着回しがきく!無地バンドカラーシャツのおすすめ5選を紹介

Share

襟のないスッキリとした見た目、そして上品ながらもリラックス感ある佇まいが魅力のバンドカラーシャツ。とくに汎用性を重視するなら、無地が間違いないだろう。そこで今回は「無地のバンドカラーシャツ」にフォーカスし、おすすめアイテムを厳選ピックアップ!

スポンサーリンク

バンドカラーシャツとは?

バンドカラーシャツとは、首回りに帯状の布を施したシャツのこと。襟羽根がないため一般的なシャツよりカジュアルだが、ノーカラーよりもきちんと感を備えているのが特徴だ。その魅力を生かしてカジュアルコーデにほどよく上品さをプラスしたり、キレイめなスタイリングに抜け感を演出したりと様々な場面で活躍してくれる、いわば名脇役のようなアイテムでもある。また、合わせるアイテムを選ばないというのも魅力のため、コーデの幅をグンと広げたい方はぜひワードローブに加えてみてはいかがだろうか。

バンドカラーシャツを探す

バンドカラーシャツ おすすめ①「Finamore(フィナモレ) LORENZO」

ナポリを代表するシャツメーカーのひとつ「フィナモレ」の定番アイテムとして展開されている「ロレンツォ」。同ブランドといえば台襟の高いエレガントなドレスシャツで知られるが、ロレンツォではテーラードジャケットやカジュアルジャケットとのバランスを考えて台襟(バンドカラー)を少し低めに設計している。もちろん1枚使いでもサマに見えるため、オールシーズンで活躍するだろう。

詳細・購入はこちら

バンドカラーシャツ おすすめ②「GUY ROVER(ギローバー) バンドカラーシャツ」

1967年に創業し、オールマシンメイドによって最高級の品質とアフォーダブルな価格を実現しているシャツ専業メーカー「ギローバー」。同ブランドより紹介のバンドカラーシャツは、清涼感あるリネン100%の生地を採用した春夏向けの1着だ。仕立てがシンプルだからこそ際立つ生地のスラブ感が特徴で、さらっと羽織るだけでも着こなしにニュアンスを演出できる。

詳細・購入はこちら

2/2GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ