スキンケアを格上げする!オイル美容液のおすすめを厳選ピック

Share

毎日のスキンケアをワンランクアップしてくれるオイル美容液をご存知だろうか?通常の美容液と同じようにスキンケアに取り入れるだけで、肌の水分と油分のバランスやキメをより一層整えてくれる優れモノで、意外とベタつかないのでメンズも一度取り入れれば気に入ることうけあい。今回はそんな「オイル美容液」をテーマに、正しい使い方やおすすめの製品を紹介していく。

オイル美容液とは?

オイル美容液とは、そのまま読んで字の如くオイルをベースとした美容液のこと。従来の美容液とは異なりオイルをメインに保湿成分や美容成分を配合しているのが特徴で、肌のうるおいをキープしたり肌を柔らかくする効果が高いことから、美容マニアを中心に話題を集めている。一般的にオイルはベタつきそう…と思われがちだが意外と付けた後はしっとり&さっぱりな質感に仕上がるので、美意識の高いメンズにも人気。とくにオイル成分と水分の2層に分かれた「水溶性オイル美容液」というタイプがメンズにはおすすめだ。

Amazonでオイル美容液を探す

基本的には肌のうるおいを閉じ込めるフタのような役割になるため、乾燥肌や部分的に乾燥しがちな混合肌におすすめ。また乾燥のせいで皮脂分泌量が増え、肌がオイリーになっている方にも効果テキメンだろう。ちなみに製品によっては化粧水の浸透率を高めるブースターとしても使えるので、乾燥が気になる季節以外にも重宝すること間違いなし。意外と1本あれば長く使えてコスパも悪くないので、まずはスペシャルケアとして取り入れてみてはいかがだろうか?

オイル美容液を使うタイミングは?

基本的なスキンケアは洗顔→化粧水→乳液(あるいはクリーム)という順番だが、どこでオイル美容液を使うべきか分からないメンズも多いだろう。そこで、ここからはオイル美容液を使用するタイミングについて解説。

オイル美容液を使うタイミング①「化粧水後に使用する」

オイル美容的を使う一般的なタイミングは化粧水の後だ。洗顔を終えた肌に化粧水でうるおいをチャージし、その後オイル美容液を塗布して水分を逃さないようにするのが基本的な使い方になる。ちなみに、顔に塗る前には手の平で温めておくのがポイント。それによって美容成分の浸透率がアップして肌が内側からふっくら仕上がると言われている。

オイル美容液を使うタイミング②「化粧水前のブースターとして使用する」

“ブースター”というアイテムをご存知だろうか。導入液とも呼ばれ、あまり男性には馴染みのない化粧品だが、そのあとに使用する化粧水や美容液などの浸透をサポートしてくれる効果があるのだ。オイル美容液にはそんなブースターとしても使えるものが多く、化粧水前に使うことで肌をもっちりと仕上げられるだけでなく、皮脂バランスを整える効果も期待できる。ちなみにブースターとして使えるのは、親水性の高いオイルを配合した製品になるので、アルガンオイルやホホバオイル、スクワランオイルなどが成分に含まれているかチェックしよう。また、皮脂が出やすい鼻や額には塗らないのが吉。

美肌男子を目指している方必見!オイル美容液のおすすめ7選

オイル美容液おすすめ①「Coyori(コヨリ) 彩醒 美容液オイル」

肌サイクルを手助けしてくれる蘭成分を配合し、年齢肌にハリや透明感をもたらしてくれるエイジングケアオイル美容液。加齢とともに肌のたるみやくすみが気になってきた…という方におすすめの美容液だ。オイルと美容液の2層式で、自然由来成分98%配合の無添加オイル美容液なので敏感肌にも使用しやすい。21種の和漢植物エキスも配合されており、乾燥小ジワを目立たなくし内側からハリのある肌に。そして3種の精油がほのかに香り、癒し効果もバツグン。使用の際はよく振って混ぜ合わせてから使用しよう。

詳細・購入はこちら

オイル美容液おすすめ②「ALBION(アルビオン) ハーバルオイル トリニティフュージョン」

美容家からの評価が高いアルビオンからは、頭の先から爪先までマルチに使えるオイル美容液が登場している。デイリーケアには数滴をマッサージオイルとして、スペシャルケアにはティースプーン1杯をたっぷりと使ってマッサージ。これ1本で普段のスキンケアがスペシャルケアに早変わりすると大好評だ。また、オイルなのにサラサラのテクスチャーでベタつきが苦手な方でも取り入れやすい。

詳細・購入はこちら

オイル美容液おすすめ③「CLARINS(クラランス) プラント フェイス オイル」

水分が失われがちの肌にスッと浸透し、水分と皮脂のバランスを整えてくれる。乾燥肌・脂性肌問わずどちらにも使いやすく、気になるテカリは抑えてくれるのに、水分不足を補ってくれる万能美容液だ。この時期特有のマスクによる乾燥荒れにも心強い味方。フランス生まれのスキンケアブランドで、アロマの香りが豊かに広がりリッチな気分にしてくれる。濃密なのにベタつかないオイルが皮脂膜を作り、たっぷりとうるおったもちもちの肌に導いてくれる。

詳細・購入はこちら

オイル美容液おすすめ④「KIEHL’S(キールズ) ミッドナイト ボタニカル コンセントレート 30ml」

男女ともに人気が高いキールズのオイル美容液は、不規則な現代人のために作られた1本。天然由来成分を10種類も配合し、イブニングプリムローズが乾燥による肌荒れを補修。寝不足などで低下気味のバリア機能もサポートしてくれる夜専用のリッチなオイル美容液。ラベンダーの香りでリラックスしながら、おやすみ前のマッサージがおすすめ。顔だけでなく、首筋〜肩周りまでしっかりとリンパに沿ってマッサージしてあげることで翌朝もっちりとしたふっくら肌に。化粧水前のブースターとしても使用でき、水分不足を感じたら使って欲しい1本だ。パッケージもおしゃれでインテリアとしても馴染みやすく、プレゼントにもおすすめ。

詳細・購入こちら

オイル美容液おすすめ⑤「無印良品 ホホバオイル 200ml」

無印良品のオイル美容液は、ホホバの種子から絞ったものを化粧品用に使えるよう精製した、オイル原液そのもの。顔だけでなく全身に使用できるので乾燥が気になる時期にはボディオイルとしても使用でき、保湿したい部分をマッサージすることでしっとりとうるおしてくれる。また、頭皮や髪の毛の乾燥が気になる人にもおすすめ。肌には化粧水の前後どちらにも使えるので、ブースターとしても保湿液としても◎ 大容量でコストパフォーマンスも良く、ケチることなく使用できるのもグッド。

詳細・購入はこちら

オイル美容液おすすめ⑥「RMK(アールエムケー) Wトリートメントオイル」

RMKといえばコスメ用品のイメージが高いが、スキンケア用品も同じく人気のブランドだ。とくにこのWトリートメントオイルはクチコミサイトでも大評判。アルガンオイルをたっぷりと使用したトリートメントオイルで、乾燥やハリ不足に悩む肌をトータルサポートしてくれると好評だ。ゴワついた肌をオイル層が柔らかくし、水分層が肌にうるおいをチャージ。化粧水前のブースターとして使用するのがおすすめで、その後に使用する化粧水や保湿液などの浸透力をグンと高め、うるツヤな肌に。マッサージオイルとしても使用できるので毛穴の開きが気になる方にも。顔全体を優しくマッサージすることで毛穴の引き締めも期待できる。オイルなのにベタつかないサラッとしたテクスチャーで、男女ともに使用しやすい。オレンジやネロリなどの8種の精油配合でフローラルシトラスの香りが爽やかに、そしてふんわりと広がり心地よい時間となるだろう。

詳細・購入はこちら

オイル美容液おすすめ⑦「HABA(ハーバー) スクワラン」

精製を繰り返し不純物を徹底的に取り除いたこだわりのスクワラン100%オイル。無添加主義のハーバーならではの製法で敏感肌でも使用しやすい。びっくりするほど保湿力が高く、乾燥がひどい小ジワを目立たなくしてくれる。容量は少ないが15mlで少量と侮るなかれ。1滴で顔全体に広がる伸びの良いサラッとしたテクスチャーで、3ヶ月は使用できる。少量でもコストパフォーマンスは抜群でお財布にも優しい。化粧水後に1滴使用することで、乳液やクリームの代わりとして使用することが可能に。酸化しにくく、紫外線によるオイル焼けの心配もないので日中も安心して使用することができる。

詳細・購入はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する