記事で紹介した商品を購入すると、売上が当媒体に還元されることがあります。

今年の秋冬コーデは「わざとらしい重ね着」が新鮮!参考にしたいメンズスタイルを紹介

Share

今年の秋冬コーデは「わざとらしい重ね着」が新鮮!参考にしたいメンズスタイルを紹介

今年の秋冬コーデで意識したいトピックスは「重ね着」。それも防寒のための重ね着ではなく、わざとらしいぐらいのレイヤードで洒落っ気を高めたコーディネートに要注目だ。今回は、秋冬コーデを新鮮に仕上げる重ね着のスタイルサンプルを紹介!

2023年の秋冬コーデはおしゃれ目的で、わざとらしいぐらい重ね着するのがおすすめ!

秋冬といえば、着る服が多くなることで必然的に重ね着をすることになるが、ここ最近は“わざとらしい”ぐらい重ね着したスタイルが注目。普段よりも1〜2枚多くミッドレイヤーを増やすことで、単なる防寒ではなくおしゃれを目的とした個性的なレイヤードスタイルが出来上がる。差し色もしやすく、今シーズンの人気カラーであるイエローやレッド、バーガンディなどの色を、メインアイテムではなく部分的に入れたいという方にとっても超使える着こなしテクニックだろう。シャツやカーディガン、ジャケットなど、手持ちのアイテムを組み合わせて自分流のレイヤードスタイルを模索してみてはいかがだろうか?

去年までのコートスタイルにプラスワン!カラーリングを意識するだけの簡単なアレンジ術

フーディの上にコートを羽織ったスタイルは定番の着こなしとして定着した感があるが、そこに一点ミッドレイヤーを増やすことでグッと今っぽい装いに。一点だけの追加であればそこまで着こなしも難しくなく、こちらの男性のようにモノトーンで揃えるなどの統一感を意識すればバランスも取りやすい。まずはこんなプラスワンの重ね着から実践してみるのがおすすめ!

カラーリングを統一を意識すれば上級者コーデも自然な印象に

同じぐらいの着丈で、かつ全てがシャツ襟デザインの服を重ね着した上級者コーデ。こちらもスタイリングのポイントは使用アイテムの色選びにある。トーンは変えながらも同系色できっちり統一することで、わざとらしい重ね着ながらも自然なまとまりがある装いに。柄モノは連続させずに間に無地のアイテムを挟むバランス感も◎ トップスで遊んだらボトムはシンプルにまとめるのがお約束だ。

インナーのネックラインで“わざとらしさ”を表現するのも手!

インナーネックラインで重ね着に“わざとらしさ”を出すのも一つの手。チェスターコートにテーラードジャケット、セーターと、秋冬のキレイめスタイル定番の形だが、セーターのネックをVにすることで、一番下の白いインナーが顔を出している。ピンクとのコントラストも相まって、オーソドックスな重ね着とは明らかに違うルックスに。

カラーリングで洒落っ気を出すなら、統一感ではなく“狙い”のある色合わせを!

重ね着する服を増やすとバラつきが出やすくなるため、モノトーンで揃えたり、同系色で統一したりと、守りのカラーリングが成功への近道だが、もうワンランク上のスタイリングを目指すなら“狙い”のある色合わせを。例えば、こちらのコーディネートではコートとジューズにブラウン、ミッドレイヤーのジャケットとパンツにネイビーを選ぶことで、アズーロ・エ・マローネを全身で表現。このように“統一感はないけどおしゃれな色合わせ”で重ね着コーデを作れば、周りと差をつけた偏差値の高い男として一目置かれることうけあいだ。

ダウンベストは秋冬の重ね着コーデで広く使えるアウター兼インナー

ダウンベストは重ね着に使いやすいアイテムの筆頭。こちらのコーディネートのように柄モノの上に着て袖のコントラストを楽しめるほか、コートなどのインナーとして着込んでダウン特有の素材感をアクセントとして挟んだり。どちらのパターンでも問題なく使えるよう、サイズ感は大きすぎず小さすぎないジャストサイズを選ぶのがおすすめだ。

秋に着ていたライトアウターを冬はインナーに。まずはワードローブから組み合わせを探してみよう

今季はショート丈のアウターが人気を集めているため、秋に着ていたショート丈のライトアウターを冬はインナーにしてしまうというのもアリ。シャツやカーディガン、薄手のジャケットを今考えている冬コーデに挟み込んでみよう。新しく服を買い足さずとも、今あるワードローブの中からでも十分に新しいコーディネートを作れるはず。

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する