Uチップの革靴の魅力や代表的なモデルを紹介

Share

おカタイ印象を与えず、それでいて落ち着いた印象を持つUチップの革靴。カジュアルコーデに相性が良いのはもちろん、スーツスタイルやドレスな着こなしのハズしとしても使える汎用性の高いアイテムだ。今回はそんな「Uチップ」にフォーカスして魅力やブランドごとの代表モデルを紹介!

スポンサーリンク

Uチップとは?

Uチップとは、その名が表すとおりU字型のチップをアッパーの切り替えに用いたデザインのこと。1930年代頃に登場したと言われており、イギリスではカントリーシューズとして、フランスでは狩猟用として、アメリカではゴルフ用として使われるなど、国によって独自の発展を遂げてきた。しかし、一貫してカジュアルな靴として認知されているため、フォーマルな装いが求められる冠婚葬祭などには向いていない。

ちなみに、Uチップの革靴に良く見られる縦に入ったステッチは「スキンステッチ」と呼ばれ、飾りとして施されている。このスキンステッチは限られた職人しかできない難度の高い作業と言われており、手縫いで行うため機械縫いでは得られない独特の表情を醸してくれる。また、ひと針ごとに縫い糸にテンションを加えられるため堅牢性が高くなるのも特徴だ。

エドワードグリーンのUチップの革靴を探す

2/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ