーが渋いJJJJOUND X SK8-MID VAULT(ジョウンド X スケーターミッド ボルト)」

カナダ出身の注目クリエーターであるジャスティン・サンダース氏が手がけるファッションブランド「JJJJOUND(ジョウンド)」とのコラボモデル「JJJJOUND X SK8-MID VAULT」。今回は、1978年に登場していた“Style 37”というシューズシルエットを採用。くるぶしを保護する長さを採用したバンズ初のハイトップ・スケートシューズだったシルエットで、このスタイル名での生産は1年限りで終了し、後に定番モデルのひとつ“SK8-Hi(スケートハイ)”へと進化を遂げた重要なスタイル。ストリートスタイルに馴染む落ち着いたカラーのブラウンを採用し、大人っぽい雰囲気で履けるデザインが魅力。キャンバス地とスエードの切り替えで同色の組み合わせでもコントラストが楽しめるるお洒落なアイテムに仕上がっている。

詳細・購入はこちら

ボルト バイ バンズ おすすめモデル⑥「LAを拠点に活動するアーティストとのコラボモデルCHUKKA BOOT VLT LX(チャッカブーツ VLT LX)」

ラッパーのカニエ・ウエスト氏やデザイナーのヴァージル・アブロー氏にも作品を提供するLAを拠点に活動するマルチビジュアルアーティスト、カリ・ソーンヒル・デウィット氏とのコラボモデルのひとつ「CHUKKA BOOT VLT LX」。オフホワイト地のアッパー全体とインソールに地球と棺桶を散りばめた奇抜で斬新なデザインが特徴のパンチの効いたモデルだ。サイドには“LAST NIGHT”の文字をレッドカラーで配し、さらにアクセントをプラス。世界の不確実性に疑問を呈したメッセージ性を込めたボルト バイ バンズならではのアーティスティック要素満載のモデルとなっている。

詳細・購入はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

GOODS

バンズ人気に火を付けた不朽の名作スニーカー「クラシック スリッポン」の魅力とは?

GOODS

バンズの「CHUKKA(チャッカ)」というこなれた選択肢で足元を差別化!

GOODS

バンズの名作ミッドカットモデル「ハーフキャブ」。スケーター御用達の本格スケートシューズの魅力とは?

NEWS

ア ベイシング エイプとバンズから、初のグローバルコラボコレクションが登場!

NEWS / PR

ナイジェル・ケーボンとバンズの初となるコラボスニーカーがSSENSEにて販売中!

GOODS

バンズ スニーカー特集!定番からイマ注目のモデルまで厳選ピック

GOODS

楽ちんスニーカーの金字塔!バンズ「クラシック スリッポン」が永く愛される理由とは?

GOODS

VANS(バンズ)の定番ハイカットスニーカー「SK8-HI(スケートハイ)」が人気を集める3つの理由とは?

FASHION

黒バンズ スニーカー コーデ特集!横乗り系の足元でクールにキメたメンズの着こなし紹介

NEWS

VANSの定番モデルがネズミモチーフのスニーカーに変身!子年を祝う「YEAR OF THE RAT COLLECTION」が発売中

FASHION

ネイビースーツに合う靴とは?革靴とスニーカーの2カテゴリでポイントとおすすめのアイテムを紹介!

GOODS

雨の日の強い味方!Converse(コンバース)のレインシューズが一足あると超便利