ニューバランス「1500」ハイテクとクラシックの融合スニーカーが誇る5つの特徴とは?

ニューバランスといえばクラシックなアッパーデザインを持つモデルが多いが、今回紹介する「1500」は随所にハイテクな要素がちりばめれられている。デザイン面に関してはもちろん、そのハイテクな顔立ちに恥じない機能性や履き心地を備えているのも魅力だ。今回はニューバランスの「1500」にフォーカスし、その特徴を紹介!

スポンサーリンク

職人による卓越した靴作りにこだわるシューズメーカー「ニューバランス(New Balance)」

1906年、ボストンでアーチサポートインソールや偏平足などを治す矯正靴の製造メーカーとして誕生したニューバランス。靴職人のこだわりと誇りを何よりも尊重することで、発売から20年以上が経っても愛さ続ける名作スニーカーを数多く手がけている。現在でもイギリス、アメリカの工場では、靴職人がシューズを手縫いで製造。履き心地と機能性を優先したシューズづくりで、日本はもちろん世界的にファンを抱えている。

ニューバランスらしいクラシックデザインにハイテク要素を取り入れた人気作「1500」

「1500」は、ニューバランスの中でもフラッグシップとして位置づけられる1000番台シリーズの一足。1989年に登場し、これまでになかった一体型ソールで話題を呼んだ。900番台シリーズから受け継がれるクラシックな部分は守りながら、複数のパーツを組み合わせたアッパーデザインやミニサイズのNロゴ、分厚いミッドソールなどその後のハイテクスニーカーブームを予見するかのような革新的なディティールが随所に盛り込まれている。近年でもハイカットモデルやモノトーンモデルなどがリリースされていることからもわかるとおり、長年にわたって支持されている人気モデルだ。

m1500uc_c

詳細・購入はこちら

2/5GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ